2019年05月08日

スパコンでがん治療薬の効果を予測

スーパーコンピューターを使って、治療法が開発されていない希少がんの治療薬を見つけられそうな研究成果が発表されたそうです。変異に多様性のあるがん細胞に対して、薬ごとの治療効果を確認するのは難しく、この新しい方法で、がんゲノム医療の精度が高められる可能性がありそうとのこと。 https://www.asahi.com/articles/ASM4W45KVM4WULBJ002.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asa..
posted by スタッフ at 13:00

2018年09月26日

希少がん(治療研究の連携協定)

国立がん研究センターと患者会16団体でつくる「日本希少がん患者会ネットワーク」とが、希少がんの治療研究について、連携協定を結んだそうです。情報交換と治験への参加の機会の提供などが中心になるようです。 http://www.sankei.com/life/news/180926/lif1809260013-n1.html (http://www.sankei.com/) 希少がん: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sea..
posted by スタッフ at 09:43

2018年08月24日

希少がん治療薬の開発を加速化

今月初めにも関連記事を紹介しましたが、希少がんの治療薬開発について、国立がん研究センターが患者団体である日本希少がん患者会ネットワークとの連携協定を結んだそうです。患者から得たゲノムに基づいて、新薬の開発研究を加速化するのが狙いのようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180823-OYTET50025/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news (https://yomidr.yom..
posted by スタッフ at 08:17

2017年08月01日

希少がんのゲノム医療プロジェクト開始

国立がん研究センターと製薬会社11社との共同で、希少がん(年間の診断数が約8千人以下)に対するゲノム医療プロジェクト「マスターキー・プロジェクト」が始まったそうです。臨床試験(治験)では、臓器別での実施に留まらず、一度に複数の臓器を対象とする方式も採用されるそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170731/lif1707310041-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www.a..
posted by スタッフ at 07:12

2017年01月24日

オプジーボ(希少がんの治験開始)

患者が極めて少ない2種類の悪性腫瘍(明細胞肉腫、胞巣状軟部肉腫)の患者に対して、オプジーボを使った臨床試験(治験)が開始されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170124-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/se..
posted by スタッフ at 12:52

2015年08月01日

希少がんの治療の集約

厚労省の検討会が、患者数の少ない希少がん患者について、適切な治療のため専門病院への集約をすべきとの報告書をまとめたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015073101002066.html (http://www.47news.jp/) 先日、日本医療研究開発機構(AMED)も若年層の希少がんの研究にも研究費を配分するという記事を紹介しました。 http://kumw-me.seesaa.net/article..
posted by スタッフ at 14:12

2015年06月20日

日本医療研究開発機構(第1回予算配分)

4月に発足した日本医療研究開発機構(AMED)が、今年度1400億円の予算の中、「調整費」175億円の中、第1回の145億4000万円の配分を発表し、手術支援関係の医療機器開発、iPS細胞を使った創薬、エボラ出血熱関係、若年層の希少がんの治療法開発などに配分されるそうです。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020150619abar.html (http://www.nikkan.co.jp/) http://mainichi...
posted by スタッフ at 06:23

2015年04月06日

先駆け審査指定制度

数日前の記事ですが、厚労省が難病・希少がんなどの治療薬などを早く承認するための「先駆け審査指定制度」の運用を開始したそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20150402-OYT1T50167.html (http://www.yomiuri.co.jp/) http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/000..
posted by スタッフ at 06:15