2020年06月02日

新型コロナウイルス(運動不足で体重増)

民間会社の健康管理アプリの(会社員2800人)データの分析によると、 5月16日と1月との比較で ▽57%が体重の増加 ▽60%が体脂肪率の増加 となっていたそうです。 体重の詳細は、 ▽32%が1キロ未満の増加 ▽26%が1キロ以上の増加 で、中には10キロ近く増えた人もいたそうです。 一日に歩く歩数も大幅に減った人たちが多かったようで、79%の人が厚労省が推奨する1日8000歩に達しなかったそうです。 こうした状況が続くと糖尿病や高血圧..
posted by スタッフ at 08:16

2020年03月24日

高血圧と体重が寿命を縮める大きな要因

大阪大学などの研究チームが、フィンランドのバイオバンクが集めた世界中の70万人分のゲノム情報と体重、血液検査の結果を使って、高血圧と肥満が寿命を縮める大きな要因になっていることを特定したそうです。特に、日本人では高血圧による影響が最も大きかったそうです。各個人の健康リスクを予測して、投薬などで改善できるリスクをより多く見つけて、早めに対処することで、寿命の短縮を防げる可能性もあるようです。 https://mainichi.jp/articles/20200323/k0..
posted by スタッフ at 08:07

2019年12月12日

加熱式たばこも禁煙治療の対象

つい先日、加熱式たばこ(電子たばこ)の禁煙治療を保険適用にするかどうかの議論についての記事を紹介しましたが、厚労省が公的医療保険の適用対象とする方針を固めたそうです。 https://mainichi.jp/articles/20191212/ddm/012/040/127000c (https://mainichi.jp/) https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019121101001567.html (https:/..
posted by スタッフ at 08:22

2019年08月27日

高血圧ゼロのまち

日本高血圧学会が、自治体主導で住民の高血圧対策に取り組むプロジェクトを推進し「高血圧ゼロのまち」を目指す都道府県や市区町村を募集しているそうです。企画やプロジェクトを進める時に助言や支援をしていくようです。 https://www.sankei.com/life/news/190827/lif1908270012-n1.html (https://www.sankei.com/) 高血圧: http://kumw-me.seesaa.net/pages/use..
posted by スタッフ at 16:35

2019年06月17日

「老衰」が死因の3位

2018年の人口動態統計月報年計(概数)によると、日本人の死因の3位に初めて「老衰」が入ったそうです。1位は悪性新生物(腫瘍)、2位は心疾患(高血圧性を除く)と変わらなかったそうですが、肺炎が減り、2017年に3位になった「脳血管疾患」を「老衰」が抜いたということです。死因統計における死因の変化の背景には、2017年4月に発表された「成人肺炎診療ガイドライン2017」の影響が大きいようです。主な死因については、国家試験でもよく出るところですので、最新の情報を把握しておきましょ..
posted by スタッフ at 18:29

2019年05月18日

世界高血圧デー

昨日は、世界高血圧デーでした。今月はじめに、「高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)」が発表され、成人の降圧目標が引き下げられたとの記事を紹介しました。 https://www.jpnsh.jp/general_0517.html https://this.kiji.is/501931742881432673?c=39546741839462401 (https://this.kiji.is/-/units/39079921310139892) ..
posted by スタッフ at 08:03

2019年05月02日

高血圧(降圧目標を引き下げ)

先月、高血圧治療ガイドライン(指針)が改定され、「高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)」が発表され、成人(75歳未満)の降圧目標が、140/90から130/80 mmHgに引き下げられましたが、それに関する記事が出ていました。 https://mainichi.jp/articles/20190502/ddm/013/100/009000c (https://mainichi.jp/) https://mainichi.jp/articles/201..
posted by スタッフ at 20:47

2019年04月13日

睡眠不足の弊害

年度初めにあたり、ガイダンスやオリエンテーション、研修会などで、生活のリズムを整えましょうという話はよく出てくるところですが、睡眠不足についての記事が出ていました。ある研究によると、情報処理能力や注意力、判断力などパフォーマンスの低下について、「睡眠不足は酩酊状態で仕事をするのに等しい」そうです。また、それによって、労災事故の誘発のほか、肥満や高血圧、心臓病、脳卒中、鬱病などにかかるリスクも高まるそうです。睡眠の「リズム」「質」「量」を大切にして、リズムを整えることが肝要との..
posted by スタッフ at 09:05

2018年11月15日

高血圧症治療薬で心不全を改善

マウスを使った実験で、高血圧症治療薬の「シルニジピン」で、心不全状態の心機能を改善する効果が確認されたそうです。機能低下を抑制する薬剤の報告はあるそうですが、機能を改善する効果が確認されるのは珍しいとのこと。以前紹介した「ドラッグリポジショニング」の一例となるでしょうか。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/medical/article/465359/ (https://www.nishinippon.co.jp/) http:..
posted by スタッフ at 08:25

2018年11月14日

妊娠中の栄養不足で子どもが高血圧に

妊娠中に栄養不足になっていた女性から生まれた子どもが、成人した後に高血圧になるメカニズムが、ラットの実験で解明されたそうです。多くの場合、成長すると肥満になり、高血圧も発症したそうです。仕組みは、胎児がストレスホルモンに曝され、脳内遺伝子の働きが変化して、高血圧になりやすい体質になっていたそうです。妊娠中の過度のダイエットなどは要注意ということのようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181114-OYTET50020/..
posted by スタッフ at 17:13

2018年10月20日

iPS細胞(パーキンソン病の治療に降圧薬)

iPS細胞を使った研究で、パーキンソン病の治療に高血圧の薬(ベニジピン塩酸塩)が効果がある可能性がありそうとの結果が出たそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASLBM4WB4LBMUBQU00C.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181023-OYTET50024/?catname=news..
posted by スタッフ at 08:09

2018年07月30日

肺高血圧(骨髄のNOSの関与)

肺高血圧の原因の一端として、骨髄の一酸化窒素合成酵素(NOS)が関与していることが明らかにされたそうです。新しい治療法の開発に繋がることが期待されます。 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/290245 (http://www.okinawatimes.co.jp/) 肺高血圧: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94x%8D%82%8C%8..
posted by スタッフ at 09:49

2018年06月03日

熊本地震で高血圧や糖尿病の疑いある人が急増

国民健康保険の特定健診(40〜74歳)の結果から、熊本地震の後、高血圧や糖尿病の疑いがある住民が急増していることがわかったそうです。地震による生活環境の変化やストレスなどの影響が考えられるとされているようです。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/421077/ (https://www.nishinippon.co.jp/) 熊本地震: http://kumw-me.seesaa.net/pa..
posted by スタッフ at 07:47

2018年05月02日

血圧を下げるワクチンの治験開始

今朝、減塩に関する記事を紹介しましたが、日本で開発された血圧を下げるDNAワクチン(アンジオテンシン2の作用を抑制)の臨床試験(治験)が、オーストラリアで始まったそうです。2020年代前半の実用化を目指しているそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20180502-OYT1T50006.html?from=ytop_top (http://www.yomiuri.co.jp/) https://yomidr.yomiuri..
posted by スタッフ at 12:05

2018年01月10日

睡眠不足の弊害

睡眠不足による高血圧や糖尿病との関連についての解説記事が出ていました。寝だめが役に立たないことや寝過ぎもよくない(恐らく眠りの質が悪いなどの問題)とのことです。試験対策の中でも、何度も書いてきましたが、睡眠もしっかり取りながら、起きている間は集中力の高まった状態でいられるように管理しましょう。 http://www.sankei.com/life/news/180109/lif1801090023-n1.html (http://www.sankei.com/) ..
posted by スタッフ at 08:41

2017年07月21日

高血圧の高齢者患者(終末期対応の指針)

高齢者の高血圧患者の診療指針が、初めて公表されたそうです。終末期の患者の治療は、治療効果が期待できないとして、「降圧薬の中止も積極的に検討する」としたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK7M4J6YK7MUBQU00M.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 高血圧: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keywo..
posted by スタッフ at 08:51

2017年05月17日

酸化ストレスの意外な良い作用

酸化ストレスはいろいろな病態の原因や悪化因子になっていると考えられていますが、妊娠高血圧症候群の一因とされてきた酸化ストレスが、悪影響ではなく、病状を改善する機能(胎盤の発育を保つ)を有していることが、マウスの実験で明らかになったそうです。 https://this.kiji.is/237358144516489221?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.nikkei.com/articl..
posted by スタッフ at 19:55

2017年05月11日

脳死移植(6歳未満で7例目)

昨日、6歳未満の男児が、小脳出血のため脳死と判定され、本日両肺を摘出し、肺高血圧症の1歳の女児に移植するそうです。6歳未満としては7例目とのこと。 http://www.sankei.com/life/news/170511/lif1705110013-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www.asahi.com/articles/ASK5B5S9YK5BULBJ00S.html?iref=com_apitop (..
posted by スタッフ at 12:10

2017年05月11日

生活習慣病に関連する14遺伝子

約1万6千人の遺伝子解析結果に基づいて、高血圧やメタボリック症候群など5つの生活習慣病の発症と関連がある14種類の遺伝子が特定されたそうです。遺伝的要因を予め把握しておき、生活習慣も整えることで、予防、早期発見や治療に繋げることが可能になるようです。 https://this.kiji.is/234965380809590265?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 生活習慣病: http://kumw-me...
posted by スタッフ at 00:30

2017年04月30日

減塩の日

日本高血圧学会が毎月17日を「減塩の日」とすると発表したそうです。元々、「世界高血圧デー」である5月17日が「高血圧の日」とされているそうですが、減塩を推進するために新たに「減塩の日」を設けることにしたそうです。現状では、日本人はやはり食塩摂取量が多く、学会推奨が6.0グラム/日のところ、男性11.0グラム/日、女性9.2グラム/日だそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170429-OYTET50000/?catna..
posted by スタッフ at 00:05

2017年04月24日

所得が低いほど治療中断の可能性大

日本医療政策機構が行った調査によると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療を中断した252人を対象に、その理由を尋ねたところ、「医療費の負担が大きかった」が25%、「通院の手間」が31%、「仕事や家庭環境の変化」が27%だったそうです。「医療費の負担」について世帯収入別で見たところ、400万円未満は34%で、治療中断の理由のトップだったそうです。400万円以上800万円未満は24%、800万円以上は17%となり、所得に応じた負担感の違いが反映されているようです。 htt..
posted by スタッフ at 13:03

2016年09月24日

メタボリックシンドローム(生活保護で高い割合)

数日前に所得と高血圧との関係についての記事を紹介しましたが、厚労省によると、生活保護を受けている男性の32.7%がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)で、喫煙者が43.0%だったそうです。保護を受けていない場合は、メタボが21.0%、喫煙が33.7%だったそうです。健康への関心の低さ、安くて高カロリーのジャンクフードなどに食事の偏りなどが原因と見られているようです。生活保護費の約半分が医療扶助が占めていて、医療費を減らすために受給者への対策をまとめていくそうです。学生の..
posted by スタッフ at 06:44

2016年09月21日

子どもの砂糖の過剰摂取

米国心臓協会(AHA)が、2〜18歳の子どもの食事の味付けに使う砂糖を1日当たり25グラム未満(大さじ3杯弱)にすべきとの勧告を出したそうです。この年代の砂糖の過剰摂取が原因で、肥満や高血圧などになり、心臓病のリスクを高めると指摘されています。また、こうした子どもは、野菜や果物などの摂取が少ない傾向があるそうです。もちろん、学生の皆さんや大人でも注意が必要ですね。 http://www.sankei.com/life/news/160921/lif1609210012-..
posted by スタッフ at 08:42

2016年09月21日

所得と高血圧

国ごとの所得と高血圧との関係を調べた研究で、2010年時点で世界の推計高血圧人口が13億9千万人になり、その4分の3が低・中所得国に集中していたそうです。2000年時点の9億2100万人からの大幅増加になっており、高所得国で減少傾向にあるものの、低・中所得国で増加傾向にあり、それに加えて所得が低い場合、高血圧の自覚や管理ができにくく、診断や治療が遅れることで、さらに格差が広がることが懸念されているようです。 http://www.sankei.com/life/news..
posted by スタッフ at 07:26

2016年06月06日

特定健診の基準(現状維持)

厚労省の専門家検討会は、特定健診(メタボ健診)について現在の方法を維持することを決めたそうです。先日も紹介しましたが、痩せていても高血圧などがある人達(隠れメタボ)については、まだはっきりした指導法がないということで今回は見送られたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ627S1GJ62ULBJ00L.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 隠れメタボ: http://k..
posted by スタッフ at 07:19

2016年05月11日

メタボの診断方法の変更(隠れメタボ対策)

厚労省は、特定健康診断でメタボリック症候群を調べる際に、腹囲が基準値以上(男性:85cm、女性:90cm)かどうかを最初に調べるのではなく、腹囲が基準未満でも、高血圧、脂質異常、高血糖といった危険因子が異常レベルにある場合は、健康指導の対象とする診断方法に、2018年度から改めるそうです。隠れメタボを見落としてしまうのを避けるための見直しのようです。 http://this.kiji.is/102735405270599162?c=39546741839462401 ..
posted by スタッフ at 00:15

2016年04月22日

中長期の医療支援

熊本、大分で避難生活が長期化する様相を呈していますが、中長期的な医療支援についての記事が出ていました。既に何度も出ていますが、怪我などの対応から、今後はエコノミークラス症候群、生活不活発症、感染症、糖尿病や高血圧などの慢性疾患、出産の対応、血液透析、メンタルストレス対策など様々な対応が求められています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160422/k10010493391000.html?utm_int=news-social_co..
posted by スタッフ at 08:51

2016年04月06日

腹囲基準未満でも高リスク

昨日、胴回りサイズと心臓病リスクとの関係の記事を紹介しましたが、厚労省研究班によると、腹囲が基準未満でも、高血圧などの危険因子が一つでもあると、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが約2倍になるという調査結果が出たそうです。この結果を踏まえて、2018年度のメタボ検診の指針見直しが行われそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160406-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-..
posted by スタッフ at 16:36

2016年03月08日

隠れメタボリックシンドローム(914万人も)

メタボリックシンドロームの診断基準については、皆さん知っていると思いますが、厚生労働省研究班によると、BMIや腹囲が基準未満でも、高血圧、高血糖、脂質異常のうち二つ以上の異常がある人が、(調査対象の)男性で10・9%、女性で13・6%もいることがわかったそうです。いわゆる「隠れメタボリックシンドローム」患者ということで、全国で914万人に上ると推定されるそうです。これらの結果に基づいて、来年3月までに、隠れメタボの診断や生活習慣改善(運動不足、朝食抜き、早食いなど)の指導法を..
posted by スタッフ at 08:35

2016年02月16日

医療用医薬品(年間売り上げ10兆円超)

日本国内の医療用医薬品の年間売り上げが2015年に10兆円を超えたそうです。4年連続の増加で、10兆円超えは史上初だそうです。がん治療薬(8200億円)、高血圧治療薬(5600億円)、糖尿病治療薬(5100億円)が上位3種だったそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=130402 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 00:30

2016年01月21日

加齢高血圧の原因

加齢に伴って「P2Y6R」というタンパク質が増加することがマウスの実験で明らかになり、加齢に伴う高血圧の一因になっていると見られているようです。このタンパク質の働きの抑制による降圧剤の開発に繋がることが期待されます。 http://this.kiji.is/62651180533941751?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/searc..
posted by スタッフ at 07:11

2015年12月16日

高血圧が一番のリスク

アメリカ・ワシントン大学による2013年の188カ国の健康寿命の調査結果で、世界中の死亡リスクで最も高かったのは、高血圧だったそうです。それに次いで、喫煙、肥満、高血糖、塩分過多の順だったそうです。 http://www.sankei.com/life/news/151215/lif1512150007-n1.html (http://www.sankei.com/) 高血圧について、先日アメリカから出された新基準がありましたね。 http://kumw-..
posted by スタッフ at 00:20

2015年11月21日

高血圧治療の目標基準

9月にアメリカのNIHの国立心肺血液研究所が、心臓病リスクを減らすために、収縮期血圧を120 mmHg以下に維持すべきとの研究報告を発表しましたが、それに対する反応についての記事が出ていました。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=126699 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyw..
posted by スタッフ at 09:31

2015年09月13日

収縮期血圧を120以下に

アメリカのNIHの国立心肺血液研究所が、心臓病リスクを減らすために、収縮期血圧を120 mmHg以下に維持すべきとの研究報告を発表したそうです。現在、140/90 mmHgが高血圧基準であり、また今回の報告は元々2017年の公表を目指していたそうですが、健康維持のために重大な結論であることから、前倒しの公表となったそうです。今後、指針の見直しなどがあるかもしれません。 http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091201001945.h..
posted by スタッフ at 06:35

2015年08月12日

女性特有の病気の研究助成

日本医療研究開発機構(AMED)は、「骨粗しょう症」「子宮内膜症」「出産後の糖尿病や高血圧」「更年期障害」など女性に特有、あるは男性より多く見られる主要7テーマを設定して、治療法や予防法の開発の支援に乗り出すことにしたそうです。「現役世代の活躍を後押しし、高齢世代の健康寿命を延ばすのが狙い」とのこと。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=122444 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/..
posted by スタッフ at 05:36

2015年07月03日

七つの危険な生活習慣

地方公共団体に勤務する18〜65歳の男性約3万9000人を対象とした調査によると、肥満、高血圧、メタボリックシンドロームを発症しやすくする生活習慣は以下の7つだそうです。 〈1〉睡眠時間が5時間未満 〈2〉交代制勤務をしている 〈3〉休日が取れない 〈4〉いつもおなかいっぱい食べる 〈5〉あまり歩かない 〈6〉アルコールを1日日本酒3合以上飲む 〈7〉たばこを吸う http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=..
posted by スタッフ at 18:27

2015年05月27日

高血圧治療用ワクチン

高血圧治療用のワクチンが開発されたそうです。ラットの実験では、半年ほど効果が持続したそうです。血圧の薬は毎日服用する必要がありますが、飲み忘れの心配もなくなり、実用化が期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052701000778.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2015053000001.html (http..
posted by スタッフ at 06:55

2015年04月07日

肥満から生活習慣病への仕組み

マウスを使った実験で、肥満から糖尿病や高血圧などの生活習慣病になる仕組みに関わるタンパク質(S100A8)が明らかにされたとの記事。創薬などに繋がることが期待されます。 http://apital.asahi.com/article/news/2015040700003.html (http://apital.asahi.com/) http://www.asahi.com/articles/ASH463SJFH46PLBJ001.html?iref=comto..
posted by スタッフ at 06:19

2015年01月20日

独身の一人暮らしと高血圧のリスク

厚労省の研究班によると、独身で一人暮らしの人は、既婚者に比べて高血圧になるリスクが1.73倍だったそうです。食生活の問題などが示唆されています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150119/k10014791581000.html (http://www.nhk.or.jp/)
posted by スタッフ at 00:08

2014年11月27日

歩数と血圧の関係

歩くことが少ない人が多い都道府県ほど、高血圧の人の割合が高いとの分析結果についての記事。駅が少ない地域ほど、歩数が少ない傾向にあるそうです。また、歩数が少ないと車を使う頻度が高く、やはり普段の生活習慣が大切なようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2014112600006.html (http://apital.asahi.com/)
posted by スタッフ at 12:11

2014年10月29日

慢性腎臓病に高血圧治療薬が有効

塩分を過剰摂取している慢性腎臓病患者に対しては、高血圧治療薬の一種が有効(尿中タンパクを減少させた)との研究についての記事が出ていました。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20141028-OYT1T50125.html
posted by スタッフ at 00:14

2014年05月02日

肺高血圧の治療

「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」の患者の治療としてバルーンカテーテルによる血管拡張が有効な場合があるとの報告についての記事。 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050101001659.html http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0104W_S4A500C1CR0000/
posted by スタッフ at 06:05

2014年04月04日

高血圧治療指針

日本高血圧学会の高血圧治療指針が5年ぶりに改訂されて公表されたそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95880 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0103U_S4A400C1CR0000/
posted by スタッフ at 10:00

2013年08月27日

貼るタイプの薬

国内では初めての貼るタイプの高血圧治療薬の薬価が中医協で決まり、来月から発売されるそうです。飲み薬が使いにくい高齢者などに使われるようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130824-OYT1T00749.htm
posted by スタッフ at 13:48

2013年07月12日

調査結果

高血圧の薬の効果についての治験結果において、データ操作など信頼性に疑問が残るところがあるとの調査結果がトップニュースになっています。まだ、施設内での調査結果ですので、これから更に精査されていく中で、詳細が明らかになるかと思われます。治験には複数の施設が関係しているので、今後の調査が注目されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130712/k10015985471000.html http://mainichi.jp/sele..
posted by スタッフ at 08:48

2013年01月22日

メタボ健診

メタボリック健診(メタボ健診)で非肥満者でも高血圧などの場合も指導をするようにとの方針が出されましたが、義務付けるものではなく、実効性に疑問が残るとのことです。 http://mainichi.jp/select/news/20130122mog00m040008000c.html
posted by スタッフ at 12:03