2020年05月31日

アメリカ民間企業開発の有人宇宙船の打ち上げ成功

民間企業のスペースX社が開発した大型ロケット「ファルコン9」と宇宙船「クルードラゴン」が無事に打ち上げられたそうです。あめりか航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人が搭乗しているそうです。この後、国際宇宙ステーション(ISS)に到着し、再び大気圏に突入し、大西洋に着水するそうです。予定通りに進むと、次回、8月30日に野口聡一飛行士が搭乗するそうです。アメリカの有人宇宙船打ち上げは、スペースシャトル以来、9年ぶりだそうです。 https://www.yomiuri.co...
posted by スタッフ at 06:38

2019年12月28日

宇宙で胸腺が縮む

理化学研究所などの研究グループによると、国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験棟「きぼう」でのマウスの実験で、免疫細胞を作る「胸腺」が縮み、構造も変化し、免疫細胞の増殖に関係する遺伝子の働きが弱まっていたそうです。元々、宇宙飛行士の免疫細胞の数が減少することが知られていたそうで、免疫力低下の仕組みの解明に繋がると見られているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASMDW53F1MDWULBJ00B.html (https://..
posted by スタッフ at 16:24

2019年10月31日

iPS細胞(宇宙で立体的に培養)

国際宇宙ステーション(ISS)で、来年の秋に、iPS細胞を培養して立体的な臓器作製を試みることになったそうです。これまでにもいくつか前段階の実験はされてきたようですが、今回の微小重力環境での実験結果を地上での立体臓器の製造装置の開発に生かすそうです。 https://mainichi.jp/articles/20191031/ddm/012/040/104000c (https://mainichi.jp/) 細胞+重力: http://kumw-me.see..
posted by スタッフ at 08:04

2019年04月15日

宇宙空間での遺伝子や腸内環境への影響

NASA(アメリカ航空宇宙局)が発表した論文によると、双子の宇宙飛行士の中の一人が、国際宇宙ステーション(ISS)で1年過ごし、地上過ごしたもう一人と体を調べたところ、免疫に関係する遺伝子や腸内細菌の構成などに変化が見られたそうです。帰還後、比較的短期間で通常値に戻ったそうですが、免疫系とDNA修復に関連する遺伝子のごく一部は、いまだ元には戻っていないそうで、今後も研究が続けられるようです。 https://mainichi.jp/articles/20190413/d..
posted by スタッフ at 08:19

2019年03月04日

ドッキング成功

一昨日打ち上げられたアメリカの民間宇宙船が、国際宇宙ステーション(ISS)に無事にドッキングしたそうです。以前その役割を担っていたスペースシャトルの代わりに、民間宇宙船で宇宙飛行士を運ぶ計画の実現に一歩近づいたとのこと。今回は、安全性確認のためにセンサーを取り付けたマネキンが載っているそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190303/lif1903030038-n1.html (https://www.sankei.com/)..
posted by スタッフ at 08:06

2018年01月10日

無重力状態で身長が伸びる

国際宇宙ステーション(ISS)で昨年末から活動している宇宙飛行士の金井宣茂さんによると、約3週間の滞在で身長が9cmも伸びたそうです。無重力状態で軟骨が延びるそうです。以前、ISSで行われた(低下してしまう)筋肉量を維持する実験についての記事が出ていたことがありました。臨床工学技士の国家試験でも、無重力や真空状態での伝熱について出題されたことがありますね。 https://mainichi.jp/articles/20180110/ddm/041/040/155000c..
posted by スタッフ at 05:33

2016年12月14日

見事キャッチ+無事ドッキング

先週打ち上げられた「こうのとり6号」をISS(国際宇宙ステーション)に滞在中の宇宙飛行士がロボットアームで無事キャッチしたそうです。食料、飲料水、超小型衛星、先日紹介したリチウムイオン電池など搭載しているようです。 http://this.kiji.is/181361799429881862?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161213/k..
posted by スタッフ at 00:28

2016年12月10日

こうのとり6号

国際宇宙ステーション(ISS)に物資を輸送する「こうのとり6号機」を載せたH2Bロケットの打ち上げが無事成功しましたね。日本製のリチウムイオン電池が積み込まれ、ISSで使用されるそうで、日本の技術が活躍することになりそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161209/k10010801651000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_008 (http://www.nhk..
posted by スタッフ at 08:05

2016年11月21日

宇宙滞在後のリハビリ

国際宇宙ステーション(ISS)での4カ月にわたる任務を終えて帰還した大西卓哉氏が、体力回復のリハビリのため一時帰国したそうです。日本主導でのリハビリは初めてとのこと。ISS滞在中も運動はしていても、やはり体力低下が進んでいたようです。 http://www.sankei.com/life/news/161120/lif1611200048-n1.html (http://www.sankei.com/) http://this.kiji.is/172990135..
posted by スタッフ at 06:29

2016年10月31日

無事に地球へ帰還

国際宇宙ステーション(ISS)に約4カ月滞在していた大西卓哉宇宙飛行士が任務完了し、無事に地球に帰還されましたね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161030/k10010749811000.html?utm_int=news_contents_news-main_007 (http://www.nhk.or.jp/) http://this.kiji.is/165208607899960826?c=395467418394..
posted by スタッフ at 00:10

2016年07月09日

4カ月間の任務開始

七夕に打ち上げられたソユーズで、国際宇宙ステーション(ISS)に向かった大西卓哉さんの乗った宇宙船が、無事にドッキングに成功し、これから4か月間の長期滞在の任務を開始しましたね。 http://www.sankei.com/life/news/160709/lif1607090032-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160709/k10010588891000...
posted by スタッフ at 21:40

2015年12月29日

宇宙飛行士のストレス検査法の開発

今月から「ストレスチェック制度」が始まりましたが、国際宇宙ステーションの閉鎖空間で長期滞在する宇宙飛行士のストレスを検査する方法を開発することを目的に、来年2月から筑波宇宙センター内の専用施設で約2週間にわたる実験が始められるそうです。8名募集のところ2千名を超える応募があったそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20151226-OYT1T50106.html?from=ycont_top_txt (http://www.yo..
posted by スタッフ at 00:31

2015年12月12日

無事帰還

日本人宇宙飛行士10人目となる油井亀美也さんが、5カ月間の国際宇宙ステーションでの任務を終えて無事帰還されましたね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151211/k10010338411000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://this.kiji.is/47955345284597245?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) ht..
posted by スタッフ at 06:10

2015年12月06日

COP21(最新記事)

COP21関係のニュースが続々と出ています。 合意文書の草案がまとまりつつあるものの、削減目標や資金支援などについて対立が続いているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151206/k10010331401000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/233227.html#more (http://www.nhk.or..
posted by スタッフ at 15:05

2015年09月22日

微小重力下で破骨細胞が活性化

国際宇宙ステーションでのメダカの実験で、微小重力下では破骨細胞が活性化していることがわかったそうです。長期の宇宙滞在での骨密度の低下や高齢化に伴う骨粗鬆症進展の仕組みの解明に役立つ可能性がありそうです。 http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092101001540.html (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150922/k1001024406..
posted by スタッフ at 13:51

2015年08月25日

無重力でも筋肉量維持

昨日「こうのとり」キャッチ・ドッキングの話題で登場した国際宇宙ステーション(ISS)に関連して、長期間無重力状態にいると筋肉量が低下する問題がありますが、電気刺激でそれを防ぐ装置での筋肉量維持の実験に成功したそうです。実験は昨年の若田光一さんの時に行われたそうです。 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/190658 (http://www.nishinippon.co.jp/) http://ku..
posted by スタッフ at 06:56

2015年08月24日

見事キャッチ・ドッキング

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士の油井さんが、宇宙輸送船「こうのとり」5号機をロボットアームで見事にキャッチしたそうです。日本人と日本の技術の高さが証明されましたね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150824/k10010200911000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150824/k1001020082100..
posted by スタッフ at 19:43

2014年05月13日

無事完了

国際宇宙ステーションにいる若田光一さんが、船長としての任務を後任に引き継ぎ、明日地球に帰還する予定だそうです。コミュニケーションを積極的にとる様子などが紹介されていました。 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051301001080.html http://sankei.jp.msn.com/science/news/140512/scn14051208570001-n1.htm
posted by スタッフ at 08:18

2013年11月08日

無事ドッキング

昨日打ち上げられた若田光一さんが乗船したソユーズが、無事に国際宇宙ステーションにドッキングして活動を開始しましたね。いろいろな興味深い実験などをされていくようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131107/k10015885731000.html
posted by スタッフ at 11:44

2013年11月07日

今日打ち上げ

若田光一さんが船長を務めるソユーズ宇宙船の準備が整い、いよいよ今日発射ですね。国際宇宙ステーションへ向かう日本人初の船長ということで注目されます。ロシアの宇宙船ということで、ソチオリンピックも近づいており、盛り上がります。 無事に打ち上げられたようです。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG06002_X01C13A1MM0000/ http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131..
posted by スタッフ at 08:36