2020年04月07日

iPS細胞(次世代医療・iPS細胞治療研究センター)

京都大学に「次世代医療・iPS細胞治療研究センター」が開設されたそうです。iPS細胞を使った再生医療や、がん、希少疾患などの治療法の効果や安全性を人で調べる臨床研究(治験)を重点的に実施するためのようです。研究開発と実用化の間は「死の谷」と呼ばれているそうで、それを乗り越えるのが狙いだそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASN466SS5N46PLBJ00M.html?iref=com_api_med_medicalnewstop ..
posted by スタッフ at 07:53

2019年11月29日

iPS細胞(国産の細胞を海外にも)

iPS細胞の研究開発についての記事で、京都大iPS細胞研究所が、国内での使用を想定してきた方針を転換し、企業がアメリカでも使いやすくなるように許認可などの支援に乗り出すことにしたそうです。国産のiPS細胞を使った再生医療が世界市場に乗り遅れかねないようにとの危機感があるようです。 https://www.asahi.com/articles/ASMCW6W77MCWULBJ012.html?iref=com_api_med_medicalnewstop (https:..
posted by スタッフ at 08:17

2019年08月29日

iPS細胞(角膜の細胞を移植)

3月に関連記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した角膜の細胞を初めて角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に移植したそうです。今のところ経過は順調とのことで、年内に2例目を予定しているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM8W62D6M8WPLBJ004.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/a..
posted by スタッフ at 19:36

2019年07月16日

再生医療の新事業を補助(札幌市)

札幌市は、医療関連産業を新しい地域産業の柱にするために、再生医療の新事業創出を後押しするために、最大1000万円の補助することを決めて、公募を開始したそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190712-OYTET50003/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 医療+産業: http://kumw-me.seesaa.net/p..
posted by スタッフ at 08:28

2019年05月08日

肝細胞で脳損傷を修復

怪我で損傷した脳の神経組織を、間葉系幹細胞を使って修復する再生医療の治験で、運動機能の改善が確認されたそうです。来年1月までに再生医療製品としての承認を目指すそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM5752BGM57ULBJ00R.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) 間葉系幹細胞: http://kumw-me.seesaa.net/page..
posted by スタッフ at 06:12

2019年05月04日

脊髄損傷(肝細胞を使って保険適用で治療)

昨年末に関連記事を紹介しましたが、脊髄損傷の患者に対して、自身の間葉系幹細胞を培養して増やし、血中に戻して症状改善を図る治療法が、国に条件付きで承認され、公的医療保険を適用した治療が、今月中旬から札幌医科大学で開始されるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190504/k10011904951000.html?utm_int=news_contents_news-main_005 (http://www.nhk.or.jp..
posted by スタッフ at 10:44

2019年04月19日

iPS細胞(加齢黄斑変性治療の経過報告)

iPS細胞から作製した網膜細胞を加齢黄斑変性症の患者に移植した臨床研究のその後の経過が報告され、移植から1年以上経ても、目立った拒絶反応や細胞のがん化が見られず、治療の安全性が確認されたそうです。今後も視力回復などの治療効果も調べて行くそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190418/k10011887981000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_010 (htt..
posted by スタッフ at 08:03

2019年03月12日

iPS細胞(自動培養装置の製品化)

iPS細胞の自動培養装置が製品化されたそうです。技術的には平成29年に実用化していたそうですが、この度、国内規制を初めてクリアしたそうで、再生医療の普及に貢献することが期待されます。 https://www.sankei.com/economy/news/190311/ecn1903110008-n1.html (https://www.sankei.com/) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4229190011032..
posted by スタッフ at 08:35

2019年02月10日

iPS細胞(再生医療への応用の現状)

iPS細胞についての記事が、頻繁に出てきていますが、iPS細胞の再生医療分野への応用の現状についての解説記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASM265J09M26UBQU016.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) iPS細胞: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%8..
posted by スタッフ at 11:42

2019年01月10日

免疫細胞から神経細胞を作製

脊髄損傷治療については、年末にも再生医療製品の記事を紹介しましたが、免疫細胞を変化させて神経細胞を作製することに成功したとの記事が出ていました。脊髄損傷や脳梗塞で損傷を受けた神経を修復する治療法の開発に繋がることが期待されているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM197SY7M19ULBJ014.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 免疫細胞: http://ku..
posted by スタッフ at 08:27

2018年12月30日

脊髄損傷(再生医療製品の製造販売が承認)

11月に関連記事を紹介しましたが、脊髄損傷の患者自身から採取した幹細胞を使って、神経の働きを回復させる治療法の再生医療製品「ステミラック注」が、厚労大臣から、7年間の条件付きで製造販売の承認を受けたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASLDX5V9MLDXULBJ012.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) 脊髄損傷: http://kumw-..
posted by スタッフ at 14:00

2018年12月20日

iPS細胞(米国に生産施設)

頻繁にiPS細胞関係のニュースが出て来ますが、アメリカにiPS細胞の生産施設が新設されるそうです。来年度中に稼働させる予定で、再生医療製品の開発を加速させるのが狙いのようです。 https://www.sankei.com/life/news/181220/lif1812200031-n1.html (https://www.sankei.com/) iPS細胞: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?key..
posted by スタッフ at 15:45

2018年11月22日

脊髄損傷の幹細胞による治療が実用化

厚労省の再生医療製品を審査する部会が、脊髄損傷の患者自身から採取した幹細胞を使って、神経の働きを回復させる治療法を了承したそうです。早ければ、年内にも厚生労働大臣に承認されて、保険も適用されて臨床で使われていく見通しのようです。この治療法の開発も、数年前に話題になった「先駆け審査指定制度」によって、速やかに研究開発が進むようにされたようです。 https://www.asahi.com/articles/ASLCM5FJGLCMULBJ011.html?iref=com..
posted by スタッフ at 07:32

2018年10月25日

再生医療(細胞シートで食道狭窄治療)

食道狭窄の治療として、患者自身の口腔粘膜から培養した「細胞シート」を移植する臨床研究が、沖縄の病院で実施されているそうです。再生医療を食道狭窄の治療に用いる研究としては、世界初だそうです。 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-823769.html (https://ryukyushimpo.jp/) 食道: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90H%9..
posted by スタッフ at 08:17

2018年10月07日

再生医療の監視を強化

厚労省は、再生医療完全性確保法による再生医療などの細胞を使った治療の監視体制を強める方針を決めたそうです。「がん免疫療法」も対象になるそうです。ただし、本庶先生の研究から開発されたオプジーボも免疫療法の一部ではありますが、今回の規制対象の免疫細胞を使った治療法とは関係なく、混同されてしまっているところがあるようです。 https://www.asahi.com/articles/ASLB56WRKLB5ULBJ02F.html?iref=com_api_med_medn..
posted by スタッフ at 08:31

2018年08月15日

ダイレクト・リプログラミング

ダイレクト・リプログラミングという技術で、線維芽細胞に「Tbx6」という遺伝子を一つ導入するだけで、心筋や血管などの元となる「心臓 中胚葉細胞」の作製に成功したそうです。iPS細胞による再生医療よりも安価に実現できると見込まれているそうで、今後、安全性の検証が重要になりそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180814-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news (https://y..
posted by スタッフ at 08:49

2018年06月05日

再生医療技術で脱毛症を治療

人の頭の皮膚から採取した3種の肝細胞を組み合わせて、安定した品質で毛包組織を培養して大量に増やす再生医療技術が開発されたそうです。動物実験で安全性が確認できたら、来年にも男性型の脱毛症の人を対象にした臨床研究が始められる計画だそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180604/lif1806040041-n1.html (http://www.sankei.com/) https://www.asahi.com/articl..
posted by スタッフ at 07:15

2018年05月28日

再生医療の特許出願数で後れ

特許関係のニュースが続きます。再生医療の実用化に向けた研究開発が活発ですが、日本の特許出願(件数)が欧米や中国、韓国などに後れを取っていることが特許庁の調査でわかったそうです。なお、幹細胞関連技術などの基礎的技術の分野では、欧米や中国などとの大差はなかったそうです。これから、急速に拡大が見込まれる分野なので、今後の対応が大変重要になりそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20180527-OYT1T50092.html (htt..
posted by スタッフ at 18:30

2018年05月23日

医療用品質のES細胞の作製に成功

医療に使用できる品質のES細胞の作製に、国内で初めて成功したそうです。今夏以降に再生医療の臨床研究などに使われる予定だそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180522/k10011448031000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (https://www.nhk.or.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASL5..
posted by スタッフ at 08:55

2018年05月16日

iPS細胞(心筋細胞シートの臨床研究が承認)

iPS細胞関係のニュースが続きます。iPS細胞から作製した心筋細胞シートによる臨床研究について、先月から継続審議になっていましたが、本日、国の審議会によって了承されたそうです。iPS細胞を応用した再生医療の臨床研究としては、加齢黄斑変性の治療が進んでいますが、それに続くものとなり、心臓病の治療では世界初となるとのことです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011440211000.html?utm_int=new..
posted by スタッフ at 12:52

2018年04月24日

CAR―T細胞治療の承認申請

今月初めにも関連記事を紹介した「CAR―T細胞治療」ですが、再生医療等製品として製造販売するための承認申請が、厚労省に提出されたそうです。まずは、再発・難治性の、25歳以下の「B細胞性急性リンパ芽球性白血病」と成人の「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」を対象にするそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180424-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomid..
posted by スタッフ at 17:30

2017年12月11日

膝軟骨損傷を他人の細胞で治療

産学共同研究で、膝関節の軟骨の損傷患者に他人の細胞「間葉系幹細胞」から作製した組織(厚さ約3ミリ)を移植・治療する臨床試験(治験)が始まったそうです。変形性関節症の予防にも繋がると期待されているようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171211-OYTET50000/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 膝関節: http://..
posted by スタッフ at 17:20

2017年12月06日

iPS細胞(ミニ肝臓を大量製造)

産学共同研究の成果として、ヒトのiPS細胞から直径約0.1ミリ程度の「ミニ肝臓」を大量に作ることに成功したそうです。数年前から関連記事を紹介してきましたが、論文が発表されたのが、今回となるようです。肝不全のマウスの実験でも、生存期間が大幅に改善することも確かめられたそうで、再生医療の実現に一歩近づいたようです。まだ、いろいろなハードルがあるようですが、2019年度には臨床研究の承認申請を計画しているそうです。 http://www.asahi.com/articles/..
posted by スタッフ at 09:44

2017年11月27日

目の病気専門の研究・治療機関が開設

目の病気の基礎研究から治療、リハビリまで総合的に対応する「神戸アイセンター」が開設されたそうです。iPS細胞を使った再生医療など最先端研究基盤の強化や高水準の医療の提供も目指すそうです。それから、お笑い芸人が暗闇でネタを披露するイベントも企画するとのこと。 https://this.kiji.is/307445975109649505?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://www.kobe-np...
posted by スタッフ at 12:05

2017年10月17日

再生医療の臨床研究データベース

厚労省と日本再生医療学会が、再生医療の臨床研究に参加した患者情報などを登録するデータベースの運用を開始したそうです。iPS細胞から作製した網膜組織を加齢黄斑変性の患者さんに移植した臨床研究が進行中ですが、まずは、それから登録するそうです。このデータベースは、再生医療の安全対策や新たな治療法の開発に役立てるそうです。 https://this.kiji.is/292837087144363105?c=39546741839462401 (http://www.47new..
posted by スタッフ at 12:33

2017年09月07日

iPS細胞(世界初の創薬での臨床試験開始)

先月にも紹介しましたが、iPS細胞を使った、世界初の創薬の臨床試験(治験)が今日から始まるそうです。対象となるのは、難病の「進行性骨化性線維異形成症(FОP)」で、薬の候補が免疫抑制剤の「ラパマイシン」とのこと。iPS細胞の活用として、「再生医療」と「創薬」の2本柱がありますが、創薬でも臨床試験の段階に入ってきたことになります。 https://this.kiji.is/278139993853575170?c=39546741839462401 (http://ww..
posted by スタッフ at 05:59

2017年08月29日

ES細胞(肝臓移植までの橋渡し)

ES細胞(胚性幹細胞)から作製した肝細胞を、「高アンモニア血症」の赤ちゃんに移植する臨床試験が、国に申請されるそうです。生後3ヶ月以降ならば肝臓移植での治療が可能となるそうですが、それまでの間に亡くなってしまう場合もあり、移植までの橋渡しとしての応用を目指しているようです。2020年頃に再生医療用として製品化を目指しているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170828-OYTET50029/?catname=new..
posted by スタッフ at 09:16

2017年08月08日

iPS細胞(血小板の量産)

iPS細胞から輸血用の血小板を量産できる技術が確立されたそうです。これから、臨床試験(治験)を行って、平成32年には再生医療等製品として厚労省へ申請し、製造販売承認を目指すそうです。実用化されると慢性的な不足を軽減させらせると期待されます。 http://www.sankei.com/life/news/170808/lif1708080009-n1.html (http://www.sankei.com/) https://this.kiji.is/26713..
posted by スタッフ at 10:07

2017年07月26日

拡張型心筋症(再生医療で治療)

拡張型心筋症の子どもの心筋細胞の幹細胞を培養し、体に戻して治療する臨床研究が、岡山大学病院で始まったそうです。いろいろな再生医療が着々と進められていますね。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025425831.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011073321000.html?utm_int=news-cul..
posted by スタッフ at 08:55

2017年06月15日

iPS細胞(肝臓形成の仕組みを解明)

iPS細胞を使って、人の肝臓が形成される詳しい仕組みが解明されたそうです。具体的には、細胞間で血管形成や立体構造の構築を促す活性化シグナルがやり取りされ、関連遺伝子が作用していることなどがわかったそうです。再生医療で立体的な臓器を作製する上で、重要な知見となりそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170615/lif1706150005-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www...
posted by スタッフ at 08:36

2017年06月09日

医療用ES細胞の作製を承認

4月初めに申請されていた再生医療用の人のES細胞を作製する計画を厚労省の委員会が了承したそうです。医療目的でのES細胞の作製が承認されるのは初めてだそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170607/k10011009801000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_013 (http://www.nhk.or.jp/) http://www.asahi.com/a..
posted by スタッフ at 00:10

2017年05月13日

iPS細胞(絶滅危惧種の保存に)

iPS細胞と言えば、再生医療や難病治療、創薬などでの研究が盛んですが、iPS細胞の技術を使って絶滅危惧種に指定されているアマミトゲネズミの精子と卵子を作成することに成功したそうです。今後、いろいろな動物の種の保存に向けての活用が期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170513/k10010979961000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (http:/..
posted by スタッフ at 08:25

2017年04月20日

ES細胞(臨床向けの細胞作製の審査開始)

厚労省の委員会そして文科省が、京大の研究チームから出された再生医療用に使うES細胞(胚性幹細胞)の研究計画の審査を始めたそうです。承認されると国内初の治療用の臨床向けのES細胞が作製されることになるそうで、再生医療の選択の幅が広がることも期待されているようです。再生医療が実用化されてくると臨床工学技士の仕事も変わってくると思いますが、対応できるように勉強していきましょう。 http://www.asahi.com/articles/ASK4L4S44K4LPLBJ001..
posted by スタッフ at 08:33

2017年04月02日

脊髄損傷の人の機能回復

アメリカでの研究で、脊髄損傷で手足麻痺の人の脳に電極を埋め込み、脳の信号を専用装置で処理し、右手に信号を伝えるようにして、約1年の訓練の後、フォークで食べ物を口に運んだり、カップのコーヒーを飲めるようになったそうです。iPS細胞などを使った再生医療による機能回復も進められていますが、実用化まではまだ時間がかかりそうですので、どの方法が先に実用化されるでしょうか。 http://www.asahi.com/articles/ASK417223K41UBQU00D.html..
posted by スタッフ at 16:31

2017年03月30日

潰瘍性大腸炎(再生医療で治療)

患者数16万人以上の難病「潰瘍性大腸炎」を大腸上皮幹細胞を移植し、大腸の働きを再生する再生医療技術で完治するための臨床研究の計画が進められているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170329/k10010929501000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (http://www.nhk.or.jp/) http://www9.nhk.or.jp/ka..
posted by スタッフ at 00:10

2017年02月18日

再生医療(データベースの整備)

iPS細胞などを使った再生医療の発展に繋げるため、臨床研究のデータベースを整備するそうです。そして、臨床研究の計画作りへの助言や、細胞培養・加工に関する技術も指導していくそうです。 https://this.kiji.is/205268825518917112?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170217/k10010880371000.h..
posted by スタッフ at 09:04

2017年02月12日

再生医療の治療コスト評価

iPS細胞などを使った再生医療の治療コストについて、初の実態調査を始めたそうで、3年かけて報告書をまとめるそうです。理研などが3年前に行った目の難病治療では患者1人に約1億円かかったそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170210-OYTET50014/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 再生医療: http://kumw-..
posted by スタッフ at 00:20

2017年02月06日

iPS細胞(他人の細胞でパーキンソン病の治療)

先週、他人のiPS細胞を使った網膜細胞の移植の話がありましたが、他人のiPS細胞を使ったパーキンソン病の脳神経細胞の再生医療計画の記事が出ていました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170206-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASK2356DSK..
posted by スタッフ at 16:31

2017年01月13日

iPS細胞(細胞バンク)

以前にもお話が出てきていましたが、iPS細胞による再生医療に備えて、拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞から予め目の角膜の元になる細胞を保存しておく「細胞バンク」を始めるそうです。普通は移植する組織を作製するのに半年近くもかかるそうで、細胞バンクの創設によって、1ヶ月ほどで作製でき、費用削減も見込まれるそうです。 http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/260723.html#more (http://www.nhk.or.jp/) ..
posted by スタッフ at 08:45

2016年10月30日

再生医療安全性確保法で初処分

2年前に施行された「再生医療安全性確保法」に基づいての初めての処分(治療中止)がされたとの記事が出ていました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161029-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161101-OYTET50005/?ca..
posted by スタッフ at 07:51

2016年09月16日

細胞の折り紙で立体構造

4年近く前にも関連記事を紹介しましたが、細胞を折り紙のように畳んで、サイコロやサッカーボールのような立体構造を作る研究が紹介されていました。2種類の異なる細胞を同時培養し、2つの層を有する立体構造を作ることにも成功したそうで、薬品試験や再生医療への応用が期待されているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160916/k10010689191000.html?utm_int=news-culture_contents_list-..
posted by スタッフ at 18:42

2016年09月10日

iPS細胞(未変化細胞の除去方法開発)

iPS細胞を用いた再生医療で、マイクロRNAを目印にして、うまく変化しなかったiPS細胞を除去する手法が開発されたそうです。がんの誘発のリスクを減らせ、安全性向上に寄与しそうです。昨年の5月にもマイクロRNAを使った選別方法についての記事が出ていました。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H6R_Z00C16A9000000/ (http://www.nikkei.com/) http://www.kobe-np.c..
posted by スタッフ at 08:53

2016年09月02日

ヒト乾燥羊膜を再生医療用シートに

2年半くらい前に関連記事を紹介しましたが、大学発のベンチャー企業が、ヒトの乾燥羊膜の再生医療用シートの製品化に乗り出すそうです。この製品は、傷ついた角膜などに移植すると組織の再生を早めたり、脳外科手術で脳硬膜の代わりに使用できるなど、利用価値が高いそうです。日本医療研究開発機構(AMED)の推進事業にも採択されているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160902-OYTET50009/?catname=news-k..
posted by スタッフ at 11:20

2016年08月24日

心臓病の子どもの再生医療による治療の治験

「機能的単心室症」の子どもを対象として、心筋の幹細胞を培養して心臓に戻し治療する再生医療の健康保険適用を目指した治験が始まったそうです。2月に紹介した審査期間が半分に短縮される新制度「先駆け審査制度」に基づいて審査が行われる見込みだそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160824/k10010652081000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (http:/..
posted by スタッフ at 18:31

2016年08月23日

医療系ベンチャーの支援部署を新設

厚労省は、来年度、がん治療の新薬や再生医療製品などの研究開発を行う医療系ベンチャー企業を支援する部署「ベンチャー等支援戦略室(仮称)」を新設することにしたそうです。数日前にも再生医療関係企業への助成制度や革新的医療機器の早期承認制度についての記事も紹介しました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160823-OYTET50019/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yom..
posted by スタッフ at 21:18

2016年08月19日

再生医療製品化の助成制度

一昨日にも関連したニュースが出ていましたが、厚労省はiPS細胞などを使った革新的な再生医療製品を製造する中小企業を支援するために、助成制度(審査の手数料や相談費用の半額を補助)を設けるそうです。現在、審査手数料は、新製品については1200万円近くかかるそうで、審査前の審査機関への相談費用も内容によって100万円を超すということです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160818-OYTET50005/?catname=new..
posted by スタッフ at 09:20

2016年07月30日

iPS細胞(高効率で血液細胞を作製)

ヒトの皮膚の細胞などから作製したiPS細胞について、血液を作り出す効率が5倍から10倍程度高いiPS細胞を見つけ出す手がかりが見つかったそうです。献血不足などに対応する血液の再生医療に大きく役立つ可能性があるようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010613771000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/..
posted by スタッフ at 09:46

2016年07月27日

iPS細胞の安全性確保にAIを活用

iPS細胞の山中先生が、細胞の安全性の確認にAI(人工知能)を活用していく構想を明らかにしたそうです。再生医療の完全性確保が加速されることが期待されます。 http://this.kiji.is/130779303400636423?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) iPS細胞: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%..
posted by スタッフ at 06:26

2016年07月23日

自由診療の再生医療向けの保険

再生医療向けの保険については、数年前から記事を紹介してきましたが、学会と保険会社がタイアップして、自由診療で行う再生医療を対象とした新しい保険制度を11月に始めることにしたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160722-OYTET50006/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 保険+再生医療: http://kumw-me..
posted by スタッフ at 08:48

2016年07月13日

再生医療で脱毛症治療

脱毛症の治療のために、頭皮から上皮性幹細胞と間葉性幹細胞を取り出して増やすことで作製した毛包を移植する研究が始まったそうです。 http://this.kiji.is/125556074956079111?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/k10010592871000.html?utm_int=news-culture_con..
posted by スタッフ at 00:05

2016年07月01日

アメリカの再生医療クリニック

iPS細胞などをの幹細胞を使った再生医療を施すとネット上で宣伝しているクリニックが、アメリカ国内で570施設あるそうです。ほとんどの施設が、有効性や安全性が不明のままの未承認治療法を提供しており、一部は違法と見られるとのことです。 http://this.kiji.is/121282182205687288?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 再生医療: http://kumw-me.seesaa.net/p..
posted by スタッフ at 11:52

2016年07月01日

ゲノム編集で免疫不全のサル

ゲノム編集技術を使って免疫不全のサルを作製したそうです。この技術で霊長類の遺伝子を組み換えて生体機能を変化させたのは世界初だそうです。創薬や再生医療などでも病態モデルとして使われそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160701/k10010579081000.html?utm_int=news_contents_news-main_004 (http://www.nhk.or.jp/) http://www3.nhk...
posted by スタッフ at 06:45

2016年05月16日

下肢虚血患者へ細胞移植の治験

国内患者数約18万人と推定されている動脈硬化などによる重症下肢虚血の患者の治療法として、骨髄内から取り出したCD34陽性細胞を患部周辺に移植して血流を回復させる再生医療の治験が年内に開始されるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160516-OYTET50048/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.yom..
posted by スタッフ at 16:23

2016年05月11日

iPS細胞(がん化しにくい細胞)

iPS細胞のがん化を防ぐ研究が進められていますが、極めてがんになりにくいとされるハダカデバネズミの皮膚からiPS細胞を作製することに成功したそうです。先ほどの記事にも関連しますが、再生医療の安全性向上に繋がることが期待されます。 http://www.asahi.com/articles/ASJ5C21DHJ5CUBQU001.html (http://www.asahi.com/) http://this.kiji.is/102694917880808957?..
posted by スタッフ at 08:20

2016年05月11日

再生医療の臨床研究データベース

昨年秋にも関連したニュースがありましたが、今年の秋にもiPS細胞などを使う再生医療の臨床研究データベースの運用が開始されるそうです。再生医療の実用化を加速化する狙いがあるようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160510-OYT1T50095.html (http://www.yomiuri.co.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160511-OYTET50032..
posted by スタッフ at 08:15

2016年05月06日

ヒト受精卵(13日の体外培養に成功)

アメリカとイギリスの研究グループが、ヒトの受精卵を12〜13日間、体外(シャーレ内)で培養することに成功したそうです。これまでは7日間が限界と考えられていたそうです。不妊治療や再生医療への応用の可能性があるそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ5354Y6J53ULBJ002.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www3.nhk.or.jp/news/ht..
posted by スタッフ at 08:44

2016年02月11日

先駆け審査指定制度(5品目)

厚労省は、昨年4月から導入された「先駆け審査指定制度」の対象として、以下の通り、幹細胞を使って脊髄損傷の改善を図る再生医療製品など5品目を指定したそうです。去年の10月末に初回の発表がありましたね。 ▽遺伝子組み換えをしたウイルスでがん細胞を破壊して悪性脳腫瘍を治療する製品 ▽事故などで手足が動かせなくなった脊髄損傷の患者を、骨髄から採取、培養した幹細胞で治療する製品 ▽先天性の心臓疾患の小児患者を、心臓から採取した幹細胞で治療する製品 ▽腹部の手術後に起きる小腸..
posted by スタッフ at 06:56

2015年12月15日

再生医療安全性確保法の施行から1年

厚労省によると、再生医療安全性確保法の施行から1年が経ち、自由診療での再生医療が1820件に上ったそうです。患者の血液や脂肪の細胞を採取してしわとりや豊胸なお美容整形系が多いそうで、幹細胞を使うようなリスクが高めの治療は少なかったそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=127980 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/..
posted by スタッフ at 08:48

2015年12月04日

iPS細胞(工程表の改定)

文科省が、iPS細胞を使った再生医療研究の10年先までの目標を盛り込んだ工程表を公表したそうです。2013年の更新に続き、今回が2回目の改訂だそうです。8月には原案が示されていましたが、新たに毛包や歯などの5組織が加わり、対象が19に増えたそうです。ここ数年の臨床研究や治験を目指しているものも多いようです。 http://this.kiji.is/45421593567969289?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/)..
posted by スタッフ at 18:58

2015年11月22日

iPS細胞(腎臓組織作製)

ヒトのiPS細胞から腎臓の糸球体や尿細管などを作製することに成功したそうです。まだ、組織全体としては未完成のようですが、病態解明や再生医療などへの応用が期待されます。 http://apital.asahi.com/article/news/2015112100005.html (http://apital.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82..
posted by スタッフ at 19:40

2015年11月18日

再生医療製品に保険適用

厚労省が、2つの再生医療製品への保険適用を中医協に提案するそうです。承認されると「医薬品医療機器法」施行後、初めての保険適用となり、本格的に再生医療が治療に使われることになりそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151118/k10010310281000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www.sankei.com/life/news/151118/lif1511180025-n1..
posted by スタッフ at 06:58

2015年10月15日

脂肪幹細胞の増殖促進

様々な細胞に分化可能な「脂肪幹細胞」を低酸素環境で培養すると増殖が増すことがわかったそうです。再生医療への応用が期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101501000675.html (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%89%96b%8A%B2%8D%D7%96E http://..
posted by スタッフ at 08:29

2015年09月03日

初の再生医療製品

これまでにも何度も関連記事を紹介してきました「細胞シート」について、厚労省の専門家会議は、去年施行された「医薬品医療機器法」に基づく初めての再生医療製品として、国内での製造・販売を5年間の期限付きで承認することにしたそうで、今月中にも正式承認される見通しだそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150902/k10010214101000.html (http://www.nhk.or.jp) http://apital...
posted by スタッフ at 00:12

2015年09月01日

再生医療研究の支援組織

日本は再生医療分野で世界をリードしていますが、厚労省によると、そのノウハウを新たに再生医療の研究を始めたい研究者に伝える支援組織を来年度発足するそうです。また、研究方法や結果のデータベースの運用も始めるそうで、日本の再生医療に関する研究の加速化が期待されます。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=123255 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.yomiu..
posted by スタッフ at 06:10

2015年08月09日

iPS細胞(研究開発用に提供開始)

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が、2013年から備蓄し始めている医療用のiPS細胞の提供を、再生医療のベンチャーに向けて開始したそうです。時間と費用の大幅削減が可能となり、研究開発の推進に役立つようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=122154 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.nikkan.co.jp/news/nkx102015080..
posted by スタッフ at 07:30

2015年07月02日

再生医療で変形性膝関節症を治療

痛みのある膝に幹細胞を移植し、治療する再生医療の治験が今月下旬に始まるそうです。日本国内だけでも潜在的に2500万人いると推定されている変形性膝関節症の治療法につなげたいそうです。 http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070101001749.html (http://www.47news.jp/) これまでにも膝関節の治療法に関する研究についての記事がいくつかありました。 http://kumw-me.seesaa...
posted by スタッフ at 06:55

2015年05月08日

再生医療向け細胞の量産工場

再生医療向け細胞を量産する工場が建設されるとの記事。まずは、体性幹細胞だそうですが、将来はiPS細胞の生産も視野に入れているそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASH575RCDH57ULFA01F.html (http://www.asahi.com/) http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020150508cbaj.html (http://mainichi.jp/)
posted by スタッフ at 12:15

2015年05月07日

再生医療用細胞の安全性の国際基準

3月に日本の再生医療関係企業でつくる「再生医療イノベーションフォーラム」とアメリカ・ヨーロッパの業界団体「再生医療連合(ARM)」とが、提携協定を結ぶとの記事を紹介しましたが、これから医療現場で使う細胞の安全性に関する国際的な基準作りなどを目指していくことになったとの記事が出ていました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150507/k10010072131000.html (http://www.nhk.or.jp/) ht..
posted by スタッフ at 17:48

2015年04月21日

日本医療研究開発機構(重点分野の工程表)

今月発足した日本医療研究開発機構が、再生医療などの9つの重点分野の工程表を公表したそうです。来年度からはiPS細胞を使った心不全やパーキンソン病の臨床研究が始められるそうです。また、17年度までにエボラ出血熱の治療薬、診断薬、ワクチンを開発する計画とのこと。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=117549 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.se..
posted by スタッフ at 06:45

2015年04月18日

iPS細胞(創薬の共同研究)

薬関係のニュースが続きます。iPS細胞を使った心不全、糖尿病、精神疾患などの創薬の共同研究が始まるとのニュースが出ていました。再生医療とともに期待の大きい創薬での活用が進んでいくようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150417/k10010052181000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041701001966.ht..
posted by スタッフ at 06:42

2015年03月31日

再生医療の集積拠点

神奈川県川崎市の京浜臨海部(国家戦略総合特区)に、再生医療関連産業の集積拠点を整備する方針が明らかにされたそうです。「再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)」と経産省によるものだそうです。研究施設から治療施設までを集積して、有効性が認められれば更に神戸市にも同様の拠点をつくるそうです。再生医療に関係する産業やサービスと合わせて海外に売り込むことまで視野に入れているようです。 http://www.sankei.com/life/news/150331/lif150..
posted by スタッフ at 12:09

2015年03月13日

再生医療製品の日本と海外団体の提携協定

先月にも紹介した「再生医療イノベーションフォーラム」ですが、アメリカ・ヨーロッパの業界団体(再生医療連合:ARM)と提携協定を結ぶそうです。それにより、再生医療製品についての各国の制度の情報交換などを促進して、再生医療製品の開発から販売まで促進されることが期待されるようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=114606 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://k..
posted by スタッフ at 07:42

2015年02月27日

再生医療の開発センター

企業120社ほどから成る「再生医療イノベーションフォーラム」は、新年度から再生医療の製品化を進めるための拠点(開発センター)を作り始めるそうです。関連企業を一か所に集結することで、研究開発の推進、交流促進、サポートなど効率的に研究開発が進められ、より短期間で製品化まで漕ぎつけられそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112494 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) 数..
posted by スタッフ at 08:20

2015年02月24日

iPS等臨床試験センター

京都大病院は、iPS細胞を用いた再生医療の治験を実施するための「iPS等臨床試験センター」を2019年度に開設するそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112351 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 00:08

2015年02月16日

再生医療製品の後押し

経産省が、抜いた親知らずや手術で切除した軟骨細胞などを使った再生医療製品の製造を後押しすることにしたそうです。海外では既に普及しつつあり、今後、日本国内でも実現するための仕組みを作っていくようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112133 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.47news.jp/CN/201502/CN20150216010020..
posted by スタッフ at 12:05

2015年02月13日

iPS細胞(がん化のしくみ)

iPS細胞から作製した神経幹細胞を移植した際にがん化することがあり、そのメカニズムの一端が解明されたそうです。先ほどの記事にも関係しますが、より安全なiPS細胞を使った再生医療に役立つ結果と思われます。 http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021201001929.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2015021300018.h..
posted by スタッフ at 08:47

2014年12月24日

再生医療の認定医、臨床培養士

日本再生医療学会による認定医の選考に379人が合格したそうです。また、臨床培養士の資格を69名が取得したそうです。 http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122301001800.html (http://www.47news.jp/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=109976 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http:/..
posted by スタッフ at 09:08

2014年11月25日

幹細胞からネフロン

ラットの体性幹細胞を立体構造(ネフロン)にする培養技術の開発に成功したとのニュース。再生医療などに繋がることが期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112401001609.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2014112500009.html (http://apital.asahi.com/)
posted by スタッフ at 00:11

2014年11月13日

iPS細胞(早老症患者から)

早老症「ウェルナー症候群」の患者の細胞からiPS細胞の作製に成功したとの記事。糖尿病やがん、動脈硬化、骨粗鬆症などを合併する遺伝子疾患で、創薬、再生医療の研究への応用が期待されています。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111201001921.html
posted by スタッフ at 05:10

2014年10月31日

患者細胞で心不全治療

テルモ社が、心不全患者から採取した細胞を培養して治療に使用する「細胞シート」の製造販売の承認を、厚労省に申請したそうです。心筋に貼ることで機能回復が期待されるそうです。もし承認されますと、世界初の心筋再生医療製品となるそうです。 http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014103101001459.html http://www.yomiuri.co.jp/science/20141031-OYT1T50066.html?from=y..
posted by スタッフ at 18:23

2014年10月25日

培養筋肉で曲げ伸ばし

培養した筋細胞を人工関節に付けて、電気刺激を与えると指のように曲げ伸ばすことが出来たとのこと。再生医療への期待が高まります。 http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102401002066.html http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141024/k10015681391000.html (国試まで残り127日)
posted by スタッフ at 00:03

2014年10月22日

iPS細胞(心臓組織シートの作成に成功)

ヒトiPS細胞から心筋や血管など数種類の細胞でできた複雑な心臓組織シートを作成することに成功したとのニュース。心臓病患者の再生医療へ繋がることが期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102201001500.html http://mainichi.jp/select/news/20141023k0000m040093000c.html http://apital.asahi.com/article/new..
posted by スタッフ at 18:47

2014年10月18日

再生医療を担う人材育成

再生医療の普及が期待されている中、それを担う技術者を育成する団体(再生医療支援人材育成コンソーシアム)が設立されることになったそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141018/k10015499831000.html http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=106761
posted by スタッフ at 10:01

2014年09月27日

再生医療向け保険(2)

先日も関連の記事がありましたが、大手損害保険会社による再生医療向けの新しい保険の販売が、来月から始まるそうです。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H21_W4A920C1EE8000/ http://kumw-me.seesaa.net/article/405403835.html
posted by スタッフ at 05:56

2014年09月18日

iPS細胞(治療薬物質候補の特定)

iPS細胞を使って、治療薬の候補になり得る物質の特定が出来そうだとのニュース。「軟骨無形成症」の患者から作製したiPS細胞を使って病態を再現し、それに対して治療薬候補になり得る物質として、高コレステール血症の治療に使われる「スタチン」が有効そうだとの実験結果が出たようです。未だ安全性が確認されていないようですが、2年以内に臨床試験を始めたいとのこと。先日の加齢黄斑変性の患者の移植手術で再生医療への可能性が高まり、今回、治療薬開発の可能性が出てきたことになります。 htt..
posted by スタッフ at 09:00

2014年09月14日

再生医療向け保険

iPS細胞の世界初の移植手術のニュースが話題になっていますが、再生医療(専門会社)向けの国内初の保険が、来月から発売されるようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=105140 http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014091802000124.html
posted by スタッフ at 14:15

2014年08月18日

再生医療(変形性膝関節症)

高齢者に見られることが多い「変形性膝関節症」の治療法として、他人の軟骨細胞を「細胞シート」として培養・移植する臨床研究が開始されるとの記事。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=103523
posted by スタッフ at 06:18

2014年08月16日

再生医療(パーキンソン病の治療)

日本に約14万人患者がいると言われています「パーキンソン病」の治療法として、iPS細胞から作製した神経細胞を移植する「先進医療」を2018年度に開始する計画だそうです。 http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20140815000017 http://sankei.jp.msn.com/science/news/140816/scn14081613530001-n1.htm http://apital.a..
posted by スタッフ at 05:44

2014年08月16日

再生医療(健康被害の補償)

昨年成立した再生医療安全性確保法に対応して、再生医療の臨床研究で健康被害が出た場合の医療費補償などの指針を学会が発表したそうです。 http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014081601000003.html http://kumw-me.seesaa.net/article/380711334.html
posted by スタッフ at 05:08

2014年08月01日

神経細胞ネットワーク形成

嗅球にある神経細胞のタンパク質(NPAS4)が、神経細胞ネットワーク形成を促進する作用があることが明らかになったとの記事。再生医療への応用が期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014073101001363.html
posted by スタッフ at 08:48

2014年07月11日

層状構造の膵島組織

膵島細胞(α細胞、β細胞)を半固形培地で培養することで、膵島組織に特有の層状構造が形成できたとの研究の記事。再生医療に繋がることが期待されます。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140711eaah.html
posted by スタッフ at 19:35

2014年05月17日

毛細血管状のネットワーク

肝臓由来の細胞とゼリー状のチューブから自発的に毛細血管状のネットワークが形成されたそうです。再生医療で必要な酸素や栄養分の供給のためのライフラインに使えそうとのこと。 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051601001584.html
posted by スタッフ at 04:54

2014年05月07日

培養液のコスト

iPS細胞の培養のために使われる培養液の価格が従来の約1/10程度に抑えられるようになったとのニュース。再生医療の後押しになりそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140506/k10014235321000.html
posted by スタッフ at 08:13

2014年04月04日

混在を防止

幹細胞に筋肉細胞と脂肪細胞の遺伝子が混在すると分化する際にお互いの作用を邪魔して、両方の性質を持つ細胞が出来るのを防いでいることが明らかになったそうです。肥満治療や再生医療での応用が期待されているようです。 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040301001999.html http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140404eaag.html
posted by スタッフ at 09:54

2014年03月04日

細胞シート

再生医療でよく耳にする細胞シートを自動制御で製造する装置が開発されたとの記事。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140303-OYT1T00686.htm http://kumw-me.seesaa.net/archives/20131210-1.html http://kumw-me.seesaa.net/article/381985546.html http://kumw-me.seesaa.net/..
posted by スタッフ at 08:07

2014年02月21日

高強度ゲル

水中でも強度が保持されるゼリー状のゲル(ハイドロゲル)が開発されたとのニュース。再生医療での細胞の足場や人工臓器などへの応用が期待されるようです。 http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022001001985.html http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140221eaae.html
posted by スタッフ at 11:49

2014年02月14日

最長25年の特許権

経産省と特許庁は、再生医療の医薬品と関連する機器などの特許権を最長25年まで延長する方針を固めたそうです。通常の特許権は20年です。成長戦略の一環としての対応のようです。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1520140214aaat.html
posted by スタッフ at 09:59

2014年02月08日

作製効率20倍効率アップ

iPS細胞の作製効率を約20倍アップさせる方法が開発されたとのニュース。STAP細胞とともに再生医療の実用化に向けて、研究開発が精力的に続けられているようです。 http://sankei.jp.msn.com/science/news/140207/scn14020715310000-n1.htm http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140207eaaa.html STAP細胞についても、一昨日ヒトのSTAP細胞が出来た..
posted by スタッフ at 10:09

2014年01月29日

羊膜の活用

再生医療用に羊膜を活用するための企業が設立されたとのニュース。応用範囲は広いようです。 http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012901000813.html http://sankei.jp.msn.com/science/news/140202/scn14020213240001-n1.htm (国試まで残り32日)
posted by スタッフ at 08:46

2014年01月22日

効率的な作製

1年ほど前にiPS細胞から腎臓の元となる中間中胚葉の作製のニュースを紹介しました。その後の研究の成果として、コストダウン、培養期間の短縮に成功したとのニュース。これにより、再生医療への応用の可能性がさらに高くなったと思われます。 http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012201001340.html http://kumw-me.seesaa.net/article/315148437.html
posted by スタッフ at 13:26