2020年07月29日

高温多湿

連日、蒸し暑いですが、明後日くらいには梅雨が明けそうですね。山形など大雨による大きな被害が出ているようです。全国的に大雨が続き、どこで災害が起きても不思議でないような状況になっていますね。さて、今日もコロナ対策とともに熱中症の対策をしながら、体調管理して、試験対策や実習など頑張りましょう。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200729/k10012538051000.html (https://www3.nhk.or.jp/) ..
posted by スタッフ at 07:50

2020年07月14日

激しい雨

今朝は激しい雨が降っていますね。県内の大きな河川(高梁川、旭川)の上流(新見市、高梁市、真庭市)、あるいは小田川で、氾濫危険水位に達しているところもあるようですし、場所によっては土砂災害の可能性もあるようです。県北出身の皆さんの実家などは大丈夫でしょうか。周辺の用水路なども増水していますので、気をつけてください。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200714/k10012513591000.html?utm_int=news_con..
posted by スタッフ at 07:23

2020年07月13日

大雨に注意

今朝も雨が激しく降る時がありますが、西日本と東日本では、明日にかけて、大雨の恐れがあるとのことですが、このあたりも土砂災害や浸水、河川の増水、落雷、突風などに注意が呼びかけられています。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20200712/4020005934.html (https://www3.nhk.or.jp/) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200713/k10012511..
posted by スタッフ at 09:03

2020年07月07日

九州地方の豪雨

今日は七夕ですが、九州地方の豪雨は、甚大な被害をもたらしていますし、北部を中心に強い雨が続きそうですので心配です。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200706/k10012498141000.html?utm_int=all_side_ranking-access_005 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASN742HFNN74UEHF001..
posted by スタッフ at 08:07

2020年07月06日

西日本豪雨から2年

多くの犠牲者と大きな被害を出した「西日本豪雨」から今日で2年です。昨日は真備町でも追悼式が行われたそうです。現在も仮設住宅などでの生活を余儀なくされている方がも多くいるそうです。学生の皆さんの中でも実家が被災して、まだ影響を受けている人たちもいることと思います。今年も熊本の豪雨災害もあり、常に災害への備えも大切です。九州では今日も大雨が懸念されます。コロナ対策、熱中症対策と色々と気にしなくてはならないことがありますが、情報を集めながら、協力して乗り越えていきましょう。 ..
posted by スタッフ at 08:12

2020年06月10日

梅雨入り

本日、中国地方と近畿地方、東海地方が梅雨入りしたとみられると発表されたそうです。これから、大雨シーズンですので、気象情報や災害についての情報などに常に目を向けていく必要がありそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200610/k10012465231000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www3.nh..
posted by スタッフ at 12:21

2020年01月17日

阪神・淡路大震災から四半世紀

阪神・淡路大震災から今日で25年です。学生の皆さんは、まだ生まれていなかった人達がほとんど思います。近年、大きな災害が頻発していますが、当時は大変な状況でした。岡山でも震度4程度でしたし、新幹線も運休していましたので、国家試験は大阪会場から福岡会場に変更されました。災害時、臨床工学技士の役割もとても重要です。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012248491000.html?utm_int=news_conte..
posted by スタッフ at 06:33

2019年12月17日

地球温暖化(東日本の日本海側山間部で豪雪増える可能性)

COP25が終わりましたが、地球温暖化がこのまま進むと、東日本の日本海側を中心に、豪雪が増えるという研究結果が発表されたそうです。山間部で、これまでは40年に一度程度の災害級の豪雪が、8〜9年に一度に発生する恐れがあるそうです。原因としては、海水面付近の気温が上昇して、空気中の水蒸気量が増える一方で、上空の寒気の温度があまり上がらず、雪の量が増えるからだそうです。その一方で、太平洋側や日本海側の沿岸部では減るようです。これもいわゆる異常気象、気候変動ということと思われますが、..
posted by スタッフ at 07:58

2019年12月06日

在宅医療(災害への備えについてのマニュアル)

今年も台風や豪雨による被災地で、停電によって人工呼吸器、吸引器、輸液ポンプなど在宅医療で使われている機器が使えなくなり問題となりました。そうした場合への対応を示したマニュアルを作成された事例が紹介されています。臨床工学技士が貢献できるところが多そうです。 https://medical.jiji.com/topics/1454 (https://medical.jiji.com/) 在宅医療: http://kumw-me.seesaa.net/pages/u..
posted by スタッフ at 08:37

2019年11月07日

携帯電話のない高齢者にも災害情報発信

台風15号や19号で、甚大な被害を受けた千葉市で、携帯電話やスマホを持っていない高齢者などにも、緊急性の高い災害情報を伝えるために、固定電話やファックスを使って、情報を自動配信するシステムを導入し、来月から運用を開始するそうです。在宅医療においても、こうした緊急時の連絡方法は課題になりそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191107/k10012167261000.html?utm_int=news_contents_new..
posted by スタッフ at 12:32

2019年10月29日

片付けに子供を参加させない呼び掛け

台風19号の被災地で、片付けなどの作業が進められていますが、その中で子供を参加させないように呼び掛けられています。水害の被災地は、地震災害よりも、有害物質の拡散が大きく、乾燥すると飛散する恐れがあり、子供は大人よりも毒性への感受性が高いからだそうです。アメリカの小児科学会も同様の呼び掛けを行っているそうです。昨年の西日本豪雨の時には、レジオネラ症や破傷風の感染に関して、注意喚起されたそうです。 https://www.sankei.com/life/news/19102..
posted by スタッフ at 07:41

2019年10月23日

WHO(災害時の医療情報を国際的に共有)

自然災害の被災地や感染症の流行地で様々な団体が得た医療情報について、これまではバラバラに報告書が作成されていたそうですが、兵庫県淡路市で開催されたWHO(世界保健機関)の国際会議で、書式や言葉の定義などをそろえることなどで、国際的に共有しやすくするための指針を作成する議論が初めて行われたそうです。2021年の完成を目指しているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASMBL4F99MBLPLBJ002.html?iref=com_ap..
posted by スタッフ at 08:12

2019年10月17日

被災地での感染症や食中毒の対策

災害に関連した記事がたくさん出ていますが、被災地域では、感染症や食中毒などのリスクが高まり、またその他にも体調を崩しがちになるため、避難生活上の注意点などを紹介した記事が、いくつか出ていました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191016-OYTET50020/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.asahi...
posted by スタッフ at 08:44

2019年10月17日

乳幼児や食物アレルギーの子ども向けの食物の備蓄

台風などの災害時に、乳幼児や食物アレルギーがある子どもらは、一般的な災害備蓄品では、対応が困難が場合があるそうで、千葉のNPO法人が、アレルギー対応を含め粉ミルクやレトルトの離乳食などの備蓄を呼びかけているそうです。具体的な対応策なども紹介されています。 https://www.asahi.com/articles/ASMBC3HCNMBCUDCB007.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 災害時の一般的な..
posted by スタッフ at 08:32

2019年10月15日

避難所などでの心のケアの仕方

今年は台風など災害での被害が大きく、台風19号でも多くの被災者が避難所での生活を余儀なくされています。精神面で大変辛い状況にありますが、自分でできる心のケア法を紹介した記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASMBG56QYMBGUCFI003.html?iref=comtop_8_03 (https://www.asahi.com/) 精神+ケア: http://kumw-me.seesaa.net/pages/..
posted by スタッフ at 08:05

2019年10月14日

台風19号(10月14日)

台風19号の被害の状況が明らかになってきていますが、堤防の決壊による浸水の被害が大きいですね。被災した地域では、これから、またまとまった雨が降る恐れがあるそうですので、被害の拡大が心配されます。今後も、日本全国でこうした災害が頻繁に起きてくると思いますので、普段からの備えがより一層に大切になってきますね。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191014/k10012130471000.html?utm_int=news_content..
posted by スタッフ at 11:09

2019年10月12日

台風19号(10月12日)

台風19号が近づいてきていますが、こちらでも新幹線や在来線などに影響が出てきていますね。気をつけましょう。関東地方などでは大きな被害が出る恐れがあるようですが、災害時の対応は、臨床工学技士にとっても大切なことですので、医療機関の対応などのニュースも注意してみていきましょう。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012120511000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 ..
posted by スタッフ at 07:58

2019年09月24日

災害時の人工透析

台風などの災害時の臨床工学技士の役割についてですが、人工透析(血液透析)について、宮崎県透析医会災害対策理事の先生の講演を紹介した記事が出ていました。宮崎では、台風17号によると思われる竜巻被害がありましたね。 https://www.asahi.com/articles/ASM984S2HM98TNAB002.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) https://www3.nhk.or.jp/news/ht..
posted by スタッフ at 08:10

2019年09月24日

台風17号による被害

台風17号のため、九州などで大きな被害が出ました。先日の15号と同じように、竜巻などの強風による建物被害や停電、通信障害など影響が大きくなっています。今後、こうした異常気象による災害が頻繁に起きると思われますので、医療機器を管理する臨床工学技士の役割に災害時対策もさらに重要になってきますね。 https://www.asahi.com/articles/ASM9R5QF4M9RTIPE00S.html (https://www.asahi.com/) https..
posted by スタッフ at 07:57

2019年09月15日

非常時の安定した電源の確保

千葉県で大規模な停電が続いていて、自家発電機を電源として医療機器を使っているところもあり、電圧が不安定になり、機器が停止あるいは故障したりということもあるようです。臨床工学技士の方のコメントも出ていますが、毎年のようにこうした異常気象による災害や地震などがあるので、災害時に安定した電源確保も重要になってきているようです。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190914/1080007521.html (https://www3...
posted by スタッフ at 08:26

2019年09月12日

停電・断水の長期化の影響

台風15号による被害で、停電と断水が続いている千葉県で、暑さで体調を崩す人達が相次いでいるそうです。中には人工呼吸器が必要な高齢者も避難所で体調を崩して、救急搬送されるなど、停電の長期化で命に関わる深刻な状況になりつつあるようです。今後もこのような災害が想定されるので、備えの重要性がクローズアップされてくると思われます。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190912/k10012077531000.html?utm_int=news..
posted by スタッフ at 07:52

2019年09月05日

ボランティア募集中

一昨日の新見方面での豪雨による被害からの復旧作業のためのボランティアが募集されています。 新見市社会福祉協議会内の災害ボランティアセンター: 080―3880―4523、午前9時〜午後4時 https://www.sanyonews.jp/article/935559?rct=syuyo (https://www.sanyonews.jp/) http://www.shakyo-niimi.jp/
posted by スタッフ at 09:21

2019年08月31日

災害ボランティア

豪雨で大きな被害を受けた佐賀県の武雄市や大町町、多久市、小城市が、災害ボランティアセンターを設置して、今日からボランティアの受け入れを始めるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190831/k10012057671000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www.asahi.com/articles/A..
posted by スタッフ at 08:04

2019年06月22日

持ち運び可能な血液浄化装置(本学科山本准教授が貢献)

持ち運び可能な新型の血液浄化装置(血液濾過)を、山梨大や神戸大、そして本学科山本健一郎准教授などの研究チームが、開発したとの記事が出ています。電池を内蔵していて、災害時にも使えるようです。2023年までに医療機関向けの販売を始めるのが目標だそうです。将来的には、透析患者さんの在宅治療での使用も目指しているそうです。 https://www.sankeibiz.jp/business/news/190618/bsc1906180500012-n1.htm (https:..
posted by スタッフ at 09:19

2019年06月03日

災害拠点病院(3日分の水を確保)

地震や豪雨など災害時の断水による診療中断は、透析治療の中断などで大きな問題となっていますが、厚労省は、全国の災害拠点病院に対し、病院機能の維持に必要な水を少なくとも3日分を確保するように求める方針を固めたそうです。736の災害拠点病院に対しての調査で、179の病院では受水槽の容量が3日未満で、継続して水を供給できる地下水も利用していないことがわかったそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190602/k100119383110..
posted by スタッフ at 09:22

2019年05月28日

第2回岡山県臨床工学会

第2回岡山県臨床工学会の情報を頂きました。学生の皆さんも参加させて頂いて、勉強させて頂いたり、就職活動に繋げたりしてください。 ********************************** 日時:2019年6月16日(日) 10:00〜16:30(受付:9:30〜) 場所:岡山済生会総合病院 管理棟4階 さいゆうホール 参加費:会員1,000円、非会員2,000円、学生500円(弁当付き) 申込み:要、事前申し込み(2019/5/13〜6..
posted by スタッフ at 10:24

2019年03月11日

災害時の食べ物

災害時に避難場所だけでなく、食べることがとても大切になりますが、食べ物についての解説記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASM365HPPM36UBQU014.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) https://www.asahi.com/articles/ASL8X66N1L8XUEHF013.html (https://www.asahi.com/) ..
posted by スタッフ at 08:17

2019年03月11日

東日本大震災から8年

東日本大震災から8年が経ちました。まだ、2533人の行方不明者がおられ、全国で5万2千人くらいの方々が避難生活を送っているそうです。復興が進んだところもあるようですが、まだ課題が山積しているようです。これまで災害には縁がないと思っていた岡山でも、昨年、豪雨被害があり、南海トラフなど災害の可能性が高まっていて、普段からの備えも大切ですね。 https://this.kiji.is/477386531645113441?c=39546741839462401 (https..
posted by スタッフ at 06:51

2019年01月20日

腹膜透析のメリット

透析には、病院で行う人工透析(血液透析)とお腹の中の腹膜を使って透析する腹膜透析がありますが、後者についての記事が出ていました。自宅などで行えるので、災害時などでのメリットも紹介されています。 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201901/0011991663.shtml (https://www.kobe-np.co.jp/) 透析: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sear..
posted by スタッフ at 06:34

2019年01月17日

阪神・淡路大震災から24年

24年前の今日、阪神・淡路大震災が発生しました。学生の皆さんはそれ以降に生まれている人達が多いですから、印象が薄いかもしれませんが、その時はこちらでも少なからず影響を受けました。4年生の皆さんは、国試対策に追われているところですが、その年は、震災直後で関西方面へ行くことが困難でしたので、急遽、大阪会場から福岡会場に場所を変更してもらい、受験しました。災害時の臨床工学技士の役割については、何度も記事を紹介してきましたが、残りの45日に全力を傾けて、4月から活躍してください。 ..
posted by スタッフ at 07:47

2019年01月15日

人工呼吸器の患者に自家発電機の無償提供

災害時の停電対策についての記事で、東京都八王子市は、自宅で人工呼吸器を使っている患者に、自家発電機を無償で提供することにしたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM1H4DJJM1HUBQU009.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 停電: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%E2%93d..
posted by スタッフ at 16:21

2018年12月25日

災害に対する病院の準備状況

先週関連記事が出ていましたが、災害に対する病院の準備状況についての厚労省の調査結果に関する記事が出ていました。全国の災害拠点病院など主な病院の約2割が、災害時に診療機能を3日程度維持するのに必要な発電や給水設備を備えていないことが判明したそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181225-OYTET50004/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co..
posted by スタッフ at 14:11

2018年12月21日

災害時に備えて水の確保

災害が多くなっていますが、厚労省は、災害拠点病院、救命救急センター、周産期母子医療センターの計822施設を対象として、診療を3日程度維持できる水の確保を求める方針を決めたそうです。災害時に、透析液用の水の確保などが課題になりますね。 https://www.asahi.com/articles/ASLDN5GXXLDNULBJ00F.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) http://..
posted by スタッフ at 08:03

2018年12月12日

南海トラフ地震(防災対応の報告案)

政府の中央防災会議は、南海トラフ地震の発生の可能性が高まった際に出される臨時情報に関して、住民や自治体、企業が取るべき防災対応を整理し、報告書案を示したそうです。その中で、マグニチュード8級の地震が起き、さらに巨大地震が続発する可能性があるとして臨時情報が発表された場合には、被害が及んでいない地域の住民も約1週間、津波に備えて事前に避難することとしたそうです。来年にも作成されるガイドラインに従って、各自治体が防災計画を作成していくようです。よく報道されるので、知っていると思い..
posted by スタッフ at 08:41

2018年12月04日

気候変動適応法

今月から、「気候変動適応法」が施行されました。地球温暖化による自然災害や農作物の被害などを軽減するための法律です。全国を7つの地域(「北海道」、「東北」、「関東」、「中部」、「近畿」、「中国四国」、「九州・沖縄」)に分けて協議会を立ち上げ、被害を軽減するための対策、すなわち適応策を推進・強化していくそうです。丁度、昨日紹介したように、ポーランドでCOP24が開催されていますので、そちらの様子も気になりますね。 https://www3.nhk.or.jp/news/ht..
posted by スタッフ at 08:26

2018年12月03日

COP24が開幕

地球温暖化の問題がクローズアップされていますが、「COP24」がポーランドで開幕しました。地球温暖化と関連があるとされる様々な災害が続いていますので、温室効果ガスの削減などの対策強化への共通のルールが採択できるかが焦点になるようです。そして、ルールに基づいて「パリ協定」が実行されるかにかかっています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181202/k10011732051000.html?utm_int=news-culture_c..
posted by スタッフ at 10:49

2018年11月23日

温室効果ガス濃度が観測史上最高濃度に

WMO(世界気象機関)によると、去年の二酸化炭素など3種類の温室効果ガスの世界の濃度が、いずれも観測史上最高濃度になったそうです。CO2が405.5ppm、CH4が1859ppb、N2Oが329.9ppbだったそうです。気象庁によると、影響としては、大雨の頻度が増えるなど、災害リスクが高まっていて、引き続き、温暖化対策を進める必要があるとのこと。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181123/k10011720781000.html..
posted by スタッフ at 15:47

2018年11月09日

慢性疾患患者の災害時の対処法

透析患者や糖尿病患者などの慢性疾患を抱えている患者さん方について、災害などによる避難を余儀なくされたときの対処方法についての記事が出ていました。臨床工学技士も関わる大切なことですので、皆さんも読んでみてください。 https://www.sankei.com/life/news/181108/lif1811080012-n1.html (https://www.sankei.com/) 避難: http://kumw-me.seesaa.net/pages/u..
posted by スタッフ at 08:13

2018年09月14日

エコノミークラス症候群

真備町など西日本豪雨や北海道地震で避難されている方がまだたくさんおられますが、長期化する避難生活で心配なのが、エコノミークラス症候群です。災害の度に、予防についての記事が出ますが、今回も出ています。学生の皆さんは、夏休み中に時間があれば、ボランティアに行ってみてはいかがでしょう。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180913-OYTET50012/?catname=news-kaisetsu_news (https://y..
posted by スタッフ at 08:36

2018年09月11日

業務継続計画の策定状況の調査

厚労省は、全国約8400の全ての病院を対象に、業務継続計画(BCP:Business Continuity Plan)を策定しているかどうかの調査を行うことにしたそうです。BCPは、地震などの災害時に診療を続けるためのもので、それがあれば、燃料や水の確保ができたはずというところもあったためで、未策定のところには早急に作成するように促していくようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180911-OYTET50022/?ca..
posted by スタッフ at 15:45

2018年09月11日

北海道地震(停電時の対応)

北海道地震で、停電が続く状況下で、人工呼吸器を使っている患者さん達への対応などの状況を紹介した記事が出ていました。昨日も関連した記事を紹介しましたが、普段から災害時の対策をしていくことの重要性がわかりますね。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180910-OYTET50021/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 北海道地震: htt..
posted by スタッフ at 11:47

2018年09月09日

北海道地震(多数の病院で停電)

厚労省によると、北海道地震で多数の医療機関が停電していて、治療に支障が出ていて、西日本豪雨の時と同様に透析治療にも影響が出ているようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180907-OYTET50012/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.sankei.com/life/news/180907/lif1809..
posted by スタッフ at 07:34

2018年08月17日

トイレトレーラー

西日本豪雨で被災した真備町の避難所に静岡県富士市の災害派遣用のトイレトレーラーが配備されているそうです。今後も災害時に活用されそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL8H5218L8HUBQU00X.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/)
posted by スタッフ at 12:26

2018年08月08日

乳児用液体ミルク

乳児用液体ミルクの国内販売が、今日解禁されるそうです。災害時の活用や育児負担の軽減に繋げることが目的になっているようです。実際に流通するまでには、最低でも1年以上かかるとの話もあるようです。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20180808-OYT1T50034.html?from=ytop_main1 (https://www.yomiuri.co.jp/) https://www.asahi.com/articles/A..
posted by スタッフ at 08:43

2018年08月03日

西日本豪雨(破傷風に注意)

災害後の片付けなどで、注意が必要な「破傷風」についての記事が出ていました。昭和43年から定期接種が始まったそうですが、今年50歳以上になる人は、ほとんど未接種で免疫がないと見られるそうで、接種が勧められているようです。 http://www.sankei.com/life/news/180803/lif1808030013-n1.html (http://www.sankei.com/) 破傷風: http://kumw-me.seesaa.net/pages..
posted by スタッフ at 13:34

2018年07月14日

西日本豪雨(特定非常災害に指定へ)

政府は、今回の豪雨被害を「特定非常災害」に指定する方針を固めたそうです。5件目の指定だそうですが、先の4件は全て地震災害で、豪雨災害としては初めてだそうです。行政手続きの期限延長などが含まれているようです。また、今後、「激甚災害」に指定する方針も固めているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL7F7FBCL7FUTFK02V.html?iref=comtop_8_03 (https://www.asahi.com/) h..
posted by スタッフ at 09:01

2018年07月13日

西日本豪雨(DHEATが活動開始)

昨日から「災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)」の活動が始まっていますが、その様子が紹介されています。 http://www.sanyonews.jp/article/750401/1/ (http://www.sanyonews.jp/) https://www.sankei.com/affairs/news/180712/afr1807120012-n1.html (https://www.sankei.com/) https://www3.n..
posted by スタッフ at 08:46

2018年07月13日

西日本豪雨(ボランティアの情報)

11日から始まった倉敷市災害ボランティアセンターでの倉敷市民によるボランティア活動の様子、募集についての情報も出ています。本学でも大学のボランティアセンターを通じて、対応をしています。 http://www.sanyonews.jp/article/750398/1/ (http://www.sanyonews.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASL7C35KDL7CPTIL006.html (https://www.a..
posted by スタッフ at 08:35

2018年07月11日

西日本豪雨(災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)の派遣)

被災地での片づけ作業や避難生活での被災された皆さんの健康が懸念されるため、「災害派遣医療チーム(DMAT)」など専門医療チームなどによる支援活動が行われていますが、「災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)」も明日から岡山県に派遣されるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180710-OYTET50029/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co..
posted by スタッフ at 07:08

2018年06月25日

被災した病院を視察

先週の地震で被災した大阪の国立循環器病研究センターを厚労相が視察されたそうです。非常用電源による供給ができなかったり、屋上の貯水タンクが壊れてしまったり、実施が義務付けられている電源の点検がしばらく行われいなかったり、色々と問題や課題が出たようですが、その原因の究明とともに、今後予想される災害に対して、他の医療機関も参考にしていくべき点がありそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180624/k10011493881000.h..
posted by スタッフ at 09:15

2018年04月14日

熊本地震から2年

この前も島根で大きな地震がありましたが、熊本地震発生から今日で2年が経ちました。まだ仮設住宅での避難生活を続けておられる人がたくさんおられるようです。発生直後から、岡山からも「おかやまDMAT」などが派遣され、支援活動を行いました。臨床工学技士が関係する学会や研究会などでも、災害時への対応についてのセッションが設けられることがあります。学生の皆さんも、日頃からそうしたことへも目を向けておいてください。 https://www.asahi.com/articles/ASL..
posted by スタッフ at 09:31

2018年01月17日

あれから23年

阪神・淡路大震災から今日で23年です。ほとんどの学生の皆さんは、その翌年以降に生まれたと思いますが、隣りの県で起きた大地震なので、当時は大きな混乱がありました。交通は麻痺し、その年の国家試験は急遽福岡会場に変更になりました。隣りの附属病院にもヘリで患者さんが搬送されてきました。近い将来、大きな災害も予想されていますが、臨床工学技士が担う役割も大きいと思います。その時のために、コツコツ準備しておきましょう。 https://www3.nhk.or.jp/news/html..
posted by スタッフ at 06:04

2017年11月07日

COP23が開幕

地球温暖化対策について話し合う国連の会議「COP23」がドイツのボンで始まり、そこでのWMO(世界気象機関)の報告によると、今年の世界全体の平均気温は、観測史上、上位3位に入る高い気温になる見通しだそうです。この上位3つは、ここ3年で占められていることから、近年、急激に上昇傾向が強くなっているということです。 温暖化対策をさらに強化しなければ、今後50年は気温上昇が続く可能性があるとのことです。年々増加している異常気象との因果関係は、まだ断定できないようですが、それに伴..
posted by スタッフ at 08:41

2017年11月04日

温室効果ガス濃度が過去最高

3日ほど前に地球温暖化についてのニュースを紹介しましたが、世界気象機関(WMO)によると、昨年の3種類の温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素)の世界の平均濃度が過去最高値になり、特に二酸化炭素は前年からの増加量が過去最多になったことがわかったそうです。気象庁によると、短時間の大雨など災害リスクが高まりつつあり、引き続き温暖化対策が重要とのことです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171104/k10011210011000..
posted by スタッフ at 07:26

2017年10月25日

電源喪失の事例

昨年11月に災害拠点病院で集中治療室や手術室で20分に渡って停電する「電源喪失」があったそうです。普通は停電時には非常用発電が起動しますが、電力会社から規格よりも高圧の電気が送電されたことが原因で、電気そのものは届いていたので、非常用電源が立ち上がらなかったようです。人工呼吸器や透析装置を手動で対応、手術の中断などの大きな影響があったようです。こうした事例の情報共有を進めていくことで対策の一歩としていくことから始めるということのようです。様々な医療機器を使って治療をしている病..
posted by スタッフ at 08:37

2017年10月23日

公害による死者約900万人

米英など環境問題の専門家研究グループによると、2015年の1年間で大気汚染などの公害によって死亡した人は、飢饉や自然災害よりも多く、約900万人に上ったと見られるそうで、国際社会に対策を急ぐように呼びかけられていくそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171021/k10011184721000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_006 (http://www.nhk...
posted by スタッフ at 12:05

2017年07月10日

避難生活でのエコノミークラス症候群

熊本地震など他の災害の時にも関連記事が出ていましたが、九州豪雨による避難生活でも起こりうるエコノミークラス症候群の予防策についての記事が出ていました。 http://www.asahi.com/articles/ASK7951FWK79UBQU00B.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) エコノミークラス症候群: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?ke..
posted by スタッフ at 06:40

2017年07月01日

祝、受賞!

去る5月20〜21日に、第27回日本臨床工学会が青森市で開催されました。参加された卒業生の皆さんも多かったかと思いますが、そこで、本学3期生で徳島大学病院の坂東直紀さんが、「災害医療支援拠点病院における臨床工学技士の24時間当直体制の新たな役割」についての発表で、「第27回日本臨床工学会 優秀賞 BPA(JACET Best Presentation Award 2017)」の「若手奨励賞」を受賞されました。近い将来の発生が懸念されている南海トラフ巨大地震に備え、災害医療支援..
posted by スタッフ at 11:48

2017年06月14日

災害遺族の心のケア

大規模災害時に被災者の精神的ケアをするのが、「災害派遣精神医療チーム(DPAT)」ですが、遺族の心のケアをする専門家チーム「 DMORT(ディモート) 」の訓練マニュアルが公開されたそうです。例えば、遺族を傷つける可能性のある言葉として「気持ちは分かりますよ」「泣いた方がいいですよ」などが挙げられています。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170613-OYTET50012/?catname=news-kaisetsu_ne..
posted by スタッフ at 07:45

2017年04月14日

熊本地震から1年

熊本地震から1年が経ちましたが、まだ約4万7000人の方々が、仮設住宅などで避難生活を続けており、災害関連死も169名に上っていて、復興までには遠い道のりがありそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010947851000.html?utm_int=news_contents_news-main_002 (http://www.nhk.or.jp/) http://www.yomiuri.co.jp/..
posted by スタッフ at 08:55

2017年03月07日

災害時の医療活動の継続マニュアル

この前紹介した3月19日(日)に開催される第6回Y-CUPミーティングで、防災や災害時の取り組みについてのお話があるようですが、全国約700の災害拠点病院の中で、災害時に医療活動を継続するためのマニュアル(事業継続計画:BCP)を整備済みの施設が45%しかないことが分かったそうです。 https://this.kiji.is/211418849671906813?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 第6回Y-C..
posted by スタッフ at 00:20

2017年03月02日

第6回Y-CUPミーティング

岡山県臨床工学技士会の主催で、市民公開講座が開催されます。春休みですし、臨床実習でもお世話になっている施設の方々が講師をされます。先輩技士の方々のお話を伺い、交流できるチャンスでもあります。 ************************************ 【市民公開講座】第6回Y-CUPミーティング 防災意識を高めよう〜いま出来ることを考えよう〜 日 時 2017年3月19日(日)13:30~16:00 会 場 岡山県生涯学習センター 1階視聴..
posted by スタッフ at 08:44

2016年11月18日

災害時の住宅被害と認知症の関連

東日本大震災の被災地では、住まいの被害の大きいほど、高齢者の認知症の症状が悪化し、要介護度認定の点数も高くなっていたことが、日米の共同研究グループの調査でわかったそうです。住民同士の繋がりが薄れたことが、影響していたのではと見られているようです。今後のいろいろな災害時における予防策の参考になりそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010773381000.html?utm_int=news-culture_c..
posted by スタッフ at 09:49

2016年10月25日

温暖化効果ガス(過去最高の世界平均濃度)

WMO(世界気象機関)の解析によると、昨年の地球温暖化ガス(二酸化炭素CO2、メタンCH4、一酸化二窒素N2O)の世界の平均濃度が観測史上最高を記録したそうです。二酸化炭素は400ppm、メタンが1845ppb、一酸化二窒素が328ppbだったそうです。パリ協定など温暖化効果ガスを削減する積極的な取り組みが求められています。災害(水害、干ばつ、水面上昇など)、熱中症、感染症、食物(農業)など温暖化の影響は身近に見られますが、私たちも日常生活の中で減らす姿勢が大切ですね。 ..
posted by スタッフ at 06:42

2016年10月09日

人の臭い感知する自走ロボット

蚊の触角にある人の臭いを感知する受容体を組み込んだセンターを使った小型自走ロボットが開発されたそうです。災害現場での不明者の捜索などへの応用を目指しているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/161007/lif1610070032-n1.html (http://www.sankei.com/) センサー: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Z..
posted by スタッフ at 08:38

2016年08月23日

遠い血縁関係も高精度で判定

新しいDNA鑑定法が開発され、遠い血縁関係も高い精度で判定できるようになったそうです。災害時の身元確認などにも活用されそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ8B4SJZJ8BPLBJ005.html (http://www.asahi.com/) DNA: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82c%82m%82%60
posted by スタッフ at 17:18

2016年08月20日

災害時健康危機管理支援チームの養成

熊本地震でも話題になり、5月にも関連記事を紹介しましたが、厚労省が大規模災害時に公衆衛生対策のための「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT)の養成を始めたそうです。医師、保健師など5人ほどで構成し、普段から全都道府県に配置し、災害発生時に被災地で感染症対策やエコノミークラス症候群対策などを行うそうです。 http://this.kiji.is/139461780006207497?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp..
posted by スタッフ at 09:32

2016年07月07日

AMDAとの医療連携協定

大規模災害時に備えて、川崎学園と国際医療ボランティアAMDA(本部・岡山市北区伊福町)が被災者支援の医療連携協定を結びました。 http://www.sanyonews.jp/article/377499/1/?rct=iryo_fukushi (http://www.sanyonews.jp/)
posted by スタッフ at 07:26

2016年06月27日

おかやまDMATの活動報告会

熊本地震で活動された岡山県の災害派遣医療チーム「おかやまDMAT」の活動報告会があったそうです。川崎医大附属病院のチームを含む10病院13チームが活動されたそうです。有効だったこととともにいろいろな問題点もあったようで、今後の活動に向けて改善されていくようです。 http://www.sanyonews.jp/article/371671/1/ (http://www.sanyonews.jp/) 熊本地震: http://kumw-me.seesaa.net..
posted by スタッフ at 06:05

2016年05月20日

災害時の健康支援チームの養成

熊本地震でのDMATや DPATの様子が報道されていますが、厚労省が、災害時の保健医療対策を補佐を行う「災害時健康危機管理支援チーム」( DHEAT )の養成を始めることにしたそうです。役割としては、感染症対策への助言や支援者の配置・医療関連物資の供給の円滑化などだそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160519-OYTET50027/?catname=news-kaisetsu_news (https://yom..
posted by スタッフ at 08:40

2016年05月05日

被災地の子ども6万人の実態調査

熊本地震後に、その影響で、生活環境の悪化やストレスで、精神的に不安定になっている子ども達の実態調査が行われるそうです。 http://this.kiji.is/100516368577758712?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/243208 (http://www.nishinippon.co.jp/) ..
posted by スタッフ at 21:52

2016年04月28日

DPATの活動状況

数日前に「災害派遣精神医療チーム(DPAT)」の記事を紹介しましたが、これまでに30都道府県の支援チームが活動してきたそうで、その様子が紹介されています。東日本大震災の時に心のケアが後回しになった教訓から、3年前に厚労省がDPATの活動要領を定めたそうです。避難生活の長期化も見込まれるため、今後も派遣継続を求めているそうです。 http://this.kiji.is/97994944367494653?c=39546741839462401 (http://www.4..
posted by スタッフ at 00:05

2016年04月23日

被災地でのDPATの活動

災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team:DMAT)はよく知られていますが、富山、愛媛、宮城など各地から熊本の被災地に派遣された「災害派遣精神医療チーム(Disaster Psychiatric Assistance Team:DPAT)」についての記事が載っていました。 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20160423/CK2016042302000028.html (ht..
posted by スタッフ at 10:41

2016年03月14日

通常なら救命できた可能性(東日本大震災で)

東日本大震災から5年が過ぎましたが、厚労省の研究班の調査によると、岩手県と宮城県の病院で亡くなった1042人中、約13%に当たる計138人が、もし通常の医療体制であったなら、救えた可能性が高かったそうです。停電による医療機器の停止も主な原因と考えられ、災害時への対策として臨床工学技士が関与するところは多いと思われます。 http://news.mynavi.jp/news/2016/03/13/137/ (http://news.mynavi.jp/) http..
posted by スタッフ at 00:20

2016年02月24日

人間型ロボット開発への支援策

政府が、災害現場などで活躍する人間型ロボットの開発強化にテコ入れするそうです。具体的には、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が、3つの産学官のチームに支援していくようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160221-OYT1T50096.html (http://www.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%..
posted by スタッフ at 09:43

2015年11月24日

気象災害

COP21開催に先立ち、UNISDR(国連国際防災戦略)が報告書を出し、1995〜2015年に気象災害(洪水、干ばつなど)による死者が60万6千人に達したとのこと。気候変動に伴い、以前より確実に増加しているようです。 http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112401001089.html (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?..
posted by スタッフ at 08:27

2015年09月18日

災害、今日の予定

最近、豪雨、竜巻、地震、火山の噴火といろいろな災害が続きます。また、昨日、チリで起きた巨大地震の影響で、今朝は津波注意報が全国的に出ていますね。港や船舶のみならず、沿岸を走る鉄道も運転見合わせになっているところもあるようです。被害が出ないように願うばかりです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150918/k10010239961000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www.47news..
posted by スタッフ at 06:14

2015年09月12日

災害、大学行事

大雨に続いて、今朝は東京を中心に大き目の地震がありました。関東地方は立て続けですね。一昨日は、本学でも教職員による防災訓練がありました。万が一の時のための日ごろの備えは大切ですね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150912/k10010230781000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091201000961.html (..
posted by スタッフ at 06:56

2015年09月08日

電子カルテの情報共有化

厚労省は、電子カルテの情報をクラウド化して、医療機関が共同利用できるシステムを構築・管理する仕組み作りを推進するそうです。共同利用で経費節減、災害時の情報損失防止などのメリットがありそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=123536 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 18:30

2015年08月01日

透析難民の救済のため

大地震などの大規模災害時に、透析が受けられなくなった患者の対応のために、患者情報を一元管理してネットワークで繫ぐ透析支援システムを開発したとして、大阪の臨床工学技士の方の紹介記事が出ています。その他にも同様のシステム開発は行われているようですが、患者様のためにということで、このような場でも臨床工学技士が活躍されています。 http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150731/20150731018.html (http://www.nnn..
posted by スタッフ at 09:03

2015年05月24日

AMDAと徳島県医師会が協定

岡山市に本部のある国際医療NGOのAMDAを知っていると思いますが、徳島県医師会と災害時の医療支援に関する協定を結んだそうです。既に徳島県との間では協定が結ばれており、具体的な対応のために医師会との協定になったようです。やはり南海トラフ巨大地震への備えという意味合いが強そうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015052300013.html (http://apital.asahi.com/)
posted by スタッフ at 05:33

2015年04月14日

健康社会宣言

昨日まで京都で開かれていた日本医学会総会で、「健康社会宣言」が提言され、課題として、安心して出産、子育てができる環境整備、高齢者の充実した生活確保、自然災害への対処などがあげられたそうです。そして、予防医学の重視、基礎医学の成果の臨床応用までの体制整備などを目標に掲げたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041301001632.html (http://www.47news.jp/) http://apital..
posted by スタッフ at 08:05

2015年03月16日

ドクターヘリ(災害時のガイドライン)

東日本大震災で、ドクターヘリが有効な活動ができなかったケースが相次いだことから、一人でも多く救うために災害地域の自治体の承認がなくても、厚労省の要請で24時間以内に300キロ圏内のヘリが現場に向かうなどのガイドラインが作成されたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150316/k10010016641000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/a..
posted by スタッフ at 07:36

2015年02月25日

帰宅困難者の一時滞在施設

首都直下地震などの災害時に帰宅困難者のための一時滞在施設について、国と東京都が運営のガイドラインを改定したそうです。想定される帰宅困難者約92万人に対して、受け入れ施設が19万人分とまだ圧倒的に不足していることから、事故や体調不良などに対して免責事項などを決めて、受け入れ易くするようです。同様のガイドラインが、南海トラフ巨大地震など他の災害時にも適用していくようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015022400044...
posted by スタッフ at 08:40

2015年01月21日

地球温暖化の影響の予測

環境省の審議会による地球温暖化の影響についての予測の報告書の案がまとめられたそうです。米の品質低下(一等米の割合が低下)、大雨や猛烈な台風など自然災害の増加、熱中症など暑さによる死亡リスクの増加、昨年問題になったデング熱などの拡大などが挙げられているそうです。健康面だけでなく、経済的な影響もあり、今後の対応策が急がれます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150120/k10014816211000.html (http://www..
posted by スタッフ at 08:41

2014年12月04日

観測史上最高の年間平均気温

先ほどの記事とは対照的に思われる記事ですが、WMO(世界気象機関)が、2日からペルーで開催されているCOP20(地球温暖化対策を話し合う国連の会議)に合わせて、今年の年間平均気温が観測史上最高になる可能性が高いと発表しました。より一層の温暖化対策が急務となっています。極端に変化する天候など災害にも繋がっており、世界的な取り組みがどこまで進展するか注目されます。また、私たちも省エネなどの身近なところで出来ることをやっていくことが求められます。 http://www3.nh..
posted by スタッフ at 06:00

2014年10月23日

エコノミークラス症候群(10年経過後も)

8月の広島での土砂災害時の避難所で、エコノミークラス症候群(肺血栓そく栓症)になる人の割合が高かったとの記事を紹介しましたが、丁度10年前に起きた「新潟県中越地震」で避難生活でエコノミークラス症候群による死者が出て問題になったことがあります。しかし、新潟大学の検診によると、今でも症状に悩んでいる人々がおられるそうです。最近、災害が続いていますし、避難所の環境作りが大切と訴えています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141023/t1..
posted by スタッフ at 06:23

2014年09月09日

エコノミークラス症候群(2)

広島市の土砂災害で避難所にいる方々の中で、約1割に血栓が見つかったそうです。これは、一般対象の検査の結果に比べて、2.3倍だそうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2014090800019.html http://kumw-me.seesaa.net/article/404439270.html
posted by スタッフ at 07:45

2014年08月28日

気候変動の健康への影響

WHOは、地球温暖化による気候変動がこのまま進行すると公衆衛生にも大きな影響を与え、現在と比べて、2030〜50年の間に感染症や熱中症などによる死者が年間25万人増加するとの予測を出したそうです。最近の災害をもたらしている異常気象も何らかの影響を受けているとの見方もあり、地球規模での対策が求められています。 http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014082801000778.html
posted by スタッフ at 08:29

2014年08月28日

エコノミークラス症候群

広島市内で起きた土砂災害で避難されている方々の中で、避難所であまり動かないためにエコノミークラス症候群を発症する心配があるということで、検診などが行われているようです。以前の災害時にそうした事例があったということです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140827/n65936010000.html
posted by スタッフ at 00:08

2014年08月09日

大規模災害医療チーム

大規模災害時、医療チームが素早く対応できるよう支援するための検討チーム(厚労省、防衛省、海保庁)を来月設けることになったそうです。台風11号も大きな災害にならないといいですが。 http://apital.asahi.com/article/news/2014080800005.html
posted by スタッフ at 08:57

2014年08月08日

台風11号

台風11号が日曜日あたりに最接近しそうな予報になっています。岡山もこれまでにかなり雨が降っていますので、土砂災害が起こりやすくなっていると考えられる場所がありそうです。その他にも大潮が近く、浸水や冠水の心配もあるようです。もう夏休みに入る人たちも多いかと思いますが、気を付けてください。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140807/t10013627971000.html http://www3.nhk.or.jp/news/h..
posted by スタッフ at 00:02

2014年03月11日

あれから3年

東日本大震災から3年が経ちました。思うように復興が進んでいないところが多いようですが、一日も早い平穏な生活が戻ることを願うばかりです。また、薄れつつある震災の教訓を活かして、南海トラフ地震など災害への備えへと繋げていくことも大切ですね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140311/t10015875501000.html http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140311/t10015877341..
posted by スタッフ at 08:59

2013年10月16日

台風26号

台風26号が日本列島に近づきつつあります。岡山の方は直撃はないようですが、次第に接近しているようで、県北の方では暴風警報が出ているところがあり、土砂災害などにも注意が必要なようです。 http://www.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025283631.html?t=1381846789860
posted by スタッフ at 00:03

2013年09月04日

大雨警報と洪水警報

台風17号による前線への影響もあって、昨日あたりから激しい雨が降り、雷も鳴っていますね。岡山県も大雨警報と洪水警報が出ていますので、土砂災害や洪水の危険性が高くなっているということで気をつけましょう。大学近辺でも農業用水が多く、増水しているので注意が必要です。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130904/t10014268441000.html http://www.nhk.or.jp/lnews/okayama/402424..
posted by スタッフ at 11:28

2013年08月25日

激しい雨

相変わらず激しい雨が続いていますね。中国地方は河川の氾濫や土砂災害が心配されます。岡山でもあちこちで大雨警報が出ています。 (ME2種まで14日)
posted by スタッフ at 07:44

2013年06月24日

病院船

災害時などに海上で治療にあたるための「病院船」の導入に向けての準備として、海上自衛隊の艦船に医療機材を積載して実証実験をする予定だそうです。 http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062301001870.html
posted by スタッフ at 00:05

2013年04月17日

PTSD

災害や事件などで被害者がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ったというような話を聞いたことがあると思いますが、コレシストキニンというホルモンの影響で悪化する可能性があることがわかったそうです。治療法の開発などに繋がる結果として注目されています。 http://mainichi.jp/select/news/20130416k0000m040075000c.html
posted by スタッフ at 06:53

2013年03月11日

未だに増加

東日本大震災の被災者で岡山県内への避難者が未だ増加しているそうです。温暖な気候や災害が少ないなどが理由のようです。岡山に住んでいると気がつかないかもしれませんが、他の地域から見るととても住みやすい場所なんですね。しかし、実際の生活の上で悩みを抱えているケースもあるようで、周りからのサポートも大切なようです。 http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013031020583954/
posted by スタッフ at 21:37