2019年09月03日

AED(啓発活動の様子)

AEDについては、設置場所を示す統一マークを作成したという記事を1カ月ほど前に紹介しましたが、AEDが一般の人でも使えるようになってから15年が経過し、国内で約60万台が設置されているそうです。しかし、必要な時に使われないまま、亡くなった子どももいて、遺族の皆さんが、使用の啓発活動を続けている様子を紹介した記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASM893672M89PTFC001.html?iref=com_api_med..
posted by スタッフ at 08:04

2019年08月19日

子ども達の支援についてのガイドブック

本学の中にも「子ども食堂」など、支援活動に関わっている教員や学生達がいますが、そうした活動を始めたい個人やグループ向けに岡山市社会福祉協議会によるガイドブックが作成されたそうです。 https://www.sanyonews.jp/article/929797/ (https://www.sanyonews.jp/) 埼玉での取り組みについての記事も出ていました。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/lis..
posted by スタッフ at 08:16

2018年10月04日

医療的ケア児の支援コーディネーター

厚労省の調査で、医療的ケア児を支援するコーディネーターを配置している市区町村は、全国1741の中で約1割の202に留まっていて、人数は、341人だったそうです。医療的ケア児とは、難病などのため、医療行為を伴うケアを受けながら自宅で生活する子どものことで、人工呼吸器が必要であったり、痰の吸引を必要とする例が挙げられています。こうした子ども達は、2016年時点で、推計で全国に約1万8300人いるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/artic..
posted by スタッフ at 08:38

2017年06月20日

子どもの虫歯と親の学歴

2001年生まれの子ども約3万5千人を調査したところ、子どもの虫歯の割合が、親の学歴によって差があり、成長に連れて、さらに差が広がるという結果が発表されました。家庭環境と健康格差との関係性を示しており、公的支援の必要性が指摘されています。 http://www.asahi.com/articles/ASK5S73BKK5SUBQU01W.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 虫歯: http://kumw-..
posted by スタッフ at 07:21

2017年05月09日

子どもの健康づくり(生活保護世帯)

厚労省が生活保護世帯の子どもに対する健康づくり支援に乗り出すそうです。子どもの貧困の問題が注目されていますが、こうした子ども達には肥満や虫歯が多く、生活習慣病の発症のリスクも高いとして、適切な生活習慣を身につけられるように指導し、健康維持と医療費抑制に繋げることが目標のようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170509-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://y..
posted by スタッフ at 12:35

2016年12月02日

休眠預金活用法案

毎年約1千億円の休眠預金(10年以上お金の出し入れのない預金)があるそうで、その一部を難病の子どもの家族支援や児童養護施設の子どもの進学支援などに活用できるようにするための「休眠預金活用法案」が今国会で成立する見通しになったそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJD155T8JD1ULFA01Y.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www.sankei.co..
posted by スタッフ at 07:04

2016年04月28日

DPATの活動状況

数日前に「災害派遣精神医療チーム(DPAT)」の記事を紹介しましたが、これまでに30都道府県の支援チームが活動してきたそうで、その様子が紹介されています。東日本大震災の時に心のケアが後回しになった教訓から、3年前に厚労省がDPATの活動要領を定めたそうです。避難生活の長期化も見込まれるため、今後も派遣継続を求めているそうです。 http://this.kiji.is/97994944367494653?c=39546741839462401 (http://www.4..
posted by スタッフ at 00:05

2016年04月25日

がん対策基本法の改正案

がん対策基本法の改正案がまとめられて、今国会に提出されるそうです。20歳から64歳まででがんにかかる人が年間およそ26万人に上るそうで、事業主に、がん患者の雇用継続への配慮、子どもを含むがん患者が必要な教育と治療を円滑に受けられる環境整備のため、国と自治体に対して必要な施策を講ずることなどを求めているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160425/k10010497061000.html (http://www.nhk.o..
posted by スタッフ at 07:05

2016年04月18日

被災したアレルギー疾患の子ども達への支援

地震の被災者の中、ぜんそく、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などの子ども達の対応について、学会などが情報を出しているようです。また、ネットでの相談窓口が設けられたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ4K5SJ0J4KULBJ00R.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160419-OYTET..
posted by スタッフ at 06:42

2015年11月10日

がん患者とその子ども達

がんと診断を受けた時に18歳未満の子どもがいる患者さんが、年間5万6143人に上るとの推計値が発表されたそうです。治療だけでなく、こうした子ども達などへの支援策も求められているとのこと。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=126138 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=..
posted by スタッフ at 00:23

2014年11月05日

エボラ出血熱(シエラレオネの深刻な状況)

国境なき医師団によると、ここ数週間シエラレオネで患者が急増していて深刻な状況になっているそうです。助けを求める患者への対応がほとんど出来ておらず、親を失った子どもも急増しているそうです。国際支援が求められています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141105/k10015945421000.html
posted by スタッフ at 12:15

2014年11月03日

エボラ出血熱(孤児が募金活動)

先日紹介したようにエボラ出血熱による孤児が少なくとも3700人いるそうですが、ギニアで孤児のための募金活動が行われ、孤児自らも街頭募金を呼び掛けたそうです。自宅がなく学校に寝泊まりしていたり、自ら授業料や本を買う費用を集めるために参加したりと孤児達の窮状も紹介されています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141102/k10015895121000.html http://kumw-me.seesaa.net/article/..
posted by スタッフ at 06:53