2019年05月27日

摂食障害(歯の状態の問題)

摂食障害の患者は、全国で数十万人いるそうですが、その中には食べ吐きする時の胃酸で歯が溶けて失われるなどの歯の状態に問題がある場合が多いそうで、歯科医師や心療内科、精神科が協力して、治療にあたって行こうという取り組みが進んでいるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190526/k10011929341000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003 (https://..
posted by スタッフ at 07:56

2015年08月23日

拒食症(脳の容積、顔への過剰意識)

摂食障害の一種である拒食症は、治りにくい疾患として知られていますが、10代で拒食症になった女性では、欲求や衝動のコントロール、行動の抑制などを司る脳の一部「下前頭回」の容積が小さくなっていたそうです。精神療法だけでなく、この部分の容積を元に戻すことで治療に繋がることが期待されているようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20150822-OYT1T50021.html?from=ytop_ylist (http://www.yom..
posted by スタッフ at 06:55

2013年09月29日

過食のしくみ

ネズミを使った実験で、視床下部の近くにある「BNST」という神経中枢が食欲を刺激することがわかったそうです。過食や摂食障害の治療への応用が期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130929/k10014889431000.html (国試まで154日)
posted by スタッフ at 10:40