2020年03月18日

がん(10年後の生存率が57.2%)

国立がん研究センターなどの研究班が、2006年までの4年間に全国の19の主ながん専門病院で診断された8万人あまりのデータを分析した結果、がん患者の10年後の生存率は、全体で57.2%だったそうです。 がんの種類別(高い順): ▼前立腺がんで97.8% ▼女性の乳がんが85.9% ▼甲状腺がんが84.1% ▼子宮体がんが81.2% など がんの種類別(低い順): ▼すい臓がんは5.3% ▼肝臓がんが15.6% ▼胆のうがん・胆道がんが18.0% ▼..
posted by スタッフ at 08:30

2019年12月14日

がん患者の5年後生存率

全国のがん患者の5年後の生存率の最新データが、国立がん研究センターから発表されました。全体で66.4%とのこと。種類別では、高い順に、前立腺がんが98.8%、乳がんが92.2%、子宮体がんが82.2%、咽頭がんが80.6%、腎臓がんが80.1%、子宮頸がんが75.0%、大腸がんが72.6%、胃がんが71.4%、膀胱がんが68.4%だそうです。一方、低い方では、膵臓がんが9.8%、胆のうがんが29.3%、肝臓がんが40.4%、肺がんが41.4%、食道がんが45.7%、腎盂尿管が..
posted by スタッフ at 15:57

2019年12月12日

食道胃接合部がん

食道胃接合部がんが、最近増えているそうで、解説記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASMCZ7TDJMCZULBJ002.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 食道がん: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90H%93%B9%82%AA%82%F1 胃がん: http://kum..
posted by スタッフ at 08:12

2019年12月08日

ロボット手術(前立腺がん)

手術支援ロボットのダヴィンチ(ダビンチ)による手術が、保険適用されるがんには、前立腺がん、腎臓がん、縦隔がん(悪性腫瘍、良性腫瘍)、肺がん(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)、食道がん、胃がん、直腸がん、膀胱がん、子宮体がんがありますが、シリーズで解説記事が出ています。まず、前立腺がんについて解説されています。 https://www.asahi.com/articles/ASMCJ4S6GMCJULBJ001.html?iref=com_apitop (https:/..
posted by スタッフ at 08:18

2019年01月08日

食道がん(遺伝子解析で仕組み解明)

がん関係の記事が続きます。飲酒や喫煙によって、食道がんの発症リスクが上昇することは知られていましたが、その詳しい仕組みが、遺伝子解析で解明されたそうです。飲酒、喫煙歴の両方が長い人ほど、発がんに関わる「NOTCH1」や「TP53」という遺伝子で頻繁に変異が起きているそうです。とにかく、予防のために酒やタバコを控えることが重要とのこと。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190107-OYTET50055/?catname=ne..
posted by スタッフ at 08:16

2018年11月24日

人工知能で胃がんの診断支援

食道がんに続いて、胃がんについての記事で出ていました。人工知能(AI)による胃がんの診断支援システムの試用運用が今年度中に開始されるそうです。このシステムはAMED(日本医療研究開発機構)からの補助金を得て開発されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181122-OYTET50037/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 食道..
posted by スタッフ at 08:51

2018年11月24日

食道がん

食道がんになりやすい人、検査、治療法、食事についての注意点などについての解説記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASLCQ5HKCLCQUBQU017.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 食道がん: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90H%93%B9%82%AA%82%F1
posted by スタッフ at 08:47

2018年10月25日

再生医療(細胞シートで食道狭窄治療)

食道狭窄の治療として、患者自身の口腔粘膜から培養した「細胞シート」を移植する臨床研究が、沖縄の病院で実施されているそうです。再生医療を食道狭窄の治療に用いる研究としては、世界初だそうです。 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-823769.html (https://ryukyushimpo.jp/) 食道: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90H%9..
posted by スタッフ at 08:17

2018年09月12日

がん患者の3年生存率

国立がん研究センターによると、平成23年に全国の「がん診療連携拠点病院」でがんと診断された患者の3年後の生存率は、がん全体で71・3%だったそうです。がんの種類別では、肺がんが49・4%、食道がんが52・0%、肝臓がんが53・6%と比較的低く、前立腺がんは99・0%、乳がんは95・2%、子宮体がんは85・5%と比較的高かった。そして、膵臓がんは15・1%に留まっていたそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180912/lif1809..
posted by スタッフ at 08:50

2018年06月29日

光線力学療法による食道がんの治療

光線力学療法(PDT)による食道がんの治療についての記事が出ていました。 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180629-284274.php (http://www.minyu-net.com/) http://kumw-me.seesaa.net/article/419634619.html
posted by スタッフ at 13:28

2018年04月19日

オプジーボの適用範囲の拡大申請

高額ながん治療薬として、何度も関連記事を紹介してきたオプジーボですが、今年度中に、食道がんと肝細胞がん、小細胞肺がんへの保険適用の申請が予定されているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180418/lif1804180032-n1.html (http://www.sankei.com/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83I%..
posted by スタッフ at 07:11

2018年04月06日

胃液産生の仕組み

強い酸性の胃液(強い塩酸)が作られる仕組み(胃プロトンポンプの構造)が、明らかにされたそうです。胃酸過多による胃潰瘍や逆流性食道炎などの新しい治療薬の開発に繋がる研究成果と見られているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASL4366C2L43OIPE026.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/..
posted by スタッフ at 08:11

2018年02月16日

がんの5年生存率の国際比較研究

2000〜14年の15年間に71の国と地域で診断されたがん計3750万症例を対象にしたがん5年生存率の国際比較研究の結果が発表され、日本は肺がんと食道がんで首位だったそうです。胃がんもトップではなかったものの、高値だったそうです。一方、リンパ腫や白血病など血液がんでは低い値だったそうで、「日本に多い白血病の種類は予後が悪い可能性がある」とのこと。先ほどの「がんゲノム医療」が進展するとさらに改善すると期待されますね。 http://www.sankei.com/life/..
posted by スタッフ at 08:42

2016年11月30日

早期食道がん(禁酒で再発が半減)

早期の食道がんの治療後に、禁酒することで再発率を半減できることがわかったそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJCQ5RPRJCQUBQU003.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 食道がん: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90H%93%B9%82%AA%82%F1
posted by スタッフ at 21:10

2016年10月19日

8種類のがん(肥満によってリスクが高まる)

WHOの専門機関である国際がん研究機関(IARC)によると、肥満によってリスクが高まるがんとして、これまでの大腸、食道、腎臓、子宮内膜など6種類に加えて、胃の噴門、肝臓、膵臓、卵巣、甲状腺などの8種類が追加されたそうです。2014年時点で、世界で約6億4千万人の成人が肥満と推計されているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/161019/lif1610190024-n1.html (http://www.sankei.com/) ..
posted by スタッフ at 13:25

2015年12月05日

食道再生上皮細胞シート

食道がん患者の治療向けに開発されている「食道再生上皮細胞シート」の治験届が出されたそうです。今後、臨床試験、PMDAの承認申請を経て、2019年にも発売する計画のようです。 http://www.sankeibiz.jp/business/news/151205/bsl1512050500001-n1.htm (http://www.sankeibiz.jp/top.htm) http://www.asahi.com/articles/ASHD446QTHD4U..
posted by スタッフ at 09:05

2015年05月27日

再発食道がんの新治療法

食道がんが再発した場合、これまで長期生存は難しかったそうですが、薬剤とレーザー照射治療(光線力学療法)を使った治療により、対象者の88%からがんが消失したとのこと。 http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052601001975.html (http://www.47news.jp/)
posted by スタッフ at 06:30

2015年04月10日

破壊ウイルスと放射線治療の併用でがん治療

がん細胞だけを破壊するウイルス(テロメライシン)の投与と放射線治療との併用で食道がんが縮小、消失する可能性があることが明らかになったそうです。 http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041001001869.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2015041100024.html (http://apital.asahi.com/..
posted by スタッフ at 20:45

2015年03月12日

尿の臭いで診断

先週、食道がん患者の呼気に特有の臭い(成分)があるという記事を紹介しましたが、尿の臭いを線虫にかがせて、その反応から高い精度でがんの有無の判定ができることがわかったそうです。非常に安価で簡便な早期がんの診断方法にできそうだとのことです。 http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031101001801.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/new..
posted by スタッフ at 05:41

2015年03月06日

食道がん患者の呼気成分

食道がん患者の呼気中に特定の物質(2―ブタノン、酢酸、アセトン、アセトニトリル)が多く含まれていることがわかったそうです。その理由はよくわかっていないそうですが、簡便な検査方法になり得るかどうか注目されます。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112739 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 00:07