2020年02月26日

自閉症(関連遺伝子の突然変異が原因に)

新型コロナウイルスの感染拡大に関するニュースばかりが続いていますが、自閉症に関わる遺伝子「POGZ(ポグジー)」が突き止められたとの記事が出ていました。この遺伝子は、脳の正常な発達に必要なものだそうで、突然変異によって神経細胞の成長が妨げられることが、確認されたそうです。この研究成果が、治療薬の開発に繋がることが期待されています。 https://mainichi.jp/articles/20200226/k00/00m/040/360000c (https://ma..
posted by スタッフ at 22:59

2020年02月05日

iPS細胞(移植後のパーキンソン病3人の経過順調)

iPS細胞から作製した神経細胞を移植する臨床試験が、京都大学で進んでいますが、これまでに移植を受けた3人の患者は、目立った副作用は見られず、順調な経過を辿っているそうです。来年度にはさらに4人の患者に移植する予定で、保険適用のための国の承認を目指しているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200205/k10012272871000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_..
posted by スタッフ at 08:27

2019年11月28日

パーキンソン病(新しい治療法の治験)

パーキンソン病で異常を起こしている神経細胞を超音波で焼き切る治療法の治験が開始されたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191128/k10012194421000.html?utm_int=news_contents_news-main_004 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20191128/2000022850.html ..
posted by スタッフ at 17:48

2019年09月20日

夢の記憶を抑制する神経細胞

夢の記憶を残りにくくする神経細胞(MCH神経細胞)が、脳内にある可能性が明らかにされたそうです。夢と現実が混同しないように備わっているのではないかと推測されているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190920/k10012090601000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www...
posted by スタッフ at 08:23

2019年08月31日

培養脳に神経活動を確認

アメリカの研究チームが培養した脳を作製し、人の脳に類似した電気的活動が初めて検出されたという論文が発表されたそうです。作製に成功した要因が2つあり、培地製法の最適化などを含む幹細胞培養過程の向上と、神経細胞に発達のための十分な時間を与えることだそうです。この「培養脳」に意識があるかどうかは、まだ明らかではないそうです。今回の成功によって、神経学的状態のモデル化、さらには大脳皮質の発達に関する根本的理解が進むことが期待されているようです。 https://www.afpb..
posted by スタッフ at 12:43

2019年07月09日

iPS細胞(ALSを誘引する遺伝子を特定)

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者と健常者のiPS細胞を用いた研究で、ALS患者の運動神経細胞(運動ニューロン)に異常を惹起する遺伝子(Fos−B)が、新たに特定されたそうです。病態の解明とともに、治療薬の開発に繋がることが期待されます。 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190709_13024.html (https://www.kahoku.co.jp/) iPS細胞+ALS: http://kumw..
posted by スタッフ at 17:40

2019年05月11日

神経前駆細胞を増加するタンパク質

老化に伴って新たに作られる脳の神経細胞の数が減る原因として、p38というタンパク質が神経前駆細胞を増加させる役割を果たしていることが明らかになったそうです。このタンパク質の減少を抑制できれば、認知症などの原因とされる脳の萎縮(脳室の拡大)が抑制できると見られているようです。 https://mainichi.jp/articles/20190510/k00/00m/040/028000c (https://mainichi.jp/) https://www.ke..
posted by スタッフ at 09:00

2019年05月08日

甘味を伝える神経細胞

甘味を伝える神経細胞が、マウスの脳幹で発見されたそうです。哺乳類の脳で味覚の伝達神経が発見されたのは、初めてだそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190508/lif1905080010-n1.html (https://www.sankei.com/) https://mainichi.jp/articles/20190509/ddm/012/040/049000c (https://mainichi.jp/) ..
posted by スタッフ at 07:52

2019年04月19日

高齢でも脳神経細胞が生成

87歳の人でも脳内で神経細胞(ニューロン)が新しく生成していることがわかったそうです。それに対して、アルツハイマー型認知症と診断された人たちでは、新しく生成するニューロンが急減していたそうです。従って、アルツハイマーと加齢が脳に与える影響は、それぞれ別のものと考えられるそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM4M35P6M4MULBJ007.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://ww..
posted by スタッフ at 19:13

2019年01月10日

免疫細胞から神経細胞を作製

脊髄損傷治療については、年末にも再生医療製品の記事を紹介しましたが、免疫細胞を変化させて神経細胞を作製することに成功したとの記事が出ていました。脊髄損傷や脳梗塞で損傷を受けた神経を修復する治療法の開発に繋がることが期待されているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM197SY7M19ULBJ014.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 免疫細胞: http://ku..
posted by スタッフ at 08:27

2018年12月13日

脳梗塞(神経細胞の移動促進で回復)

脳梗塞のラットの実験で、新しい神経細胞が移動できるように促す特定のタンパク質を多く分泌できるようにした神経細胞を移植したところ、細胞の移動を妨げていた肥大したアストロサイトが形を変えて、神経細胞が移動しやすくなり、運動機能が回復したそうです。脳梗塞の治療法の開発に繋がることが期待されます。 https://www.asahi.com/articles/ASLDF4DCLLDFUBQU00K.html?iref=com_apitop (https://www.asahi..
posted by スタッフ at 18:36

2018年12月07日

未知の細胞を発見

人間の大脳皮質から、これまで存在の知られていなかった細胞が発見されたそうです。膨らんだ形がバラの実に似ているとして、「ローズヒップ・ニューロン」(バラの実神経細胞)と名付けられましたが、役割は不明で、精神疾患の研究に繋がる可能性があるそうです。また、この細胞はマウスなどの実験動物の脳では見つかっておらず、人間のみに存在する可能性が高いようで、人間と他の動物の脳との違いなどの解明に繋がるかもしれないようです。 https://www.asahi.com/articles/..
posted by スタッフ at 17:20

2018年11月14日

iPS細胞(脊髄損傷の治療の臨床研究)

iPS細胞から神経の元となる細胞を作製し、重症の脊髄損傷患者に移植する臨床研究が承認される見通しになったそうです。学内の審査ですので、これから国に申請し、順調に進めば来夏にも開始されるようです。先週、iPS細胞から作製した神経細胞をパーキンソン病の患者の脳に移植した臨床試験のニュースが注目されましたが、次第に色々な分野で臨床応用に向けた段階に進んできているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASLCF62CDLCFULBJ02W.h..
posted by スタッフ at 08:10

2018年11月09日

iPS細胞(世界初の神経細胞の脳への移植)

iPS細胞から作製した神経細胞をパーキンソン病の患者の脳に移植したそうです。世界初の手術だそうで、臨床研究ではなく、保険適用を目指した臨床試験(治験)計画の一環だそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181109-OYTET50021/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.yomiuri.co.jp/sci..
posted by スタッフ at 14:51

2018年10月09日

アルツハイマー病(遺伝子治療でマウスの記憶力が回復)

アルツハイマー病の遺伝子治療の研究で、マウスの実験で低下した記憶力が回復したそうです。神経細胞を死滅させる「アミロイド βベータ 」が蓄積し始める前に、シナプスの産生を促進するタンパク質が減少することを突き止め、このタンパク質を作る遺伝子をアルツハイマー病のマウスに投与したところ、シナプスが作られ、記憶力が回復したそうです。今後、治療法として開発が進むことが期待されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181009-OYT..
posted by スタッフ at 22:28

2018年08月17日

パーキンソン病(既存薬で治療効果)

パーキンソン病の治療薬として、現在皮膚がんの治療に使われている薬(ダブラフェニブ)が、脳の神経細胞の減少を抑制する効果がありそうだとする研究結果が発表されたそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180817/lif1808170007-n1.html (http://www.sankei.com/) パーキンソン病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=..
posted by スタッフ at 17:52

2018年07月31日

iPS細胞(パーキンソン病患者の臨床試験計画)

昨日のニュースに関する記事が出ていました。対象は50〜69歳の患者7人で、iPS細胞からドーパミンを分泌する神経細胞を作製し、計約500万個を左右の脳内に特殊な注射針で移植するそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180731-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) iPS細胞: http://kumw-me..
posted by スタッフ at 18:26

2018年07月30日

iPS細胞(パーキンソン病の臨床試験)

iPS細胞から作製した神経細胞を使って、パーキンソン病患者の治療の臨床試験(治験)が始まるそうです。iPS細胞による臨床応用は、目、心臓に続き、3つ目になるとのこと。 https://www.asahi.com/articles/ASL7Y7WKGL7YUBQU00C.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k100115557..
posted by スタッフ at 07:52

2018年06月03日

ALS(異常タンパクの除去方法を開発)

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の一因と見られ、患者の神経細胞に異常な状態で蓄積するタンパク質の「TDP―43」を除去する方法が開発されたそうです。具体的には、異常なタンパク質にだけ付き、分解を促す物質が開発されたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL5Y5T5PL5YPLBJ003.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) http://www.yo..
posted by スタッフ at 07:59

2018年04月06日

高齢でも脳の神経細胞が増加

人の脳の神経細胞は、これまで大人になると増加しないと考えられてきましたが、アメリカの研究グループから、年齢を重ねても(海馬の中で)新しい細胞が生まれていることが明らかにされたそうです。ただし、神経細胞に栄養を運ぶ血管が、年齢が高いほど少なく、細胞が成熟しにくい状態にあるようです。将来は、認知症などの治療法の開発にも繋がる成果と見られているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180406/k10011392641000.htm..
posted by スタッフ at 08:19

2017年11月02日

iPS細胞(運動神経細胞の集合体を作製)

人のiPS細胞から運動神経細胞の集合体の作製に成功したそうです。これまで単体の細胞の作製に成功した事例はありましたが、集合体での作製はなかったそうです。学生の皆さんは、講義で習ったように、軸索などから構成され、すなわち集合体で機能していますので、集合体の作製に成功したことで、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの神経難病の原因解明や治療法の開発に繋がることが期待されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171101-OYTET..
posted by スタッフ at 07:45

2017年09月13日

パーキンソン病の進行抑制物質2種類

パーキンソン病の治療法の開発については、iPS細胞を使った研究などが活発に進められていますが、神経細胞内でのATPの量の低下の関与が言われており、ATPの分解を抑制する物質(KUS剤)や産生を促進する物質(エスクレチン)によって、マウスの実験でATP量の減少が抑制されたそうです。 https://this.kiji.is/280237311211259381?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) パーキンソン病:..
posted by スタッフ at 08:56

2017年09月07日

出生前にダウン症を改善

ダウン症のマウスを使った実験で、妊娠中に経口投与すると生まれてきた子どもマウスの症状を改善(神経細胞の増加)できる化合物「アルジャーノン」が発見されたそうです。iPS細胞を使った実験でも、効果を確認しているそうですが、課題はたくさんあるようです。まずは脳梗塞などの治療薬としての実用化を目指すそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK913RD0K91PLBJ002.html?iref=com_apitop (http://www.a..
posted by スタッフ at 17:30

2017年08月31日

iPS細胞(パーキンソン病の軽減)

ヒトのiPS細胞から作製した神経細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植したところ、症状の軽減が認められたそうです。日本国内だけでも約15万人いるとされる患者に応用できる治療法となることが期待されます。 http://www.asahi.com/articles/ASK8Y6QK3K8YPLBJ006.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://this.kiji.is/27567298704487371..
posted by スタッフ at 08:51

2017年08月17日

ストレス性の病気のメカニズム

ストレスが原因となる病気のメカニズムが解明されたそうです。マウスを使った実験で、慢性的なストレスを与えて、神経細胞を攻撃する免疫細胞を血管内に入れることで、7〜8割が1週間ほどで突然死したそうです。ストレスだけ、あるいは免疫細胞だけでは死ななかったそうです。脳内の血管にわずかな炎症により、通常は存在しない神経回路が出来て、胃腸や心臓に不調をもたらしていたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK8B5F8GK8BIIPE01J.htm..
posted by スタッフ at 06:31

2017年06月23日

損傷した神経細胞の掃除屋

脳梗塞で損傷した神経細胞の断片を除去する“掃除屋”の役割をする脳細胞(アストロサイト)があることがわかったそうです。脳の回復に寄与する仕組みとして注目され、その働きを高める医薬品の開発などが期待されているようです。3年生の皆さんは、昨日も脳死移植などについての講義を受けましたね。臓器提供の意思表示の話は、家族でしてみてください。 https://this.kiji.is/250549945696370695?c=39546741839462401 (http://ww..
posted by スタッフ at 08:39

2017年04月26日

うつ病を改善する化合物

うつ病の改善を目的とした研究で、「海馬」で神経細胞を新生、増加させる働きがある化合物が特定されたそうです。新しい治療薬の開発に繋がる可能性がありそうです。 https://this.kiji.is/229524157363684860?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) うつ病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%A4%82%C2..
posted by スタッフ at 08:48

2017年02月11日

iPS細胞(脊髄損傷治療の臨床研究)

iPS細胞から神経細胞の前段階の細胞を作製し、脊髄損傷患者に移植して治療を行う臨床研究の倫理審査の申請があったそうです。実施されれば世界初となるようです。 http://www.sankei.com/life/news/170210/lif1702100079-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010871291000.html?utm_int..
posted by スタッフ at 08:43

2017年02月06日

iPS細胞(他人の細胞でパーキンソン病の治療)

先週、他人のiPS細胞を使った網膜細胞の移植の話がありましたが、他人のiPS細胞を使ったパーキンソン病の脳神経細胞の再生医療計画の記事が出ていました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170206-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASK2356DSK..
posted by スタッフ at 16:31

2017年02月04日

アルツハイマー病(初期のアミロイドベータ除去が有効)

初期のアルツハイマー病について、原因物質をされるアミロイドベータ(β)の集合体を除去すると、脳神経細胞の異常を回復できる可能性があることが初めてわかったそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170204/k10010864361000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (http://www.nhk.or.jp/) アミロイドベータ: http://ku..
posted by スタッフ at 10:36

2017年01月12日

無意識に患部をさする理由

打撲などの患部を無意識にさする行為の理由が明らかになったそうです。さする刺激で、神経細胞が持つタンパク質の一種を活性化し、神経の成長や再生を促す効果を持っているようです。 https://this.kiji.is/191868778894607861?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/)
posted by スタッフ at 08:46

2017年01月11日

飲酒後に食欲が増す理由

飲酒後にラーメンやアイスクリームなどを食べたくなる理由が明らかになったそうです。アルコール自体が高カロリーなので、それだけで飢えは満たされるはずですが、アルコールによって食欲に関わる脳の神経細胞が活性化されるとのこと。 http://www.asahi.com/articles/ASK174CM0K17ULBJ001.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 食欲: http://kumw-me.seesaa.n..
posted by スタッフ at 12:11

2016年11月02日

iPS細胞(脊髄小脳変性症を再現)

「脊髄小脳変性症」の患者の細胞から作製したiPS細胞を使って、同じように異常な神経細胞を作製することに成功したそうです。創薬に役立てていくそうです。 http://this.kiji.is/166231600451371010?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJC15DX1JC1PLBJ001.html?iref=com_apitop (ht..
posted by スタッフ at 07:26

2016年08月04日

慢性期の脊髄損傷に回復の可能性

脊髄を損傷して6週間以上が経過したマウスに神経を作り出す細胞を移植し、8週間、歩行訓練を行ったところ、しっかり歩けるようになったそうです。慢性期の脊髄損傷の患者においても、iPS細胞などを使った神経細胞の移植とリハビリにより、機能回復の可能性があることがわかったとのこと。4月にも関連した記事が出ていましたが、数年後には移植とロボットスーツによるリハビリの臨床研究を始めたいそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160804/k10..
posted by スタッフ at 06:51

2016年05月13日

脳細胞タンパク質の観察技術

ゲノム編集技術を応用して、脳の神経細胞の遺伝子配列を正確に組み換える技術が開発され、細胞中の遺伝子の働きを詳細に調べることができるようになり、遺伝子が作るタンパク質の分布や動きを生きたまま観察できるようになったそうです。脳以外では確立された技術だそうですが、神経細胞には組み込むのが困難だったそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ5C6X20J5CULBJ00V.html?iref=com_apitop (http://www.a..
posted by スタッフ at 06:39

2016年05月02日

繊維芽細胞から心筋細胞など(9種類の化合物で)

アメリカの研究チームが、皮膚の繊維芽細胞に9種類の化合物を加えて、心筋細胞や神経細胞に変化させることに成功したそうです。 http://this.kiji.is/98697991330693127?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900034&g=soc (http://www.jiji.com/)
posted by スタッフ at 11:19

2016年03月24日

サーチュインに鬱防止作用

脳神経細胞などに存在する「サーチュイン」の遺伝子は長寿遺伝子として知られ、これまでにも何度か関連記事を紹介しましたが、サーチュインに鬱(うつ)防止作用があるらしいとの記事が出ています。 http://this.kiji.is/85402771372787190?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83T%..
posted by スタッフ at 05:17

2016年03月17日

アルツハイマー病の記憶回復

マウスを使った実験で、脳神経細胞に光刺激を加えて働かせることによって、アルツハイマー病の初期に失われた記憶を取り戻すことに成功したそうです。アルツハイマー病の物忘れの仕組みの解明に繋がる成果として注目されます。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H7M_W6A310C1CR8000/ (http://www.nikkei.com/) http://this.kiji.is/82896577431291387?c=39..
posted by スタッフ at 06:05

2016年03月15日

パーキンソン病(進行抑制の手がかり)

パーキンソン病の研究については、これまでにもたくさん紹介してきましたが、神経細胞内の特定のタンパク質(ネクジン)の働きを強めることで、進行を抑えることに成功したとの記事が出ていました。 http://this.kiji.is/82059582722131447?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=131537 (http:..
posted by スタッフ at 09:33

2015年12月17日

不整脈治療薬で認知症治療の可能性

不整脈治療薬の「イソプロテレノール」が、アルツハイマー病による脳神経細胞の減少を抑制する可能性が示されたそうで、認知症治療薬になる可能性が出てきたようです。 http://this.kiji.is/49825452063311354?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=128148 (http://www.yomidr.y..
posted by スタッフ at 00:20

2015年11月14日

iPS細胞(神経細胞の作製)

ヒトのiPS細胞から大脳皮質や脊髄など様々な部位の神経細胞を簡単に作製する方法が開発されたそうです。アルツハイマー病のメカニズムの解明などへの応用が考えられているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151114/k10010305081000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/231720.html#more (http:..
posted by スタッフ at 08:19

2015年10月31日

脳神経細胞再生に関わるタンパク質

脳神経細胞再生に関与している複数のタンパク質が発見されたそうです。脳梗塞などの治療薬の開発などにつながることが期待されます。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=125736 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90_%8Co%8D%D7%96E
posted by スタッフ at 08:24

2015年06月14日

時差ぼけからの回復の仕組み

「時差ぼけ」から回復する細胞レベルの仕組みが解明されたそうです。体内時計をコントロールする神経細胞の中に特定のタンパクがあると時計がリセットされるそうです。時差ぼけ回復や抑制用の薬剤開発などに繋がる可能性がありそうです。 http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015061301001560.html (http://www.47news.jp/) 以前にも体内時計や時差ぼけについての記事が多数出ていました。 http://ku..
posted by スタッフ at 07:25

2015年05月29日

光で健忘症の記憶回復

健忘症状態になったマウスの脳の神経細胞に光を当てる治療「オプトジェネティクス」を施すと、記憶を取り戻すことが出来たそうです。アルツハイマー病などの患者の治療法に繋がると期待されているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150529/k10010095081000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052801001811...
posted by スタッフ at 19:44

2015年05月02日

ヒトの皮膚から神経細胞を作製

ヒトの皮膚細胞に6種類の化合物を加えることで、神経細胞に変化させることができたそうです。化合物の添加で変化させた例は初めてのようです。 http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015050101002143.html (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150502/k10010067641000.html (http://www.nhk.or.jp/)..
posted by スタッフ at 00:13

2015年04月17日

反復学習と脳神経細胞

記憶の強化・定着のために反復学習が有効ですが、その仕組みとして脳の一部の神経細胞が繰り返し使われることがわかったそうです。詳しい仕組みが明らかになり、またより有効な反復学習の仕方が明らかになると私たちの学習にも応用できるかもしれませんね。 http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041601001956.html (http://www.47news.jp/)
posted by スタッフ at 07:07

2014年08月16日

再生医療(パーキンソン病の治療)

日本に約14万人患者がいると言われています「パーキンソン病」の治療法として、iPS細胞から作製した神経細胞を移植する「先進医療」を2018年度に開始する計画だそうです。 http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20140815000017 http://sankei.jp.msn.com/science/news/140816/scn14081613530001-n1.htm http://apital.a..
posted by スタッフ at 05:44

2014年08月01日

神経細胞ネットワーク形成

嗅球にある神経細胞のタンパク質(NPAS4)が、神経細胞ネットワーク形成を促進する作用があることが明らかになったとの記事。再生医療への応用が期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014073101001363.html
posted by スタッフ at 08:48

2014年06月27日

ALSとiPS細胞

筋萎縮性側索硬化症(ALS)のマウスにiPS細胞から神経細胞を維持する細胞(グリア系神経前駆細胞)を作り移植したところ、寿命を延長することが出来たとの研究成果についての記事。 http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062601001680.html http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140627/k10015540841000.html http://www.nikkan.co.jp/ne..
posted by スタッフ at 09:49

2014年05月16日

酵素で神経再生

脊髄損傷で後ろ足が麻痺したラットに、ある酵素を投与することで神経細胞を再生して再び歩けるようにできたとの研究のニュース。iPS細胞とは異なった方法での再生のようです。 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051501001777.html http://apital.asahi.com/article/news/2014051600003.html http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020..
posted by スタッフ at 00:02

2014年02月03日

iPS細胞(膵島移植)

iPS細胞から作製した膵島の移植を目指した研究を進める計画についての山中教授のインタビュー記事。パーキンソン病患者への神経細胞と重症貧血患者への血小板の移植の臨床研究が計画されていますが、これらに加えてということになるようです。 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140202000016
posted by スタッフ at 06:14

2013年07月01日

神経細胞の移植

iPS細胞を使った再生医療の一つとして、作製した神経細胞をパーキンソン病の治療に使って行こうという研究がありますが、2015年度内に移植の臨床研究を始められるように進めていく予定だそうです。 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130629000116
posted by スタッフ at 00:07

2013年05月18日

抜歯した歯から

先月紹介しましたが、愛知県の国立長寿医療研究センターで親知らずなど抜歯した歯の幹細胞を培養して神経細胞を再生する臨床研究が始まっていますが、協力者が想定したほど集まっておらず、協力を呼びかけているというニュースが出ていました。 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20130516/CK2013051602000047.html http://kumw-me.seesaa.net/article/356276949.htm..
posted by スタッフ at 07:19

2013年05月02日

細胞レベルでの再現

てんかん患者の細胞から作製したiPS細胞を神経細胞に変化させたところ、てんかんの状態を細胞レベルで再現できたとのニュース。重いてんかんの治療薬の開発などに役立つものと期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130502/k10014320511000.html
posted by スタッフ at 09:26

2013年03月23日

iPS細胞で脊髄損傷治療

脊髄損傷の方々にiPS細胞を神経細胞にして移植し治療しようという計画があるそうです。毎日のようにiPS細胞を使った臨床研究などのニュースが出てきていて、かなり加速化されていますね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130322/k10013388881000.html
posted by スタッフ at 09:40