2019年07月11日

人口動態調査(1億2477万6364人;史上最高の減少幅)

総務省が、今年1月1日時点の住民基本台帳に基づいた人口動態調査の結果を発表したそうです。それによると、国内の日本人は前年より43万3239人少ない、1億2477万6364人で10年連続の減少となり、昭和43年の調査開始以来の最も大きな減少幅だそうです。一方、住民登録している外国人は増加しているそうです。その他、細かい分析結果が詳細されています。 https://www.sankei.com/politics/news/190710/plt1907100022-n1.ht..
posted by スタッフ at 08:07

2019年06月17日

「老衰」が死因の3位

2018年の人口動態統計月報年計(概数)によると、日本人の死因の3位に初めて「老衰」が入ったそうです。1位は悪性新生物(腫瘍)、2位は心疾患(高血圧性を除く)と変わらなかったそうですが、肺炎が減り、2017年に3位になった「脳血管疾患」を「老衰」が抜いたということです。死因統計における死因の変化の背景には、2017年4月に発表された「成人肺炎診療ガイドライン2017」の影響が大きいようです。主な死因については、国家試験でもよく出るところですので、最新の情報を把握しておきましょ..
posted by スタッフ at 18:29

2019年06月08日

人口動態統計(40万人超の自然減)

厚労省が、昨年の人口動態統計(概数)を発表し、死亡数から出生数を引いた自然減は44万4085人と初めて40万人を超えたそうです。また、生まれた子供の数(出生数)は91万8397人で、合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の推計人数)は1・42で、3年連続で低下したそうです。 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190607-OYT1T50345/ (https://www.yomiuri.co.jp/) https://..
posted by スタッフ at 08:45

2018年06月02日

昨年の人口動態統計

厚労省が発表した人口動態統計によると、昨年の国内で生まれた日本人の出生数は過去最少の94万6060人で、逆に、死亡数は134万433人で戦後最多だったそうです。その結果、出生数から死亡数を引いた自然減は39万4373人で、統計開始以降で最大の減少幅となり、人口減が加速しているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASL62023VL61UBQU01N.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.c..
posted by スタッフ at 09:05

2017年12月26日

今年の出生数(過去最少を更新)

厚労省が今年の人口動態統計年間推計を発表し、出生数は2年連続で100万人を割り込み、今年は94万1000人との推計で、1899年の統計開始後、最少を更新することが確実だそうです。急速な人口減少に歯止めをかけることが中々できないようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171225-OYTET50016/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) ..
posted by スタッフ at 23:02