2020年01月15日

AIを使って薬の効果を予測

AI(人工知能)を使って、マウスに薬の候補物質を投与した時の遺伝子の発現パターンから、人の病気での効果や副作用を予測するシステムが開発されたそうです。創薬の迅速化やドラッグリポジショニングなどにも役立ちそうとのこと。 https://www.asahi.com/articles/ASN194GYRN19PLBJ001.html?iref=com_api_med_medicalnewstop (https://www.asahi.com/) 人工知能+薬: ht..
posted by スタッフ at 08:27

2020年01月04日

医療ビッグデータをAIで解析・活用(今春から本格的に開始)

電子カルテや画像データなどの「医療ビッグデータ」を集約して、AI(人工知能)で解析し、病気の早期発見や最適な治療法の選択、新薬の開発などに役立てる国の取り組みが、早ければ今春から本格的に始まるそうです。これは、「次世代医療基盤法」に基づくもので、2021年度には年間500万人分を超えるデータを集める計画だそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200104/k10012234991000.html?utm_int=news_co..
posted by スタッフ at 06:51

2019年12月19日

AIで前立腺がんの再発予測

AI(人工知能)を使って、前立腺がんの患者の画像を解析し、再発の可能性を高精度で予測できる技術が開発されたそうです。これまで知られていなかった、がん周辺の細胞が集まる密度が、再発のしやすさに関わっている可能性があることを見つけたそうです。がんの有無の判定だけでなく、こうした新しい知見で、さらにAIの医療の支援技術としての可能性が広がって来ているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191218/k10012219701000...
posted by スタッフ at 08:14

2019年12月07日

AI(インフルエンザの予報)

人工知能(AI)を使って、自治体ごとにインフルエンザの流行を予報する新サービスの実証実験が、さいたま市で始まったそうです。過去8年間の発生状況のデータと現在の患者の流行状況などのデータに基づいて、今後の流行を予測するそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191206/k10012204761000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_009 (https://www3...
posted by スタッフ at 10:03

2019年11月11日

AI問診

人工知能(AI)を使って、病院の待合室で患者がタブレットで問診をする病院が増えているとの記事が出ていました。 https://mainichi.jp/articles/20191109/dde/001/040/035000c (https://mainichi.jp/) 人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90l%8DH%92m%94%5C 問診: http://kum..
posted by スタッフ at 07:57

2019年10月21日

AIの活用の拡大と倫理指針

医療を含む様々な分野でのAI(人工知能)の活用が広がっていますが、不当に人が差別されるなど、思わぬ副作用が起きることも指摘されているのを受けて、企業の中で、AIを活用するうえでの倫理上の指針を設ける動きも始まっているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191021/k10012141291000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (https://www3...
posted by スタッフ at 08:03

2019年10月16日

脳のMRI画像を見つけるAIシステムが医療機器として承認

東京大学発のベンチャー企業が、AI(人工知能)によってディープラーニングの技術を使って、脳のMRI画像から病気を見つけるシステムを開発し、医療機器として承認されたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012131931000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www...
posted by スタッフ at 08:19

2019年08月16日

国際学会で研究発表

本学科の宮崎仁講師(写真中央)が、8月6〜9日にイギリスのスコットランド、グラスゴー市で開催された“IASSIDD2019(国際知的・発達障害学会)”において、“自閉症児とそのご家族をスマートグラスやAI(人工知能)を利用して支援する試み”についての研究発表をしてきました。 2つのデモンストレーションを行い、多くの参加者に支援手法を体験してもらったそうです。1つは、折り紙を使った療育の体験で、スマートグラスに表示される映像を見ながら、鶴を折ってもらったそうです。折り紙を..
posted by スタッフ at 14:42

2019年08月08日

AIで胎児の心臓の異常を検出

理化学研究所などのチームが、妊婦への超音波検査の際にAI(人工知能)を用いて、心室中隔欠損など胎児の心臓の異常を見つける技術を開発したそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM7Z5SYVM7ZULBJ00Q.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) 人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/..
posted by スタッフ at 08:34

2019年07月13日

AIで歯周病を簡易検査

一昨日、オーラルフレイルについての記事を紹介しましたが、スマホで口の中を撮影して、歯ぐきの色や形などからAI(人工知能)が口腔内の健康状態をチェック(歯周病の検査)する技術の実証事業が、始まったそうです。今月末まで実施し、来年を目途に実用化を目指すそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190712/k10011991051000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003..
posted by スタッフ at 06:10

2019年05月27日

AIでより効果的ながん免疫療法

がん免疫療法で、AI(人工知能)を使って患者個別の薬を作製し、治療する方法が開発されたそうです。AIで個人の膨大な遺伝子情報などを分析し、がん細胞の目印となるタンパク質を特定し、そのタンパク質を含んだ個別のワクチンを作るそうです。そのワクチンを患者に投与すると、免疫細胞ががん細胞を攻撃しやすくなるそうです。まず、アメリカで臨床試験を始めるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190527/k10011931201000.htm..
posted by スタッフ at 17:26

2019年05月24日

人工知能で早期胃がんの診断

先日もAI(人工知能)による早期肺がんの診断支援のニュースを紹介しましたが、岡山大学で内視鏡で撮影した画像を学習させて、早期胃がんの状態を約8割の確率で正確に把握することができたそうです。AIの導入で、より効率的かつ正確な診断が可能になるのではないかと考えられているようです。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20190523/4020002821.html (https://www3.nhk.or.jp/) http:/..
posted by スタッフ at 08:00

2019年05月23日

人工知能(糖尿病の治療や生活指導への活用)

AI(人工知能)の医療系への応用の記事がよく出てきますが、血圧や運動量という日々の情報をウェアラブル端末を介して、食事内容の情報とともに、スマホにリアルタイムに集めて、病院と接続したコンピューターに送信し、AIが解析して糖尿病の治療に活用する試みが進行しているそうです。患者が飽きないように工夫したアプリが、日々励ましてくれるそうです。2022年に糖尿病の標準的な治療法として位置づけることを目指しているそうです。 https://www.asahi.com/article..
posted by スタッフ at 08:06

2019年05月21日

人工知能で早期肺がんの診断

AI(人工知能)の医用画像診断への導入が進んでいますが、アメリカの研究グループ(グーグルやスタンフォード大学など)が、4万2千枚余りのCT画像での肺がんの特徴をAIに学習させて、その後、6700枚余りの画像を解析させた結果、94%の正確さで早期の肺がんの診断ができたそうです。専門医と比べて、経過を示す複数の画像を解析した場合では同じ程度の正確さだったそうですが、経過がわからない1枚の画像からでは、専門医よりもやや高い正確さをみせたそうです。近いうちに早期発見の支援として活用さ..
posted by スタッフ at 12:10

2019年05月19日

AI医療機器(自己学習での性能向上後の承認審査を短縮)

AI(人工知能)を使って診断支援する医療機器について、販売開始後に自己学習によって、性能が向上した場合、厚労省が改めて行う承認審査の期間が短縮される見通しになり、政府が今国会に関連する内容を盛り込んだ「医薬品医療機器法の改正案」を提出するそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190518/lif1905180022-n1.html (https://www.sankei.com/) 人工知能+医療: http://kum..
posted by スタッフ at 08:37

2019年05月03日

人工知能で病気や怪我の相談

大型連休に合わせて、人工知能(AI)を使って、病気や怪我の相談に乗ってくれるインターネットサービス「埼玉県AI救急相談」が、試験運用されているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190503/k10011904261000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003 (http://www.nhk.or.jp/) 人工知能: http://kumw-me.se..
posted by スタッフ at 07:08

2019年03月28日

デジタルヘルスケアの国際見本市

イスラエルのテルアビブで、AI(人工知能)などを活用して病気の治療や予防に役立てる「デジタルヘルスケア」の国際見本市が開催されているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190328/k10011863521000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (http://www.nhk.or.jp/) 短大生の皆さんの頃ですが、以前、川崎医大の医用工学教室に、..
posted by スタッフ at 07:57

2019年02月26日

AIによる画像診断用ソフトが発売

医療分野において、AI(人工知能)による画像診断の支援システムなどの記事がよく出てきますが、内視鏡検査において、見つかったポリープが悪性かどうか、悪性になる可能性を数値化して表示するソフトウエアが開発されたそうです。来月には大腸検査向けのソフトが発売される予定だそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/k10011827541000.html?utm_int=news-culture_contents_list-it..
posted by スタッフ at 08:11

2019年02月22日

AIで歯周病と口腔がんの早期発見

AI(人工知能)の医療分野への応用についてのニュースですが、歯周病と口腔がんを早期発見をサポートするためのスマホのアプリ実用化のための共同研究が始まるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190221/k10011822681000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_014 (http://www.nhk.or.jp/) 人工知能: http://kumw-m..
posted by スタッフ at 08:27

2019年01月11日

AIで心電図の診断

約4万人の心電図のデータを基に、患者の心電図から急性心筋梗塞や狭心症などでカテーテル治療が必要かどうかを見極める人工知能(AI)が開発されたそうです。AIは心電図だけで、経験を積んだ医師(心電図のほかに血液検査や超音波検査などの結果を総合的に診断)よりも高い精度で治療の要否を判断できるようになったそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190111-OYTET50020/?catname=news-kaisetsu_ne..
posted by スタッフ at 13:06

2019年01月10日

5G元年

昨年5月にも関連記事を紹介しましたが、アメリカのラスベガスで開催されている世界最大規模のテクノロジーの見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES、セス)2019」で、次世代通信方式の5Gに関する製品が注目されていて、今年は”5G元年”とも呼ばれているそうですが、医療機器でも在宅医療や遠隔医療などの分野でも活用されそうですね。その他、人工知能(AI)関連の技術も注目されているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/201..
posted by スタッフ at 08:33

2018年12月04日

ADHD(脳に特徴的な形態)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもの脳をMRIと人工知能(AI)を使って解析したところ、眼窩前頭皮質の厚みが増加しているなど、脳のおよそ20箇所で特徴的な形態が見られたそうです。自閉症など他の障害と症状が類似していることもあり、こうした手法で正確な診断ができるようになる可能性があるようです。医療分野での画像解析へAIの応用が進んでいますが、こうした分野でも活用されそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10..
posted by スタッフ at 08:19

2018年11月27日

インフルエンザ(ウイルスを高感度・高精度で検出)

感染初期のインフルエンザウイルスを、人工知能(AI)も使って、高感度・高精度で検出する技術が開発されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181126-OYTET50002/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) インフルエンザ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyw..
posted by スタッフ at 09:33

2018年11月24日

人工知能で胃がんの診断支援

食道がんに続いて、胃がんについての記事で出ていました。人工知能(AI)による胃がんの診断支援システムの試用運用が今年度中に開始されるそうです。このシステムはAMED(日本医療研究開発機構)からの補助金を得て開発されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181122-OYTET50037/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 食道..
posted by スタッフ at 08:51

2018年11月13日

AIキャスター

中国で、AI(人工知能)技術で生み出された仮装のキャスターが出現したそうで、話題になっているそうです。いよいよ、こうした仕事まで、AIに取って代わられるようになってきたということでしょうか。 https://www.yomiuri.co.jp/world/20181112-OYT1T50070.html?from=ytop_main4 (https://www.yomiuri.co.jp/) https://www.cnn.co.jp/tech/35128458..
posted by スタッフ at 08:30

2018年10月31日

人工知能(胎児の心臓の異常を検知)

胎児の超音波検査画像から、人工知能(AI)を使って心臓の異常を検知するシステムが開発されたそうです。今後、精度を高めて実用化を進めて行くようです。それにしても医療分野にも人工知能(AI)の応用が進んで来ていますね。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181031/k10011692351000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (https://www.nhk.or...
posted by スタッフ at 08:23

2018年10月29日

体内時計の乱れの実態調査(AIで改善策)

仕事などのために不規則な生活で生じる体内時計の乱れによって、体調を崩すことがありますが、厚労省がその実態調査に乗り出すそうです。集めたデータを人工知能(AI)で解析して、改善のための指針を作成するそうです。体調不良によって、生産性が低下したり、生活習慣病のリスクを高めたり、様々なマイナスの影響があり得ますから、改善策を講じるのは重要です。学生の皆さんも、良い生活習慣が基本です。 https://www.asahi.com/articles/ASLBK5VYKLBKULB..
posted by スタッフ at 08:29

2018年10月05日

人工知能で乳がんを早期発見

人工知能(AI)を使って、日本人約3万人分の乳房のエックス線撮影画像と磁気共鳴画像(MRI)約3500枚を学習して、早期に乳がんを見つけ出すシステムの共同開発が始まるそうです。以前も関連記事を紹介しましたが、日本人は、体格や乳腺濃度の特徴などから、画像診断が難しいそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181004-OYTET50029/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomi..
posted by スタッフ at 08:32

2018年09月26日

AI(医療分野における役割)

医療分野におけるAI(人工知能)の役割についての解説記事が出ていました。現在、そして将来、こうなるかもしれないということも紹介されています。 https://www.asahi.com/articles/ASL8P5F59L8PULBJ00M.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) 人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?k..
posted by スタッフ at 09:29

2018年09月21日

冠動脈の画像診断をAIで

心筋梗塞や狭心症の原因となる冠動脈の狭窄や閉塞の画像の特徴をAI(人工知能)に学習させて、素早く診断するシステムの開発に乗り出すという記事が出ていました。やはり、画像診断分野での応用が進んできていますね。 https://www.asahi.com/articles/ASL9N5GMQL9NULBJ00X.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) https://www.asahi.com/articles/AS..
posted by スタッフ at 08:17

2018年07月26日

居眠りさせないオフィス

AI(人工知能)を使って、仕事中に眠気がさしてきたら、エアコンの設定温度を一時的に下げて、目を覚ませてくれるシステムを開発して行くとの記事が出ていました。具体的には、顔認証技術を応用して、カメラでまぶたの動きを観察して、変化があったら眠気があると判断するようです。大学でも眠気がさす人たちに有効なシステムとなるかもしれません。 https://www.asahi.com/articles/ASL7T4Q3VL7TULFA01D.html (https://www.asa..
posted by スタッフ at 08:42

2018年07月25日

AI導入のための医療情報の活用の促進

厚労省は、医療分野へのAI(人工知能)の導入を促進するために、医療機関とAI開発企業が患者の医療情報などを共有できる仕組み作りに乗り出すことにしたそうです。5月には、次世代医療基盤法が施行されていますが、より円滑に医療情報を活用できる体制作りを目指すようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180724-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomi..
posted by スタッフ at 08:42

2018年04月11日

人工知能による乳がん診断

最近、人工知能(AI)を、がんの診断や最適な治療法の判断などに応用するための研究開発が進んでいますが、マンモグラフィー(乳房X線撮影)による乳がんの診断を支援する人工知能が開発されたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL4C22S8L4CUBQU003.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) がん+人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/pag..
posted by スタッフ at 08:31

2018年01月29日

人工知能で胃がんを高精度検出

これまでにも関連記事はいくつか紹介しましたが、AI(人工知能)を活用して、内視鏡画像から胃がんを、熟練した医師に匹敵するレベルの高精度で、しかもごく短時間で、検出可能なシステムが開発されたそうです。早期発見、正確な診断はもとより、医師の負担軽減にも繋がると期待されます。今後、AI(人工知能)についての基礎知識が必須になりますね。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180129-OYTET50000/?catname=news-..
posted by スタッフ at 12:10

2018年01月24日

医療ビッグデータ研究センター

国立情報学研究所が、ネットワークやクラウド、人工知能(AI)などの最先端情報技術を医療分野に活用する「医療ビッグデータ研究センター」を新設したそうです。個人情報を含まない患者の医療画像データが、約14万件ほど登録されていくそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180124/lif1801240015-n1.html (http://www.sankei.com/) ビッグデータ: http://kumw-me.seesaa..
posted by スタッフ at 14:12

2017年11月26日

複数の検査画像などから異常部位を検出

1種類ではなく、10種類の検査画像などを人工知能(AI)で解析して、異常が疑われる部位を見つける技術が開発されたそうです。画像データの種類ごとに、これから臨床試験を行い、医療機器としての申請を行い、数年以内の実用化を目指すようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171125/k10011235041000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (http://www...
posted by スタッフ at 06:27

2017年11月21日

人工知能で軽度認知障害の早期発見

軽度認知障害(MCI)についての記事は6月に紹介したことがありますが、MCIの早期発見を目的とした人工知能(AI)を用いた画像診断法(MRIによる脳血流の画像解析)の産学共同開発が始まるそうで、先行して実施された実証研究では良い結果が得られているようです。早期発見で、認知症へ進むのを抑制するきっかけになることが期待されます。 https://this.kiji.is/305169853867279457?c=39546741839462401 (http://www...
posted by スタッフ at 06:13

2017年10月24日

AIで入院期間を短縮

企業と病院の共同で、人工知能(AI)を使って、入院期間の延長に繋がるような患者の問題となる行動を分析して、それの兆しを早めに把握して対応することで、患者の入院期間の短縮を図る技術開発が進んでいるようです。1年間の実証実験で、こうした行動を71%の精度で事前に掴むことができているそうです。基礎から臨床まで、医療分野へのAIの導入が急速に進んでいますね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171023/k10011194671000.htm..
posted by スタッフ at 09:25

2017年10月16日

AIとロボットで創薬用細胞の製造技術の開発

AI(人工知能)とロボット技術を組み合わせて、創薬用の細胞(抗がん剤用のがん細胞など)を自動作製する技術開発が始まり、2024年度の実用化を目指すそうです。 https://this.kiji.is/291839640063247457?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankeibiz.jp/business/news/171016/bsc1710160500003-n1.htm ..
posted by スタッフ at 08:32

2017年09月21日

糖尿病の合併症をAIで予測

学生の皆さんは、糖尿病の合併症については、詳しく学んでいますが、「糖尿病腎症」などの発症を人工知能(AI)を使って予測するシステムが開発されたそうです。現時点では「腎症」の予兆がない初期の糖尿病患者でも、半年後に発症するかどうか、高い精度で予測することができるようになったそうです。 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017092090181509.html (http://www.chunichi.co.jp/) http..
posted by スタッフ at 13:18

2017年09月16日

人工知能を医療・介護分野へ

6月に関連記事を紹介しましたが、厚労省は、医療・介護分野での人工知能(AI)の開発支援を本格的に行っていくために、来年度の予算を今年度の約7倍にするそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK9G2JM4K9GULBJ001.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keywor..
posted by スタッフ at 00:10

2017年08月31日

人工知能で健康寿命延伸

人工知能(AI)を活用して、健康寿命を伸ばし、社会保障費削減に繋げるシステムを産学共同で開発するプロジェクトがスタートするそうです。各自治体の健康診断データなどを入力すると、重点課題や原因を教えてくれて、その自治体に適した健康政策を提示してくれるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170831/k10011119781000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003 ..
posted by スタッフ at 09:01

2017年07月11日

人間重視の人工知能(AI)の研究

人工知能(AI)に関するニュースが相次いでいますが、アメリカのグーグル社を中心として、人工知能と人間の正しい“付き合い方”を研究するための研究プロジェクト「PAIR(ペア;People+AI Research)」を立ち上げるそうです。人間にとっての使いやすさや透明性などを重視した「人間中心」のAI研究を目指すそうです。同様の取り組みは、アメリカ・マイクロソフト社などが支援するNPO法人「オープンAI」なども推進しているそうです。 http://www.nikkei.co..
posted by スタッフ at 09:32

2017年07月10日

人工知能(大腸がんの診断支援)

先月、肺炎や肺気腫などのCTによる画像診断を人工知能(AI)で支援する技術が開発されたニュースを紹介しましたが、大腸の内視鏡検査中に、がんやポリープを自動的に検知して医師に知らせる人工知能(AI)システムが開発されたそうです。先日、青森県内でがん検診で、大腸がんや胃がんの見落としがあったのではないかとのニュースがありましたが、そうした見落としを防ぐ支援となりそうです。 https://this.kiji.is/256982076213396981?c=395467418..
posted by スタッフ at 18:46

2017年07月05日

人工知能が診療報酬審査

厚労省は、診療報酬の請求を審査する特別民間法人「社会保険診療報酬支払基金」(支払基金)の業務合理化策として、2022年度までに審査の9割を、人工知能(AI)を活用してコンピューターに任せ、年800億円の運営費削減を目指すそうです。 人工知能に出来ることはそちらに任せて、人間でしかできないことに集中していくという方向に動き始めていますね。 http://www.asahi.com/articles/ASK736VPLK73UTFK01G.html?iref=com_..
posted by スタッフ at 09:59

2017年06月28日

人工知能を診断や創薬に導入(2020年度にも実現)

ここのところ頻繁に登場する人工知能(AI)ですが、昨年10月に関連記事を紹介したAIを使った診断や医薬品開発の支援を2020年度にも実現する案を盛り込んだ報告書を、厚労省の懇談会が公表したそうです。重点領域として、「ゲノム医療」「画像診断支援」「診断・治療支援」「医薬品開発」の4領域が挙げられています。ただし、AIに任せ切りではなく、判定に誤りがあり得ることを踏まえて、最終的な診断や治療方針の決定と責任は医師が担うべきと明記したそうです。医療技術も様変わりしていきますね。 ..
posted by スタッフ at 08:27

2017年06月24日

人工知能で画像診断

肺炎や肺気腫などの肺の疾患の診断のためにCTで撮影しますが、得られた画像の診断を人工知能(AI)が支援する技術が開発されたそうです。実験では、これまでおよそ1時間かかっていた診断が、10分余りに大幅に短縮されたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170623/k10011028021000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_013 (http://www.nhk.or..
posted by スタッフ at 09:18

2017年06月19日

人工知能で創薬

大学と企業など約70社からなる共同研究体が、7月から創薬専用の人工知能(AI)の開発を始めるそうです。このAIは以下のようなプロセスから構成されるようです。 〈1〉病気の原因となるたんぱく質の特定 〈2〉たんぱく質に作用する新薬の候補物質の絞り込み 〈3〉候補物質の安全性の予測と合成法の決定 〈4〉効果を確認する臨床試験(治験)の計画作り 20種類のAIを3年後を目標に完成させ、製薬企業で創薬に活用するそうです。 http://www.yomiuri.co.j..
posted by スタッフ at 12:12

2017年06月12日

軽度認知障害(MCI)の早期発見方法

数日前に認知症の前段階の軽度認知障害(MCI)についての記事を紹介しましたが、血液検査で得られたタンパク質などのデータを人工知能(AI)を使って、MCIのリスクを判定する方法が開発されたそうです。 http://www.minpo.jp/news/detail/2017061042353 (http://www.minpo.jp/) 認知症: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94F%9..
posted by スタッフ at 06:49

2017年05月24日

AI(見たり想像している物を推定)

AI(人工知能)を使って、人間が見たり想像したりしている物が何かを脳の活動から推定する方法が開発されたそうです。BMI(brain machine interface)の技術などに応用できそうとのことです。 http://www.asahi.com/articles/ASK5Q46M3K5QPLZU001.html?iref=comtop_8_03 (http://www.asahi.com/) 人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/..
posted by スタッフ at 08:29

2017年04月25日

AIで心筋梗塞などの発症・再発リスク予測

AI(人工知能)の医療への応用の記事が続きます。AIの「ワトソン」を使って、心筋梗塞や脳卒中などの患者約1500人分の電子カルテ情報を分析して、発症や再発リスクを正確に予測する研究が開始されたそうです。ワトソンは昨年夏、特殊なタイプの白血病をわずか10分で診断したというニュースが話題になりましたね。 http://www.asahi.com/articles/ASK4S4PX7K4SPLBJ001.html?iref=com_apitop (http://www.as..
posted by スタッフ at 10:47

2017年04月25日

AIで脳動脈瘤を診断

MRIなどの画像から脳動脈瘤を見つけるAI(人工知能)が開発されたそうです。その際、「ディープ・ラーニング(深層学習)」によって、発見率を9割超に高められたそうで、年内にも事業化を目指しているそうです。人手不足を補いつつ、早期発見、早期治療に役立ちそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170424-OYTET50041/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiu..
posted by スタッフ at 06:51

2017年04月03日

AIによる医療機関向け自動翻訳装置

日本に来た外国人が、医療機関にかかった時のために人工知能(AI)を使った自動翻訳装置が開発され、今年度から約20病院で実証実験が行われるそうです。2020年の東京五輪・パラリンピックまでに実用化を目指すそうです。語学力は日々の積み重ねでしか身につきません。新年度が始まったばかりですので、学生の皆さんも今日から始めてみましょう。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170403-OYTET50024/?catname=news-k..
posted by スタッフ at 19:52

2017年03月01日

人工知能(初の倫理指針)

人工知能(AI)に関連する記事が頻繁に出てきていますが、人工知能の研究者による学会が初の倫理指針をまとめたそうです。研究者など人間だけでなく、人工知能自体の倫理遵守も強調されているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170228/k10010893851000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (http://www.nhk.or.jp/) 人工知能: ..
posted by スタッフ at 08:32

2017年02月21日

AIでがん画像診断を支援

人工知能(AI)を使った、がんの画像診断支援システムの開発を来年度から始めるそうです。全国的な病理医の不足を補うためだそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170220-OYTET50043/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) がん+診断: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search..
posted by スタッフ at 07:25

2017年02月05日

人工知能(ポーカーでも勝利)

人工知能(AI)は、これまでにチェスや囲碁などで人間に勝利してきましたが、唯一ポーカーでは勝てていませんでしたが、アメリカの大学で開発されたAIが、4人の世界的プレーヤーを相手に初めて勝利したとのこと。ポーカーでは、ポーカーフェイスというように、はったりをかける(bluff)など不完全な情報が入るので、AIが勝利したことは特別な意味があるということです。世界中の企業から問い合わせが殺到しているそうで、医療現場でも活躍する時がやってくるかもしれませんね。 http://j..
posted by スタッフ at 11:44

2017年02月01日

人工知能でがんの最適治療手法を開発

がん患者の血液や尿から得られる遺伝情報を解析して、信頼性の高いと認められた文献をもとにして、人工知能(AI)で患者ごとに最適な治療手法を開発する研究が始まるそうです。まず、肺がんと乳がんから始めるそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170131/lif1701310047-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www.asahi.com/articles/ASK1074R6K10U..
posted by スタッフ at 06:10

2017年01月21日

人工知能と人間社会に関する懇談会

人工知能(AI)の開発が急速に進んでおり、医療分野も含めて活用が進められてきていますが、その一方、様々な懸念もあります。それについて、内閣府は去年5月に有識者による「人工知能と人間社会に関する懇談会」を設置して、メリットの一方で心配される人や社会への影響について検討を進めてきており、昨日、報告書をまとめたそうです。この春に政府がまとめる「科学技術イノベーション総合戦略」にも反映されるようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/201701..
posted by スタッフ at 10:14

2016年11月30日

AIで最適ながん治療を提示

人工知能(AI)が特殊なタイプの白血病であるとの診断をわずか10分で行ったというニュースがありましたが、AIを活用して、がん患者個別の最適治療を提示するシステムの共同開発プロジェクトが始まるそうです。5年後の実用化を目指すとのこと。 http://this.kiji.is/176174365897506817?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/2..
posted by スタッフ at 08:01

2016年11月10日

AIやロボット治療に診療報酬を

最近関連した記事がたくさん出てきましたが、AI(人工知能)やロボット技術を使った医療行為に対して、2020年度から診療報酬の対象とする方向で検討に入ったそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161108-OYTET50033/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) AI: http://kumw-me.seesaa.net/pag..
posted by スタッフ at 00:05

2016年10月20日

医療分野にAI導入を提言

厚労省の懇談会は、検診のMRI画像や診療データなどを人工知能(AI)で分析し、がんの診断や治療法の選択に役立てる仕組みなどを国が整備するよう求めたそうです。そして、2020年度からは段階的に運用を始められるよう求める提言をまとめたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161019/k10010735631000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (http://..
posted by スタッフ at 00:10

2016年10月07日

日本版の医療用ワトソンを開発へ

8月に人工知能(AI)のワトソンが、特殊なタイプの白血病患者の診断をわずか10分で完了したとの記事を紹介しましたが、2020年度までの実用化を目指して日本版の開発に乗り出すそうです。これは、日本医療研究開発機構(AMED)の事業の一環として行われるとのこと。 http://www.asahi.com/articles/ASJB57JZBJB5ULBJ01M.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) ワトソン: h..
posted by スタッフ at 06:07

2016年09月23日

人工知能で新薬開発

厚労省は、人工知能(AI)を使って新薬開発に乗り出すそうです。AIに病気のメカニズムに関する国内外の医学論文や薬の情報を大量に入力することで、病気に関係する体内物質を推定し、様々な化合物から有望視される薬の候補を探し出すそうです。 http://this.kiji.is/151876257274953731?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/p..
posted by スタッフ at 22:20

2016年09月19日

人工知能でがん診断・治療の支援

先月、人工知能(AI)の「ワトソン」が特殊なタイプの白血病をわずか10分で診断した記事を紹介しましたが、その後の研究で、8割近くの症例で診断や治療に役立つ情報を提示したそうです。2千万件以上の医学論文や薬の特許情報などを参照しながら、がん発症や進行に関係の可能性がある遺伝子変異の候補を見つけ、根拠となるデータや抗がん剤の候補と一緒に提示してくれるそうです。早期診断、早期治療に繋がりそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ8V5F5G..
posted by スタッフ at 09:13

2016年09月13日

成長戦略でもAIの活用

成長戦略の具体案を立案する「未来投資会議」の初会合で、安倍首相が、生産性向上などのために人工知能(AI)などを活用した「第4次産業革命」などを推進するための戦略に関する議論を本格化させていくそうです。もちろん、何度も記事を紹介しているように医療分野でもAIの応用が進んできています。 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160912-OYT1T50067.html?from=ytop_top (http://www.yomiuri.c..
posted by スタッフ at 06:13

2016年09月12日

AIで感情をコントロール

AI(人工知能)に人の脳の活動の画像パターンを学習させて、好きや嫌いという感情を変化させることが出来たそうです。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法の開発などに繋がることが期待されているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160910/k10010679901000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_011 (http://www.nhk.or.jp/) ..
posted by スタッフ at 08:54

2016年08月21日

AIが糖尿病の改善・予防のアドバイス

医療への応用が推進されている人工知能(AI)ですが、経産省が、医療費削減のため、AIを使って糖尿病の改善や予防に繋げる助言システムの開発を始めるそうです。個人ごとに運動や食事などの最適な生活習慣の改善方法などをアドバイスしてくれるそうです。これから糖尿病患者のいろいろなデータを収集してデータベース化して、2017年度中の完成を目指しているそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160820-OYT1T50026.html (h..
posted by スタッフ at 09:16

2016年08月19日

AI開発事業を支援

政府は、理研やトヨタ自動車など20以上の研究機関と企業の連携によるAI(人工知能)開発事業を支援することにしたそうです。理研には4月に「革新知能統合研究センター」が立ち上げられています。 http://this.kiji.is/139212358950535177?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/436678782.html 人工知能..
posted by スタッフ at 14:00

2016年08月05日

AIががん治療の助言

AI(人工知能)が、ある患者が特殊なタイプの白血病であることをわずか10分で診断したそうです。このAI(ワトソン)は、予め約2千万件の医学論文を学習しており、それに患者のがんに関係する遺伝子情報を入力したところ、一般的な急性骨髄性白血病ではなく、診断や治療が難しい「二次性白血病」であるとわずか10分で診断し、適切な治療法(抗がん剤)を助言してくれたそうです。 http://www.sankei.com/life/news/160805/lif1608050004-n1...
posted by スタッフ at 07:25

2016年07月27日

iPS細胞の安全性確保にAIを活用

iPS細胞の山中先生が、細胞の安全性の確認にAI(人工知能)を活用していく構想を明らかにしたそうです。再生医療の完全性確保が加速されることが期待されます。 http://this.kiji.is/130779303400636423?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) iPS細胞: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%..
posted by スタッフ at 06:26

2016年05月28日

AIによる診療の可能性

人工知能(AI)関係のニュースが続いていますが、ある医師専用サイトによるアンケートの結果、医療現場での人工知能(AI)の活用について20年以内にAIが診療を担うようになる可能性があると考えていると答えた医師が7割に上ったそうです。もちろん、そういう時代が来ても、AIで出来る部分と人でないとできないところとがあることになるとは、考えられているようです。 http://this.kiji.is/109031755876582900?c=39546741839462401 ..
posted by スタッフ at 07:32

2016年05月14日

プログラミング教育の必修化検討

先ほどの記事に関連して、政府は、人工知能(AI)などを駆使した「第4次産業革命」の実現に向けての人材育成の必要性について、新しい成長戦略に小学校での「プログラミング教育」の必修化を盛り込む方針で、文科省で有識者会議が開かれ検討を始めたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160513/k10010519901000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003 (http:..
posted by スタッフ at 05:30

2016年05月14日

人工知能開発強化(新たな成長戦略に)

安倍首相は、人工知能(AI)の開発強化などの科学技術政策(科学技術イノベーション政策)を新たな成長戦略に盛り込んでいく考えだそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160513/k10010519241000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (http://www.nhk.or.jp/) 人工知能: http://kumw-me.seesaa.net/p..
posted by スタッフ at 05:26

2016年05月10日

AIによる治療・診断支援システムの指針

最近、人工知能(AI)が注目されていますが、厚労省はAǐを活用した治療や診断の支援システムを製品化するための指針を策定したそうです。こうしたシステムも医療機器として位置付けて、製造販売までの承認を円滑に取得できるようにする狙いがあるそうです。承認審査に必要な項目として〈1〉入力情報を分析する方法の明確化〈2〉分析方法の臨床的な妥当性の証明〈3〉サイバー攻撃に対するセキュリティー対策――などが掲げられているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.j..
posted by スタッフ at 05:55

2016年04月19日

人工知能技術戦略会議が発足

最近、頻繁に登場する人工知能(Aǐ)の研究開発に国を挙げて取り組むための国、経済団体、大学などから成る「人工知能技術戦略会議」が発足したそうです。今後1年をかけて、重点的に開発を進める分野や関係機関が一体となった研究態勢などについて検討し、来年3月までに具体的な工程にまとめることにしているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160418/k10010487391000.html?utm_int=news-culture_con..
posted by スタッフ at 00:30

2016年04月15日

人工知能で自閉症の診断

人工知能(AI)のニュースが続きます。人工知能を使って、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で得られた脳活動のデータを基に、自閉スペクトラム症を判定する手法が開発されたとのニュースが出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/160414/lif1604140028-n1.html (http://www.sankei.com/) http://this.kiji.is/93281118348705795?c=395467418..
posted by スタッフ at 08:53

2016年04月15日

最先端IT技術の研究拠点

人工知能(AI)やビッグデータなど最先端IT技術を活用して、新しいサービスや産業を創出するための研究開発拠点(革新知能統合研究センター)が、理化学研究所に発足したそうです。もちろん、医療にも関係してくると思われます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160414/k10010479181000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (http://www.nhk.or.j..
posted by スタッフ at 08:47

2016年03月29日

人工知能で総合診療

人工知能のニュースが続きますが、医師が患者の症状などから病名を絞り込んだり治療方針を決定したりする際の総合診療を支援する人工知能(AI)システムが開発されたそうです。ブラックジャックならぬ、「ホワイト・ジャック」と名付けられたそうです。平成28年度から試験運用が始まるようです。この中で、個人の診療や投薬、介護などの生活情報を位置データと組み合わせて一元管理するシステムも構築され、薬の重複防止や緊急時の位置特定、活動量の把握などに役立てることが期待されるそうです。 htt..
posted by スタッフ at 18:45

2016年03月25日

人工知能の問題点

人工知能の話題が続いていますが、マイクロソフト社が開発中のインターネット上での会話を通じて学習する人工知能(名前はTay)が、ツイッターで人種差別的な発言をするようになり、実験を中断したそうです。今後修正されていくようですが、開発の難しさが明らかになったようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160325/k10010456161000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_0..
posted by スタッフ at 17:45

2016年03月22日

人工知能

人工知能関係のニュースが時々出てきていますが、先日、世界トップクラスの韓国の棋士が、囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」に1勝4敗で終わったとのニュースが話題になりましたね。 http://www.asahi.com/articles/ASJ395JPZJ39UHBI01V.html (http://www.asahi.com/) http://www.asahi.com/articles/ASJ3F5WKJJ3FUHBI014.html (http://ww..
posted by スタッフ at 09:19

2016年01月15日

半分がロボットやAIで置き換わる?

昨年12月にも関連した記事を紹介しましたが、日英の研究チームが、10〜20年後には日本の労働人口の約半数が人工知能(AI)やロボットに置き換えられてしまうとの分析結果を出したそうです。一方、創造性やコミュニケーション能力が求められる職業は、代替されにくいようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160112-OYT1T50149.html?from=ycont_top_txt (http://www.yomiuri.co.jp/..
posted by スタッフ at 06:30

2015年12月03日

国際ロボット展

昨日から「国際ロボット展」が始まったそうです。人手不足を補うなどいろいろな分野での活用が期待されています。特に人と共同作業が出来るロボットに関心が集まっているようで、過去最多の446の出展があるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010327131000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www.asahi.com/articles/ASHD15WN8HD1UTI..
posted by スタッフ at 08:17

2015年09月17日

人工知能で病名判定

症状や検査データに基づいて、人工知能プログラムで、病名を判定する試みがされているそうです。まだ、開発段階のようですが、将来は医師の診療支援システムとしての実用化も視野に入れているようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015091700005.html (http://apital.asahi.com/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=124502 (ht..
posted by スタッフ at 08:45