2020年04月01日

改正健康増進法(今日から全面的に施行)

改正健康増進法が、今日から全面的に施行されました。一定の基準より規模が大きい店や新たに営業を始める店は、専用の喫煙室以外では禁煙になりますが、これを契機に喫煙室を廃止して、全面禁煙にする動きも出ているそうです。東京都では、従業員を雇う飲食店は、店の面積や経営規模に関わらず、原則禁煙となり、国より厳しい規制となっているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012361711000.html (https:/..
posted by スタッフ at 21:55

2019年05月16日

国や自治体での禁煙への対応

禁煙の動きですが、国や自治体の役所でも灰皿がなくなり、喫煙所がなくなっていっているそうです。本学ではすでに全面禁煙ですし、医療機関では当たり前になっていますが、次第にこうした対策が進んできているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM586G02M58UTIL06D.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 禁煙: http://kumw-me.seesaa.net/pa..
posted by スタッフ at 08:11

2019年03月02日

競技会場・練習会場で全面禁煙に

東京五輪(オリンピック)・パラリンピック大会組織委員会は、全ての競技会場と練習会場で、敷地内全面禁煙(加熱式たばこを含む)にすることを決めたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190301-OYTET50002/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.yomiuri.co.jp/oly..
posted by スタッフ at 08:28

2018年12月28日

6割が敷地内全面禁煙

先週、改正健康増進法についての記事を紹介しましたが、昨年10月時点で、全国の8412病院のうち、4938病院(59%)が敷地内を全面禁煙にしていることが、厚労省の調査でわかったそうです。先週の記事の通り、来年7月1日から医療機関は屋内全面禁煙となります。 https://www.asahi.com/articles/ASLDW54GLLDWULBJ013.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/)..
posted by スタッフ at 08:47

2018年12月19日

改正健康増進法(屋内全面禁煙の施行日)

改正健康増進法で、受動喫煙対策が強化されますが、厚労省は、病院や学校、行政機関などでの屋内全面禁煙とする施行日を来年(2019年)7月1日する方針に決めたそうです。受動喫煙で健康を損なう恐れが高い20歳未満や患者、妊婦らが主に利用する薬局や介護施設、保育園なども屋内完全禁煙となるそうですが、敷地内の施設利用者が立ち入らない場所に、屋外喫煙所(屋内喫煙所は撤去)を設置することは認められるそうです。一方、多くの人が利用する施設や大型飲食店は、原則、屋内禁煙(喫煙室は設置可)で、再..
posted by スタッフ at 12:27

2018年01月23日

飲食店従業員の受動喫煙

飲食店の従業員の約6割が、客の喫煙による受動喫煙の経験があることがわかったそうです。そして、約7割の従業員が、食事を提供する場での全面禁煙を求めているそうです。受動喫煙については、お客さん同士だけでなく、そこで働く人達の健康も考えないといけませんね。 https://www.asahi.com/articles/ASL1M5R1SL1MULBJ00P.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 受動喫煙: htt..
posted by スタッフ at 08:37

2018年01月19日

受動喫煙対策についてのアンケート結果

今週初めに、喫煙や受動喫煙で、合計で1兆4900億円もの医療費がかかったとの記事を紹介しましたが、受動喫煙対策について、20歳以上の男女千人に対するアンケートで、以下の通りの結果となったそうです。 「飲食店の広さに関係なく全面禁煙とするべきだ」が、49・9% 「広さによって禁煙、一部禁煙(喫煙)、喫煙と分けるべきだ」が、33・5% 「広さに関係なく全面喫煙とするべきだ」が、6・3% 何らかの規制を求めている人たちが多いということのようですが、厚労省での検討の結..
posted by スタッフ at 09:29

2017年04月08日

受動喫煙対策(WHOが全面禁煙を要請)

受動喫煙対策についての記事が続きます。現在、WHOの事務局次長と生活習慣病予防部長が来日されており、厚労大臣や五輪大臣と面会し、厚労大臣には飲食店や事業所を含む公共の場での屋内完全禁煙(全面禁煙)を要請する文書を渡したそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK475G3DK47ULBJ00Q.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://this.kiji.is/22..
posted by スタッフ at 07:06

2017年01月16日

健康増進法改正案(受動喫煙防止対策の強化)

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、受動喫煙についての議論が活発ですが、今週金曜からの通常国会に、受動喫煙防止対策を強化する「健康増進法改正案」が提出されるそうです。飲食店などの建物内を原則禁煙(喫煙室設置可)とし、病院などでは「敷地内全面禁煙」が提案されるそうですが、国会での議論が注目されます。 http://www.sankei.com/life/news/170114/lif1701140018-n1.html (http://www.sankei.c..
posted by スタッフ at 08:59

2016年10月13日

東京五輪に向けての受動喫煙対策

先月、厚労省の有識者会議が日本の受動喫煙対策は「世界最低レベル」と評したという記事を紹介しました。 厚労省は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての受動喫煙防止対策として、病院や小中高校などを「敷地内全面禁煙」、スタジアムなどのスポーツ施設などで「建物内禁煙」、飲食店などサービス業や駅・空港などは「建物内原則禁煙」にした上で、喫煙席は認めず、喫煙室を設置することを認めるなどの案をまとめたそうです。罰則を適用する法律の制定も検討しているそうです。 h..
posted by スタッフ at 00:10

2016年08月31日

受動喫煙による肺がんのリスクを確認

受動喫煙の問題についての記事は、何度も紹介してきましたが、肺がんになるリスクが約1.3倍高くなるとの研究結果が発表されました。日本人のデータで、リスク上昇が確認されたのは初めてだそうです。5月にも受動喫煙で約1万5千人が亡くなっているとの推計についての記事も出ていましたね。 現在、日本では公共の場での受動喫煙の防止は努力義務にとどまっていますが、今後、東京オリンピックもありますし、屋内全面禁煙の法制化などの動ぎが高まっていくのかと思われます。 http://www..
posted by スタッフ at 06:49

2015年12月03日

病院の禁煙

全国の約8500病院の中で、受動喫煙を防止するために敷地内全面禁煙にしているのは約半数にとどまっていることが、厚労省の調査でわかったそうです。今後さらなる対策が求められそうです。 http://this.kiji.is/44570814955341302?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%F3%9..
posted by スタッフ at 00:07

2015年09月01日

全面禁煙を再度要望

2020年東京五輪・パラリンピックまでに公共の場での全面禁煙を定めた受動喫煙防止条例の制定は、5月に見送られていましたが、24学会からなる「禁煙推進学術ネットワーク」と日本医師会が制定を求める要望書を東京都に再度提出したそうです。「禁煙五輪」は実現するでしょうか。 http://www.sankei.com/life/news/150831/lif1508310041-n1.html (http://www.sankei.com/) http://kumw-me..
posted by スタッフ at 06:21

2014年12月12日

日本は喫煙しやすい

日本に住んでいる外国人に対する調査によると、約6割の人が日本は母国よりも喫煙しやすいと感じているとのこと。今後、全面禁煙の場所の増加や受動喫煙防止に向けての対応が求められそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=109514 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 17:59

2014年05月31日

世界禁煙デー

今日は「世界禁煙デー」です。今年のテーマは、「Raise taxes on tobacco」だそうです。税金(価格)を上げて、特に若い人達に喫煙し始めないようにしようという考えです。 http://www.who.int/campaigns/no-tobacco-day/2014/event/en/ 本学はキャンパス内は、全面禁煙になっていますが、それでも喫煙習慣のある人達はいます。医療従事者を目指すに当たって、自分の健康管理、すなわち禁煙(卒煙)しましょう。 ..
posted by スタッフ at 09:02