2019年12月04日

アスベストの対策を一般住宅へ

厚労省は、中皮腫や肺がんを引き起こす可能性のあるアスベスト(石綿)による健康被害を防ぐために規制を強化する方針を固めたそうです。現在は、大規模な建物の解体や改修工事などを中心に届け出が義務付けられているそうですが、一般住宅にも対象を広げて、飛散を防ぐようです。 https://www.asahi.com/articles/ASMD3528MMD3ULFA016.html?iref=com_api_med_medicalnewstop (https://www.asah..
posted by スタッフ at 08:11

2019年06月27日

REIC製剤とオプジーボの組み合わせで治験

岡山大学の研究グループが発見したがん抑制遺伝子「REIC」を用いた「REIC製剤」と免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」を組み合わせた治験が、来月にもアメリカで悪性胸膜中皮腫の患者に対して実施されるそうです。新しい複合免疫療法となる可能性があるそうです。 https://www.sanyonews.jp/article/912886/ (https://www.sanyonews.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASM..
posted by スタッフ at 17:45

2017年09月05日

中皮腫による死者(推計3万8400人)

国際研究チームによると、アスベスト(石綿)が主な原因となっている「中皮腫」で亡くなる人が、世界で推計約3万8400人となるそうです。アスベストの被害の広がりが、改めて認識されたようです。 https://this.kiji.is/277374953177841671?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) アスベスト: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?ke..
posted by スタッフ at 08:31

2017年06月13日

アスベストを使った公営住宅

アスベスト(石綿)が使われた公営住宅が、少なくとも全国で2万2千戸を超えることがわかったそうです。調査した民間団体が、以前、そうした住宅に住んでいた人たちに注意を呼びかけているそうです。 https://this.kiji.is/246995397670174725?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170612/k1001101512100..
posted by スタッフ at 09:53

2016年03月24日

中皮腫がんマーカー発見

アスベストの吸引により発症する中皮腫の早期発見は、これまで難しく、発見からの5年生存率は5%ほどと低いことが知られています。そんな中、中皮腫の早期診断に繋がる「中皮腫がんマーカー(膜型ムチン様タンパク質)」が発見されたそうで、今後の進展が期待されます。 http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20160323-OYTNT50300.html (http://www.yomiuri.co.jp/) http://n..
posted by スタッフ at 05:44

2015年12月19日

オルト−トルイジンと膀胱がんの関連性

厚労省によると、染料や顔料の原料製造工場の男性従業員5人が膀胱がんを発症したそうで、製造工程で扱っているo(オルト)ートルイジンという化学物質との関連を調査しているそうです。oートルイジンを扱っている業界団体に安全管理の徹底や健康診断を呼びかけているようです。 http://www.sankei.com/life/news/151218/lif1512180023-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www3.nhk...
posted by スタッフ at 05:37

2014年07月02日

石綿による被害

仕事で石綿(アスベスト)を吸い込み中皮腫などになり、昨年度に労災認定された方々が、1008人だったとの記事。発症までの期間が長いため、今後も同程度の水準で推移すると考えられているそうです。 http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070101001750.html
posted by スタッフ at 07:12

2013年03月24日

痛風の発症メカニズム

大阪大学の研究で痛風やじん肺の発症の細胞レベルでのメカニズムを解明したそうです。中皮腫や動脈硬化も類似したメカニズムで発症するということで、治療法開発などに役立ちそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130322-OYT1T00847.htm
posted by スタッフ at 08:42