2020年04月07日

世界的に看護師不足

WHOなどが、看護師を巡る世界の状況についての報告書を発表し、約590万人が不足しているとして、各国に養成や雇用の拡充に力を入れるように訴えたそうです。地域的な偏りも問題で、特にアフリカや東南アジア、中東などで不足が目立っているそうです。 https://www.sankei.com/life/news/200407/lif2004070013-n1.html (https://www.sankei.com/) 臨床工学技士も、新型コロナウイルスの治療で、人工呼..
posted by スタッフ at 08:01

2019年06月26日

ロシアに人間ドック

厚労省、企業、医療法人、ロシア鉄道などが協力して、ロシアのハバロフスクに健康診断・予防医療サービスを提供する「日露予防医療診断センター」を設立する覚書を結んだそうです。東南アジアで、日本の人間ドックや医療のノウハウを提供している話はありますが、ロシアでも日本式の健康診断やドックなどの予防医療が受け入れられていくようです。 https://www.sankei.com/life/news/190625/lif1906250029-n1.html (https://www..
posted by スタッフ at 07:53

2019年06月12日

プラスチックごみの削減に向けて

日本から大量のプラスチックごみが海に流出した場合のシミュレーションによると、アメリカの西海岸や東南アジアなど太平洋の広範囲に漂着するなどの影響(海洋汚染、生態系への影響など)を及ぼすことが明らかになったそうです。今週末に長野で始めるG20のエネルギーや環境の担当閣僚による会合でも議論される予定だそうです。東日本大震災の時にも、海外にたくさんの漂着物があったというニュースが流れましたね。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/..
posted by スタッフ at 08:13

2018年11月16日

東南アジアへの日本の医療の進出

東南アジアの国々の経済成長とともに、生活習慣病が増えていて、それに対して、日本から病院事業に乗り出す企業が増えていて、現状を紹介した記事が出ていました。それには医療機器も含まれますので、臨床工学技士も関わってくることになります。本学にも東南アジアから見学や研修で訪れる方々がおられます。 https://www.asahi.com/articles/ASLCH5JF7LCHUBQU00V.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.c..
posted by スタッフ at 08:07

2017年01月11日

デング熱(過去最多)

久しぶりにデング熱のニュースが出ていました。昨年12月18日時点での患者報告数が330人で、平成11年からの調査で最多だったそうです。やはりインドネシアやフィリピンなど東南アジア地域での感染が多く、注意が呼びかけられているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170110/lif1701100011-n1.html (http://www.sankei.com/) デング熱: http://kumw-me.seesaa.n..
posted by スタッフ at 06:55

2016年11月01日

ジカ熱(ベトナムで小頭症確認)

もう11月ですね。今年も残り2か月となりました。 ベトナムで、ジカ熱による小頭症の赤ちゃんが生まれたそうで、タイに続いて、東南アジアで2カ国目とのことです。ベトナムでは、今回の感染者を含めて、23人の感染が確認されているそうで、蚊の駆除などの対策を強化するそうです。外務省は、妊娠中あるは妊娠を予定している女性に対して、ベトナム、タイ、シンガポールなどへの渡航をできるだけ控えるように呼びかけているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/ht..
posted by スタッフ at 07:33

2016年09月13日

ジカ熱(国内で8例目を確認)

日本国内で8例目のジカ熱感染者が確認されたそうです。ベトナム在住の外国籍の方のようですが、アジアで感染したと見られる患者としては、国内では初めての確認例になるとのこと。日本に入ってからは、蚊に刺されていないようですので、感染拡大のリスクは低いようです。しかし、連日紹介しているように東南アジアで感染が広がっていて、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシアの6カ国は流行地域になっています。 http://www3.nhk.or.jp/news/ht..
posted by スタッフ at 05:53

2015年05月02日

医薬品の輸出拡大策

厚労省は、成長戦略の一環として、2025年までの日本の医薬品の輸出拡大の戦略素案をまとめ、相手国(主に東南アジアの国々)に対して日本で承認された医薬品を臨床試験を省略して手続きを簡略化するように働きかけていくそうです。最終的にはアジア全域での医薬品の承認手続きの共通化を目指すそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150502/k10010067681000.html (http://www.nhk.or.jp/) 2年ほ..
posted by スタッフ at 07:37

2013年11月25日

日本式医療の輸出

日本政府は、安倍首相の成長戦略の一環である日本の高い医療の輸出という方針に沿って、東南アジア・メコン川流域全5カ国をターゲットにして、売り込みに向けて官民合同の特命チームを設置するそうです。 http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112501001265.html
posted by スタッフ at 22:13

2013年04月19日

パッケージ

日本版NIHに関連して、政府は医薬品や医療機器を東南アジア向けに輸出するため、医療システムやサービスなどとパッケージにして売り込むようにするそうです。先行している国がある場合には、物だけの売り込みは難しく、医療サービスも含めることで売り込み易くなるのではとの考えのようです。学生や卒業生の皆さんの中からもそうしたことに関係する場合も出てくるでしょうね。 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130417-OYT1T01649.h..
posted by スタッフ at 12:40

2012年11月14日

英語での講義

山梨大学でほぼ全ての講義を英語化するというニュースが出ていました。国際性の高い学部、学科でないところで、こうした動きは初めてのようです。英語だけの学習ではなく、日常生活の英語漬けで語学力をアップしようということでしょう。秋入学導入で外国人留学生の入学を促進したり、就職でも国内にこだわらず東南アジアの国々での現地就職が進んだりしていますが、英語をはじめとする外国語への関心は社会的にも高まっていると思われます。以前書いたように、本学科でもTOEICや英語検定への関心を持っている学..
posted by スタッフ at 06:55