2020年06月02日

新型コロナウイルス(運動不足で体重増)

民間会社の健康管理アプリの(会社員2800人)データの分析によると、 5月16日と1月との比較で ▽57%が体重の増加 ▽60%が体脂肪率の増加 となっていたそうです。 体重の詳細は、 ▽32%が1キロ未満の増加 ▽26%が1キロ以上の増加 で、中には10キロ近く増えた人もいたそうです。 一日に歩く歩数も大幅に減った人たちが多かったようで、79%の人が厚労省が推奨する1日8000歩に達しなかったそうです。 こうした状況が続くと糖尿病や高血圧..
posted by スタッフ at 08:16

2020年05月09日

新型コロナウイルス(PCR検査対象の新しい目安)

厚労省が、新型コロナウイルスのPCR検査に関して、これまで、 ▽風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続いた場合 ▽強いだるさや息苦しさがある場合 ▽重症化しやすい人については、2日程度続いた場合 に該当する人が、帰国者・接触者相談センターに相談することになっていましたが、これらの目安を改定したそうです。 新しい目安では、 ▽息苦しさ(呼吸困難)や強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状がある場合は、すぐに相談する。 ▽高齢者や糖尿病など基礎..
posted by スタッフ at 08:55

2020年05月08日

糖尿病によるがん発症のメカニズム

京都大学の研究グループが、糖尿病によってがん発症リスクがが高まる仕組みの一端をハエを使った実験で解明したそうです。がんの元になる異常な細胞が正常な細胞によって排除される「細胞競合」に関わる「chico」と呼ばれる遺伝子の破壊が腫瘍化に関与していることを発見したそうです。そして、chico遺伝子の破壊で「高インスリン血症」にな理、糖尿病治療薬「メトホルミン」の投与で、細胞競合が復活して、がん化が見られなくなったそうです。新たな、がんの予防法や治療法の開発に繋がることが期待されて..
posted by スタッフ at 09:43

2020年01月10日

糖尿病患者団体が研究助成

1型糖尿病の患者団体「日本IDDMネットワーク」が、治療法開発などの研究助成をしている様子を紹介した記事が出ていました。特許収入が生まれた場合は、還元してもらい、次の助成に使うという循環型の助成制度にしているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASN165VXGN16OIPE01K.html?iref=com_api_med_medicalnewstop (https://www.asahi.com/) 糖尿病: http..
posted by スタッフ at 08:46

2020年01月08日

糖尿病治療

糖尿病治療について、一般の方々向けの記事が出ていました。患者本人が主役ということで、それをチーム医療で支えるということが強調されています。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/202001/CK2020010702000161.html (https://www.tokyo-np.co.jp/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyw..
posted by スタッフ at 07:38

2019年11月15日

インスリン不要の1型糖尿病の治療法

昨日は「世界糖尿病デー」でしたが、名古屋大学の研究チームが、インスリンを使わない1型糖尿病の治療法の開発を進めているとの記事が出ていました。食欲を抑制するホルモンのレプチンとその働きを阻害するタンパク質(PTP1B)の動きを抑制する薬の2つを投与することで、血糖値が下がるそうです。1日1回のレプチンの注射か鼻へのスプレー注入と、薬の投与を検討しているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASMCD549VMCDOIPE014.html..
posted by スタッフ at 08:03

2019年11月14日

世界糖尿病デー

今日は、国連が定めた「世界糖尿病デー」で、各地でイベントが開催されているようです。総社市の備中国分寺も、五重塔が青色にライトアップされているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20191113/4020004087.html (https://www3.nhk.or.jp/) https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/0012874719.shtml (https..
posted by スタッフ at 08:26

2019年08月24日

粘膜で合成・作用するワクチン

口や気管、腸などの様々な粘膜で、抗体(IgA)を合成させられるワクチン技術が開発されたそうです。粘膜から外側で働くことから、水際で侵入を阻止するとの説明されています。この技術を使って肥満や糖尿病などに関わる腸内細菌を制御して、生活習慣病の発症を抑制できるようになることも期待されています。「肥満ワクチン」という言葉も登場しています。 https://mainichi.jp/articles/20190824/ddm/012/040/124000c (https://ma..
posted by スタッフ at 07:59

2019年08月19日

予防医療の聖地

予防医療によって、病気の予防だけでなく、医療費の抑制にも効果があると言われますが、具体例としてよく取り上げられるのが、広島県呉市だそうです。予防医療の「聖地」になっているそうですが、その様子を紹介した記事が出ていました。特に糖尿病の重症化予防に力を入れ、6年間で新規に透析導入する患者数を6割も減少させて、国民健康保険の医療費を大幅に減らしたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM8H4RCDM8HULFA00Z.html?iref..
posted by スタッフ at 08:12

2019年07月05日

インスリンの効き方に影響(内臓脂肪より脂肪肝)

BMIが正常(21以上25未満)の範囲に収まっている男性87人を対象にした研究で、MRIで内臓脂肪や肝脂肪の量を調べたところ、インスリンの効き方との関係では、脂肪肝の方が大きく影響していることが分かったそうです。今後、メタボ健診でも、糖尿病予防の指標として、この点が重視されるようになるかもしれませんね。 https://www.asahi.com/articles/ASM6X3R93M6XULBJ003.html?iref=com_api_med_mednewstop ..
posted by スタッフ at 07:57

2019年06月28日

座りすぎの悪影響と対策

日本人は、長時間労働とも相まって、座っている時間が長いことがよく言われますが、座りすぎによる健康への悪影響についてもよく話が出ています。肥満、糖尿病、脳血管疾患、認知症などのリスク上昇、寿命が縮まる可能性、メンタルヘルスへの影響、対策方法などの話についての解説記事が出ていました。 https://www.sankei.com/life/news/190627/lif1906270023-n1.html (https://www.sankei.com/) http..
posted by スタッフ at 07:59

2019年06月04日

視覚障害の原因は緑内障が最多

厚労省の研究班によると、平成27年度に新たに障害者手帳の交付を受けた視覚障害者の原因疾患は緑内障が最多で、原因に占める割合も過去最高(28・6%)になったそうです。因みに、2位は網膜色素変性(14・0%)、3位は糖尿病網膜症(12・8%)で、患者の大半が高齢者だそうです。対策としては、早期発見が重要で、そしてそのために定期的な検査を行うべきとのこと。 https://www.sankei.com/life/news/190603/lif1906030016-n1.htm..
posted by スタッフ at 07:56

2019年06月02日

糖尿病

糖尿病についての解説記事が出ていました。日本人の特徴などが紹介されています。 https://www.sankei.com/life/news/190531/lif1905310022-n1.html (https://www.sankei.com/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%9C%94A%95a
posted by スタッフ at 07:07

2019年05月23日

人工知能(糖尿病の治療や生活指導への活用)

AI(人工知能)の医療系への応用の記事がよく出てきますが、血圧や運動量という日々の情報をウェアラブル端末を介して、食事内容の情報とともに、スマホにリアルタイムに集めて、病院と接続したコンピューターに送信し、AIが解析して糖尿病の治療に活用する試みが進行しているそうです。患者が飽きないように工夫したアプリが、日々励ましてくれるそうです。2022年に糖尿病の標準的な治療法として位置づけることを目指しているそうです。 https://www.asahi.com/article..
posted by スタッフ at 08:06

2019年05月22日

認知症予防(WHOの初指針)

WHO(世界保健機関)による、初の認知症予防の指針が公表され、習慣的な運動や禁煙、血圧を適正に維持すること、生活習慣の改善などによる糖尿病治療などを推奨しているそうです。運動に関しては、65歳以上は認知機能の低下を防ぐため、1週間に150分以上の中程度の有酸素運動をすることを勧める。有酸素運動は1回に10分以上するとよいそうです。WHOによると世界に現在、約5千万人いる認知症の人は、このままでは2050年に約3倍の1億5200万人になると推計されているそうです。 htt..
posted by スタッフ at 07:57

2019年04月25日

糖尿病患者(腎臓病のリスクマーカー)

糖尿病の合併症で腎不全になり、透析に入る患者さんがいますが、糖尿病患者において、将来、腎臓病になるリスクが高い人を探すためのマーカー(目印)となる物質(血中のフェニル硫酸)が突き止められたそうです。 https://mainichi.jp/articles/20190424/k00/00m/040/047000c (https://mainichi.jp/) https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/04/press-Abe-..
posted by スタッフ at 08:18

2019年02月26日

2型糖尿病(冬場に血糖や血圧などのコントロールが悪化)

血液透析(人工透析)に入る原因ともなる糖尿病ですが、2型糖尿病の患者は、(夏場と比べて)冬場に血糖や血圧などのコントロールが悪化するという研究結果が発表されたそうです。その理由として、寒さによる運動不足や年末年始の食生活の乱れ、風邪などが要因として考えられるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190225-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr...
posted by スタッフ at 08:27

2019年02月20日

糖尿病(農作業で改善するか検証)

糖尿病の患者さん達が、農作業をすることで病状を改善できるか実証研究(血糖値の改善、活動量やストレスの指標の変化、生活習慣の改善の程度などの検証)が進められているそうです。運動ではなく、作業なので運動が苦手な人たちでも継続して取り組めるのがメリットのようです。リハビリとして取り入れた病院もあるそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM1Y3V89M1YPLBJ001.html?iref=com_api_med_mednewstop ..
posted by スタッフ at 08:46

2019年02月16日

インスリン投与の新しい方法

糖尿病の治療でインスリンを注射する替わりに、小型のカプセルを飲むだけで投与される方法が、アメリカで開発されたそうです。カプセルの中に、針とバネが入っていて、インスリンを胃の内壁に投与するそうです。詳しい仕組みは書かれていませんが、胃壁では痛みを感じにくいそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190215-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yo..
posted by スタッフ at 08:02

2019年01月15日

脳内ストレスと病気の関係

脳に与えるストレス(痛み、疲れ、不眠など)が、どのような病気(循環器疾患、糖尿病、がん、精神疾患など)の発症に関わるのかを解明するプロジェクトが始まるとの記事が出ていました。分子イメージングやバイオマーカーなどのデータを元にするようで、その結果に基づいて、予防や治療法の開発を目指すそうです。 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201901/0011978126.shtml (https://www.kobe-np.co.jp/)..
posted by スタッフ at 09:46

2018年12月06日

肥満を防ぐ遺伝子

体脂肪の蓄積を抑え、肥満になるのを防ぐ遺伝子「Ly75」が、マウスで発見されたそうです。この遺伝子に変異があると遺伝子の働きが増えると考えられるそうで、ヒトにも同じ遺伝子があるそうです。この発見が糖尿病などの生活習慣病の改善に役立つことが期待されるそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASLD463B8LD4OIPE02G.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 20:59

2018年11月10日

世界糖尿病デーのイベント

先週にも紹介しましたが、14日は「世界糖尿病デー」です。 各地で色々な啓発イベントが行われていて、紹介した記事が出ていました。 http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20181110/CK2018111002000044.html (http://www.chunichi.co.jp/) https://www.cad-net.jp/seminar/uploads/1057/8b12c9a2bb3261f46e192..
posted by スタッフ at 08:34

2018年11月09日

慢性疾患患者の災害時の対処法

透析患者や糖尿病患者などの慢性疾患を抱えている患者さん方について、災害などによる避難を余儀なくされたときの対処方法についての記事が出ていました。臨床工学技士も関わる大切なことですので、皆さんも読んでみてください。 https://www.sankei.com/life/news/181108/lif1811080012-n1.html (https://www.sankei.com/) 避難: http://kumw-me.seesaa.net/pages/u..
posted by スタッフ at 08:13

2018年11月05日

世界糖尿病デー

11月14日は、世界糖尿病デーですが、それに因んで県内の医療機関でも色々な啓発イベントが予定されているようです。詳しくは記事を見てみてください。 http://medica.sanyonews.jp/article/9816 (http://www.sanyonews.jp/) http://www.wddj.jp/ http://www.dm-net.co.jp/calendar/2018/028610.php 世界糖尿病デー: http://k..
posted by スタッフ at 14:16

2018年07月01日

糖尿病網膜症

数日前、和歌山県における糖尿病性腎症の重症化予防対策についての記事を紹介しましたが、腎症と並んで合併症として知られている「糖尿病網膜症」についての解説記事が出ていました。定期的な検査が大切とのこと。 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/274342 (http://www.okinawatimes.co.jp/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?k..
posted by スタッフ at 09:22

2018年06月29日

透析患者数の増加抑制のための対策

本日から、神戸で第63回日本透析医学会学術集会が開催されていますが、本学科からも参加していますし、たくさんの卒業生の皆さんも参加されていると思います。 http://www2.convention.co.jp/63jsdt/index.html さて、和歌山県では、10万人当たりの慢性透析患者が、全国平均を上回っているということで、糖尿病性腎症の重症化予防対策を推進して行くそうです。 http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=..
posted by スタッフ at 13:43

2018年06月22日

尿中の糖鎖から腎機能の悪化を予測

昨日、糖尿病についての記事を紹介しましたが、糖尿病患者さんの尿に含まれる糖鎖を測定することで、腎機能の悪化を予測する方法が開発されたそうです。透析に至る可能性のある糖尿病腎症の予防とメカニズム解明につながる可能性があるとのこと。 http://www.sanyonews.jp/article/736415 (http://www.sanyonews.jp/) 糖尿病性腎症: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search..
posted by スタッフ at 08:24

2018年06月21日

糖尿病の解説記事

腎不全の原因にもなる糖尿病についての解説記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/SDI201806130475.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%9C%94A%95a
posted by スタッフ at 09:15

2018年06月03日

熊本地震で高血圧や糖尿病の疑いある人が急増

国民健康保険の特定健診(40〜74歳)の結果から、熊本地震の後、高血圧や糖尿病の疑いがある住民が急増していることがわかったそうです。地震による生活環境の変化やストレスなどの影響が考えられるとされているようです。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/421077/ (https://www.nishinippon.co.jp/) 熊本地震: http://kumw-me.seesaa.net/pa..
posted by スタッフ at 07:47

2018年04月24日

授乳期間と糖尿病発症リスクの関係

アメリカで1238人の女性を対象とした研究で、出産後6ヶ月以上授乳した人は、しなかった場合に比べて、出産可能年齢の間に糖尿病になるリスクが半分近くになるとの結果が出たそうです。因果関係までは示されていないそうですが、母乳に含まれるホルモンが、膵臓の細胞に影響を与えているのではないかなど推測されているようです。 http://www.sankei.com/life/news/180424/lif1804240014-n1.html (http://www.sankei...
posted by スタッフ at 17:50

2018年04月17日

不健康な生活習慣が鬱病発症リスク

鬱病経験者1千人と非経験者1万1千人を比較したところ、不健康な生活習慣(「朝食を食べない」「間食や夜食が多い」「肥満または体重不足」「脂質異常症や糖尿病」など)が鬱病の発症リスクとなることがわかったそうです。すなわち、生活習慣の見直しで、鬱病の改善に繋がる可能性がありそうです(検証が必要ですが)。やはり、生活習慣を整えておくことが大切ですね。 http://www.sankei.com/life/news/180417/lif1804170006-n1.html (h..
posted by スタッフ at 12:52

2018年04月17日

新しい人工皮膚が実用化

コラーゲン製の人工皮膚に、皮膚の細胞や血管を増やす作用があるたんぱく質を加えた新しい人工皮膚が開発されたそうです。従来の人工皮膚よりも数倍治療効果が向上するそうで、重度の火傷だけでなく、糖尿病に伴う皮膚疾患の治療にも保険適用され、応用範囲が広がりそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180417-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiur..
posted by スタッフ at 12:29

2018年04月02日

太もも付け根に膵島細胞の移植

糖尿病患者の治療法として、膵島細胞の移植がありますが、太腿の付け根の皮下脂肪に移植する簡易な方法が開発されたそうです。これまでに肝臓への移植もあるようですが、拒絶反応で多くの細胞が破壊されてしまう問題があり、たくさんの細胞を移植する必要があったそうですが、新しい方法では少ない量で済むようです。まだ、マウスの実験段階なので、これから人への応用が進展することが期待されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180402-OYTE..
posted by スタッフ at 18:16

2018年03月26日

生活習慣とうつ病のリスクの関係

肥満(BMIが30以上)や低体重(BMIが18.5未満)、糖尿病、高脂血症の人は、うつ病の発症リスクが高いという結果が発表されたそうです。間食や夜食をほぼ毎日食べている人でもリスクが高かったそうです。一方、朝食を毎日食べている人や「ゆっくり泳ぐ」、「カートを使わないで歩くゴルフ」などの中等度以上の運動を習慣的に行っている人は、リスクが低かったそうです。この結果から、運動や食事などの生活習慣の改善が、うつ病の治療や予防に繋がる可能性がありそうです。 https://yom..
posted by スタッフ at 07:30

2018年03月02日

国内の処方薬市場(3年連続10兆円超え)

昨年の国内の医療用医薬品(処方薬)の売り上げが、10兆5149億円(薬価ベース)で3年連続の10兆円超えだったそうです。ただし、前年比で1%減で、2010年以降初めての前年を下回ったそうです。内訳は、抗がん剤がトップで、その次に糖尿病薬だったそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL3134VFL31ULBJ002.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) ..
posted by スタッフ at 08:06

2018年01月10日

睡眠不足の弊害

睡眠不足による高血圧や糖尿病との関連についての解説記事が出ていました。寝だめが役に立たないことや寝過ぎもよくない(恐らく眠りの質が悪いなどの問題)とのことです。試験対策の中でも、何度も書いてきましたが、睡眠もしっかり取りながら、起きている間は集中力の高まった状態でいられるように管理しましょう。 http://www.sankei.com/life/news/180109/lif1801090023-n1.html (http://www.sankei.com/) ..
posted by スタッフ at 08:41

2018年01月01日

血糖値変動に応じてインスリンを分泌する素材

血糖値の変動に応じて、インスリンの分泌を変動させられる素材が開発されたそうです。フェニルボロン酸を高分子のゲルに組み込んだ素材で、実用化できれば患者の皮膚に貼るだけで糖尿病の治療が行えるそうで、5年後の臨床研究を目指しているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASKDW64NXKDWOIPE017.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 血糖値: http://kumw-..
posted by スタッフ at 07:45

2017年12月13日

都道府県別の平均寿命

2015年の都道府県別の平均寿命が発表されました。 男性 1位:滋賀、2位:長野、3位:京都 女性 1位:長野、2位:岡山、3位:島根 厚労省の担当者によると「上位の都道府県は糖尿病での死亡割合が低かったり喫煙者が少なかったりといった特徴があり、下位では食塩摂取量の多さや歩行数の少なさなどが見受けられる」と分析しているようです。岡山県も女性が長生きなようです。ただし、健康寿命については、岡山県は男女とも全国平均を下回っているそうですので、そこの改善が鍵になってき..
posted by スタッフ at 18:28

2017年10月26日

糖尿病の合併症を抑制

国内での臨床試験「J―DOIT」の結果として、2型糖尿病の治療目標(血糖値、血圧、脂質)を現行の診療指針より厳しくして、収縮期血圧を120 mmHg未満などにすると、平均8年半の追跡の結果、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を24%抑制することができたそうです。具体的には、脳卒中は58%、糖尿病性腎症は32%低く抑えられたそうです。この結果を受けて、今後の診療指針で管理目標値をより厳しくするのではないかと見られているようです。 http://www.asahi.com/art..
posted by スタッフ at 08:39

2017年10月11日

2型糖尿病(低い合併症の認知度)

2型糖尿病患者に行ったアンケートで、糖尿病で狭心症や脳梗塞など心・脳血管疾患のリスクが上昇することを知らない患者が多いことが明らかになったそうです。先月紹介した記事で、国内で糖尿病が強く疑われる人が約1千万人を超え、予備軍も約1千万人ということで、そうした人達に合併症も含めて疾患のことをよく理解してもらうことも大切ということと思われます。 http://www.sankei.com/life/news/171011/lif1710110008-n1.html (htt..
posted by スタッフ at 08:16

2017年09月22日

糖尿病の疑いが1000万人

昨日も糖尿病関係の記事を紹介しましたが、厚労省の国民健康・栄養調査によると、糖尿病を強く疑われる成人が昨年時点で推計約1千万人に達したことがわかったそうです。1千万人を超えたのは初めてで、高齢者で糖尿病になる人が増えているためとみられています。一方、糖尿病予備軍は、メタボ対策の成果と思われますが、前回調査より100万人減って、約1千万人だったそうです。 https://this.kiji.is/283536304213656673?c=39546741839462401..
posted by スタッフ at 08:23

2017年09月21日

糖尿病の合併症をAIで予測

学生の皆さんは、糖尿病の合併症については、詳しく学んでいますが、「糖尿病腎症」などの発症を人工知能(AI)を使って予測するシステムが開発されたそうです。現時点では「腎症」の予兆がない初期の糖尿病患者でも、半年後に発症するかどうか、高い精度で予測することができるようになったそうです。 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017092090181509.html (http://www.chunichi.co.jp/) http..
posted by スタッフ at 13:18

2017年09月15日

肥満の原因酵素を特定

数日前にも肥満に関する記事を紹介しましたが、脳の摂食中枢で作用して肥満の原因となる酵素「PTPRJ」が特定されたそうです。ホルモンの「レプチン」の作用を抑制するようです。PTPRJの阻害剤が開発されると肥満の治療薬になると期待されているようです。また、この酵素はインスリンの働きも抑制するので、糖尿病治療薬にもなり得るようです。 https://this.kiji.is/281000592976151649?c=39546741839462401 (http://www..
posted by スタッフ at 07:29

2017年08月19日

非侵襲血糖値センサー

指に光を当てて非侵襲的に血糖値を計測する技術が開発されたそうです。5年後の一般向けの販売を目指しているそうです。 https://this.kiji.is/271210709966848001?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017081902000135.html (http://www...
posted by スタッフ at 06:12

2017年07月20日

糖尿病の新治療法

糖尿病の開発中、あるいは実用化された新しい治療法についての記事が出ていました。このブログでも、紹介した方法も含まれていますが、吸入インスリン製剤や飲み薬タイプのインスリン製剤、人工膵臓、iPS細胞を使った膵臓細胞について紹介されています。 http://www.asahi.com/articles/SDI201707119501.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 糖尿病: http://kumw-me...
posted by スタッフ at 08:47

2017年07月06日

インスリン療法

インスリン療法とGLP−1受容体作動薬についての解説記事が出ていました。 http://www.asahi.com/articles/SDI201706278629.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 先週、1型糖尿病の患者さんが周りの理解を得にくい状況があるという記事を紹介しましたが、1型糖尿病患者によるアメリカのプロ自転車チームと日本人少年の交流を描いた漫画についての記事が出ていました。 http..
posted by スタッフ at 08:35

2017年06月26日

1型糖尿病(周囲の理解の必要性)

1型糖尿病の高校生が経験した周囲の理解を得にくい状況についての記事が出ていました。恐らく他でも起きている事例ではないかと思われます。 http://www.asahi.com/articles/ASK6T5TZFK6TPLBJ002.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%9C%94A%..
posted by スタッフ at 07:17

2017年06月22日

糖尿病(内服薬治療)

糖尿病の内服薬治療についての解説記事が出ていました。 http://www.asahi.com/articles/SDI201706137603.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%9C%94A%95a
posted by スタッフ at 08:37

2017年05月18日

高齢糖尿病患者の診療指針

日本老年医学会と日本糖尿病学会の2学会が、筋肉量が落ち歩行や立ち上がる能力の低下に繋がりそうな65歳以上の糖尿病患者に限定した診療指針を初めて作成し、「重度の腎機能障害がなければ、十分なたんぱく質をとることが望ましい」としたそうです。(1年前に関連記事を紹介しましたが)その他にも、高齢糖尿病患者の血糖管理の基準値なども記載されているそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK5J7JFGK5JUBQU01C.html?iref=com_..
posted by スタッフ at 14:13

2017年04月24日

所得が低いほど治療中断の可能性大

日本医療政策機構が行った調査によると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療を中断した252人を対象に、その理由を尋ねたところ、「医療費の負担が大きかった」が25%、「通院の手間」が31%、「仕事や家庭環境の変化」が27%だったそうです。「医療費の負担」について世帯収入別で見たところ、400万円未満は34%で、治療中断の理由のトップだったそうです。400万円以上800万円未満は24%、800万円以上は17%となり、所得に応じた負担感の違いが反映されているようです。 htt..
posted by スタッフ at 13:03

2017年04月18日

ウエアラブルセンサーで汗成分を分析

アメリカの研究グループによって、汗成分を分析できるウエアラブルのセンサーが開発され、嚢胞性線維症や糖尿病などの診断と治療を改善できる可能性があるとの記事が出ていました。これから、データ収集を積み重ねて、いろいろな知見を得ていくものと思われます。 http://www.afpbb.com/articles/-/3125444?pid=0 (http://www.afpbb.com/) ウエアラブル: http://kumw-me.seesaa.net/pages..
posted by スタッフ at 13:32

2017年04月15日

遠隔診療の保険適用を拡大

厚労省は、2018年度の診療報酬改定で、保険適用になる遠隔診療の対象を拡大することにしたそうです。この中で目玉となるのが、重症化すると透析などで医療費が高額となる糖尿病患者を遠隔でモニタリングして、かかりつけ医の指導を受けられるようにして、重症化を予防することだそうです。また、日常的な健康指導や疾病管理も進めていくそうです。また、医師不足が深刻な地域への対応にもなるということのようです。 http://www.asahi.com/articles/ASK4G03P8K4..
posted by スタッフ at 08:20

2017年04月04日

世界自閉症啓発デー

今週は、「発達障害啓発週間」です。4月2日が国連の定めた「世界自閉症啓発デー」であるのに合わせてのようです。学内でも教職員の皆さんが、青いリボンを胸に付けていると思いますが、それがシンボルになっています。日本各地でもそれに因んだイベントが行われているようです。 http://www.asahi.com/articles/ASK425JVGK42OQIP002.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https:/..
posted by スタッフ at 08:33

2017年03月10日

人工心臓(感染症リスクを低減)

重度の糖尿病で心臓移植が受けられない心不全患者用に新しいタイプの補助人工心臓が開発されたそうです。従来は電源ケーブルを腹部から出すようになっていて感染症リスクが高いという課題があったそうですが、今回開発されたのは、電源ケーブルを耳の後ろから出すタイプで、感染症リスクを低減できるそうです。 https://this.kiji.is/212522496495699447?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 人工心臓..
posted by スタッフ at 07:34

2017年02月09日

糖尿病

糖尿病についての解説記事が出ていました。学生の皆さんは、知っていなければならないことばかりですが、一般向けの記事でもこのくらいのことが書かれていますよ。 http://www.asahi.com/articles/SDI201702028317.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%9C..
posted by スタッフ at 08:56

2017年01月26日

iPS細胞(異種動物で臓器作製・移植に成功)

マウスのiPS細胞やES細胞をラットに移植して体内でマウスの膵臓を作製し、再びマウスに移植して糖尿病の治療に成功したとのこと。別の種類の動物で臓器を作製・移植して治療効果が確認されたのは世界初だそうです。今後は、ブタでサルの臓器を作る計画があるそうです。 https://this.kiji.is/197048660747404794?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp..
posted by スタッフ at 08:44

2017年01月18日

カロリー制限はやはり効果あり

アメリカの2つの研究チームによるアカゲザルを使った研究で、中高年でカロリー制限を始めると、平均寿命の延長に効果があることが確認されたそうです。また、開始年齢や性別に関係なく、がんの発生率の低下、糖尿病や脳卒中などの加齢に伴う病気の発症も遅延したそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK1K5SDYK1KULBJ016.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://th..
posted by スタッフ at 09:41

2016年12月01日

週に3000〜4000メッツの運動でリスク低下

がんや糖尿病などの特定の病気のリスクを下げるための運動量について、アメリカの研究グループが174の論文を分析したところ、WHOの推奨値(週当たり少なくとも600メッツ分の活動;速歩なら約2時間半、ランニングなら約75分に相当)を大幅に上回る週当たり3000〜4000メッツ分の活動量との研究結果が出たそうです。何事も毎日の積み重ねですね。 http://www.sankei.com/life/news/161201/lif1612010028-n1.html (http..
posted by スタッフ at 18:00

2016年11月23日

糖尿病(30代では虚血性心疾患リスク18倍)

31〜60歳の男性約11万人のデータを分析した糖尿病についての研究結果で、30代の糖尿病の男性が虚血性心疾患を発症するリスクは、血糖値が正常な男性の18倍にもなるとのことです。これまで糖尿病男性全体ではと2〜4倍ということが知られているそうですが、若い男性だけに限定したデータは明らかではなかったようです。 http://this.kiji.is/173727995859617274?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/)..
posted by スタッフ at 07:09

2016年11月17日

肥満でTリンパ球の老化促進

肥満によってTリンパ球の老化が進み炎症誘発物質を放出、糖尿病の発症リスクが高まることが、マウスの実験で明らかになったそうです。加齢にともなって免疫細胞が老化し、その作用が低下し、様々な疾患の発症につながることがわかっていますが、肥満でもそのようなことが起こる可能性が示唆されたということです。 http://www.asahi.com/articles/ASJC751C2JC7ULBJ00G.html?iref=com_apitop (http://www.asahi...
posted by スタッフ at 07:32

2016年11月14日

世界糖尿病デー

今日は世界糖尿病デーです。日本国内はもとより、世界各地でブルーライトアップなど啓発イベントなどが行われるようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJCF5TLJJCFUBQU003.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www.asahi.com/articles/ASJCC75LFJCCUBQU00Z.html (http://www.asahi.com/) ..
posted by スタッフ at 07:12

2016年10月23日

2023年に医療費51.2兆円?

政府の有識者調査会によると、保険診療による国民医療費が、このままのペースでいくと2023年には51.2兆円に達するとの推計値が出たそうです。先日紹介したように2014年度が40兆8071億円でしたので、10兆円以上増えることになってしまいます。効率的なベッドの使い方、ジェネリック医薬品の普及、糖尿病対策などで、削減できる部分もあるようですが、生活習慣の改善など普段からの対策も重要ですね。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/2016..
posted by スタッフ at 08:10

2016年10月12日

糖分の多い飲料に課税すれば

飲料に含有される糖分の問題について、これまでにも何度か記事を紹介しました。メキシコではジュース税を導入したところ、飲料の消費量を減らすことに成功した例も紹介されましたが、WHOは、糖分の多い清涼飲料水に20%以上課税すれば、摂取量が減り、肥満や糖尿病そして医療費を減らせるとの報告書を発表したそうです。メキシコに続いて、イギリス、フィリピン、南アフリカも導入を検討しているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161012/k100..
posted by スタッフ at 07:17

2016年10月05日

インスリン分泌を抑制する因子

インスリンの分泌を抑制する分子の働きが明らかにされたそうです。膵臓のベータ細胞膜に存在する「SNAP23」というタンパク質で、インスリンを細胞外に出す働きがあるそうです。マウスを使った実験で、このタンパク質をなくすと、インスリン分泌が2倍以上増えることがわかったそうです。インスリン分泌の別ルートを経由するように変わったためと見られているようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ9Z5JF4J9ZPLBJ004.html?iref=co..
posted by スタッフ at 07:52

2016年09月21日

糖尿病治療薬が作用するタンパク質

糖尿病の治療薬「メトホルミン」には、血糖値を下げる以外にも老化防止効果、大腸ポリープの再発を防止効果などが報告されています。しかし、この薬が細胞のどのタンパク質に作用しているかは不明だったそうですが、「NHE」というタンパク質に作用していることがわかったそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ9H65DGJ9HOIPE01T.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) メトホルミ..
posted by スタッフ at 17:30

2016年08月31日

喫煙が22の病気の原因

先ほどの記事に関連して、厚労省の有識者検討会が、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病など22種類の病気の発症や死亡の要因として、喫煙が「推定する証拠が十分(確実)」との判定結果をまとめたそうです。受動喫煙についても、先ほどの記事の肺がんを含む7種類の病気と因果関係があるのが「確実」と発表したそうです。厚労省もこの結果を含む報告書案に基づいて、東京五輪・パラリンピックに向けて対策を行っていくようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160..
posted by スタッフ at 08:30

2016年08月27日

大腸がん(再発防止物質を開発)

大腸がんの再発を防ぐ可能性がある物質を開発したとの記事が出ていました。今年3月には、糖尿病治療薬(メトホルミン)が、大腸ポリープの再発を防ぐ効果があるとの研究結果についての記事を紹介しました。 http://www.asahi.com/articles/ASJ8V3VSLJ8VULBJ003.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/article/4345508..
posted by スタッフ at 16:30

2016年08月21日

AIが糖尿病の改善・予防のアドバイス

医療への応用が推進されている人工知能(AI)ですが、経産省が、医療費削減のため、AIを使って糖尿病の改善や予防に繋げる助言システムの開発を始めるそうです。個人ごとに運動や食事などの最適な生活習慣の改善方法などをアドバイスしてくれるそうです。これから糖尿病患者のいろいろなデータを収集してデータベース化して、2017年度中の完成を目指しているそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160820-OYT1T50026.html (h..
posted by スタッフ at 09:16

2016年08月16日

AGEで虫歯の進行が遅くなる

老化に関係し、糖尿病や腎不全を悪化させる物質として知られる「AGE(終末糖化産物)」ですが、歯に蓄積すると虫歯の進行が遅くなることがわかったそうです。加齢により虫歯の進行が遅くなる原因と見られるようです。AGEというと悪いイメージがありますが、歯の治療法の開発などに応用できるかもしれません。 http://this.kiji.is/137842203224262140?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) htt..
posted by スタッフ at 13:10

2016年07月28日

メトホルミンでがん免疫力向上

糖尿病治療薬「メトホルミン」については、これまでにも、キラーT細胞の活性化作用、老化防止効果、大腸ポリープの再発を防止効果などが報告されていますが、がんに対する免疫細胞の攻撃力を高める作用が動物実験で明らかにされたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160728-OYTET50036/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) メトホ..
posted by スタッフ at 12:05

2016年07月12日

糖尿病の重症化防止実験(ウェアラブル端末)

経産省が、今月から大手企業や自治体、医療機関が参加して、糖尿病予備軍の人らの運動量をウェアラブル端末で分析し、重症化を防ぐ実験を始めるそうです。それによって、医療費削減に繋げる狙いがあるようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ7D2JHGJ7DUBQU004.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www.asahi.com/articles/ASJ7C4RL6..
posted by スタッフ at 12:12

2016年07月07日

糖尿病のビッグデータで重症化予防

糖尿病患者の治療経過(血液検査、使用した薬など)を集めたビッグデータを基に、新たな患者の症状の進行(重症化する確率)や薬の効果を予測をグラフで示すシステムが開発されたそうです。それを見せられると患者側も治療への取り組み方が変わるでしょうね。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160707-OYTET50019/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/..
posted by スタッフ at 17:30

2016年07月05日

認知症(生活習慣の改善が重要)

認知症関係の記事が続いていますが、脳卒中、糖尿病、心臓病を抱えていたり、握力が弱いなどの人は、認知症を発症するリスクが高いとの調査結果が発表されたそうです。認知症予防のためにも、生活習慣の改善が大切ということになります。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160704-OYTET50028/?catname=news-kaisetsu_news_senior-news (https://yomidr.yomiuri.co.j..
posted by スタッフ at 06:25

2016年06月23日

糖尿病の外来医療費

厚労省によると、糖尿病の一人あたりの外来医療費を比べると、都道府県間で最大1・7倍の開きがあったそうで、今後、各都道府県に生活習慣の改善などを促していくそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160623-OYTET50038/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pa..
posted by スタッフ at 21:44

2016年06月21日

神経障害性疼痛の治療薬の臨床試験

がんや糖尿病などのために発症する「神経障害性疼痛」の治療薬(「P2X4受容体」の阻害薬)実用化のため、世界初の臨床試験が8月に開始されるそうです。その疼痛は「人類史上最悪の痛み」と呼ばれているそうです。現在、推定で世界に数千万人の患者がいると見られているそうですが、有効な治療薬はないそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160620-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news (ht..
posted by スタッフ at 05:49

2016年06月16日

糖尿病で海馬が萎縮

糖尿病歴が長いほど、脳の容積が小さくなる傾向があり、特に海馬の萎縮が進む傾向があることがわかったそうです。海馬の萎縮は、認知症患者でもよく観察されており、注目されます。 http://www.asahi.com/articles/ASJ696R5MJ69UBQU010.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?ke..
posted by スタッフ at 17:40

2016年05月28日

異種移植(一定条件下で容認へ)

先月関連記事を紹介しました「異種移植」ですが、厚労省が一定の条件の下、国内でも容認する方針を示したそうです。先月にも紹介した糖尿病患者への豚の臓器の細胞移植についてです。早ければ3年後にも臨床研究が開始されるようです。3年生は先日臓器移植についての講義を受けましたが、臓器提供が少ない現状を踏まえての取り組みでもあると理解する必要がありそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160528/k10010537941000.html?u..
posted by スタッフ at 08:30

2016年05月21日

高齢の糖尿病患者の治療指針

高齢化に伴い高齢の糖尿病患者が増加しており、その治療について、関係の学会が、患者の年齢、認知機能、併発疾患、余命などを考慮して、個別に血糖をコントロールすべきとの初めての指針を示したそうです。なお、1年前に作成のための合同委員会を設置したとの記事を紹介しました。 http://this.kiji.is/106378521924829193?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.c..
posted by スタッフ at 09:29

2016年05月07日

健康増進に交付金配分

ここ数年、医療費抑制の高まりと相まって、健康増進の取り組みが進んでいますが、厚労省は、メタボ対策や糖尿病予防、ジェネリックの使用割合の向上などの健康増進などで成果を上げた自治体に交付金を配分する制度を開始する方針にしたそうです。今秋にも制度の詳細を提示して、年度内に始めるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160507/k10010511441000.html?utm_int=news-new_contents_list-it..
posted by スタッフ at 07:18

2016年04月22日

中長期の医療支援

熊本、大分で避難生活が長期化する様相を呈していますが、中長期的な医療支援についての記事が出ていました。既に何度も出ていますが、怪我などの対応から、今後はエコノミークラス症候群、生活不活発症、感染症、糖尿病や高血圧などの慢性疾患、出産の対応、血液透析、メンタルストレス対策など様々な対応が求められています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160422/k10010493391000.html?utm_int=news-social_co..
posted by スタッフ at 08:51

2016年04月16日

おかずを先に

今年1月にも関連の記事を紹介しましたが、ご飯よりもおかずを先に食べると消化管の働き方が変化し、血糖値の改善に繋がる仕組みが解明されたとのこと。糖尿病や心筋梗塞など合併症のリスクにも関係するようです。 http://this.kiji.is/93622117994053634?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/432097994.html ..
posted by スタッフ at 00:05

2016年04月10日

ブタ膵島細胞から作製した人工膵島(移植禁止指針の見直し)

一昨年紹介したブタの膵島細胞をカプセルに入れて作製した「人工膵島」を1型糖尿病患者に移植して治療する研究ですが、先月にも(アルゼンチンでの)臨床研究についての記事を紹介しました。それについて、厚労省の研究班が、「異種移植」について、これまでの事実上の移植禁止指針を見直すとの記事が出ていました。早ければ、数年後にも移植されるようになりそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ4B2T4LJ4BUBQU001.html?iref=com_..
posted by スタッフ at 10:15

2016年04月07日

世界の糖尿病人口(4億2200万人)

ここのところ、メタボ関係の記事が続いていますが、WHOによると、2014年の世界の糖尿病人口が推定4億2200万人に達したそうで、1980年の1億800万人から34年間で約4倍に増えたそうです。世界的に食事や運動など対策が求められています。 http://this.kiji.is/90422257739071490?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/new..
posted by スタッフ at 08:47

2016年04月05日

心臓病リスクと胴回りサイズ

将来心臓病になるリスクについて、BMIよりも胴回りサイズの方が有力な指標になるかもしれないとの研究発表がされたとの記事が出ていました。心臓病にかかっていない糖尿病患者200人を対象した研究の結果、胴回りサイズが大きい人ほど、左心室機能に異常がある場合が多いことがわかったそうです。 http://www.afpbb.com/articles/-/3082755 (http://www.afpbb.com/) http://kumw-me.seesaa.net/ar..
posted by スタッフ at 09:03

2016年03月18日

1型糖尿病関連タンパク

昨日、人工膵島の臨床研究のニュースを紹介しましたが、1型糖尿病の発症に関わるタンパク質が特定されたそうです。1型糖尿病のマウスでは、α細胞から分泌されるビタミンD結合たんぱく(VDBP)が、胸腺で非常に少なくなっていたそうです。治療や診断に繋がることが期待されます。 http://www.asahi.com/articles/ASJ3J4GFMJ3JUBQU00G.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http..
posted by スタッフ at 07:09

2016年03月17日

人工膵島(臨床研究で良好な結果)

一昨年10月に関連記事を紹介しましたが、ブタの膵島細胞をカプセルに入れた「人工膵島」の臨床研究をアルゼンチンの1型糖尿病患者4人に実施したところ、平均値で2年以上にわたり血糖値(ヘモグロビンA1c)を7%未満に維持できたそうです。重い健康被害も出ていなかったそうです。今後、実用化に向けての研究開発がさらに進みそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=131601 (http://www.yomidr.yomiu..
posted by スタッフ at 12:47

2016年03月16日

漢方でメタボ対策

漢方薬に使われる生薬の甘草(かんぞう)の成分(イソリクイリチゲニン:ILG)が、メタボリック症候群や糖尿病の原因となる内臓脂肪の炎症や線維化を抑制することが、マウスを使った実験で明らかにされたそうです。 http://this.kiji.is/82420147318849537?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyw..
posted by スタッフ at 00:10

2016年03月04日

糖尿病治療薬に大腸がん再発防止効果

糖尿病治療薬(メトホルミン)が、大腸ポリープの再発を防ぐ効果があるとの研究結果が発表されたそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160303-OYT1T50135.html?from=ycont_top_txt (http://www.yomiuri.co.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJ324K6TJ32ULBJ00M.html (http://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 09:28

2016年02月16日

医療用医薬品(年間売り上げ10兆円超)

日本国内の医療用医薬品の年間売り上げが2015年に10兆円を超えたそうです。4年連続の増加で、10兆円超えは史上初だそうです。がん治療薬(8200億円)、高血圧治療薬(5600億円)、糖尿病治療薬(5100億円)が上位3種だったそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=130402 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 00:30

2016年02月07日

糖尿病の大規模データベース

糖尿病の合併症防止のための効果的な薬や生活習慣、あるいは薬の副作用が強く出る人の特徴などを調べる研究などに利用するため、10万〜20万人規模の糖尿病患者のデータを集めるための大規模データベースを運営し始めたそうです。 http://this.kiji.is/68608165479022597?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/searc..
posted by スタッフ at 00:30

2016年01月22日

歩行時間と糖尿病のリスク

国立がん研究センターの疫学調査で、1日に30分以下しか歩かない人は、2時間以上歩く人に比べ、糖尿病になっているリスクが1.23倍高いとの結果が出たそうです。 http://this.kiji.is/62836239594604021?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJ1P4HG2J1PULBJ00K.html?iref=com_apitop ..
posted by スタッフ at 00:20

2016年01月17日

ジュース税でダイエット?

メキシコが、肥満や糖尿病の人を減らすために、砂糖入り飲料に約10%のジュース税を一昨年から導入したところ、こうした飲料の消費額を大幅に減らせたそうで、「ジュース離れ効果」があったと見ているようです。そのため、税を20%に引き上げる検討もしているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/160116/lif1601160001-n1.html (http://www.sankei.com/) http://kumw-me.sees..
posted by スタッフ at 05:30

2016年01月15日

砂糖不使用のチョコレート

糖尿病患者などに向けた砂糖不使用のチョコレートが販売されていて、ダイエット中の人達にも人気があるそうで、かなりの売れ行きとのこと。以前、チョコレートに血圧低下、HDL増加、認知症予防などの効果がありそうだとの記事を紹介しましたが、このチョコレートならカロリーをあまり気にせず食べられそうですね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160114/k10010371321000.html (http://www.nhk.or.jp/) ..
posted by スタッフ at 08:40

2016年01月06日

HbA1c値とがんのリスク

46〜80歳の男女約3万人を対象とした最長25年間の追跡調査によると、糖尿病と診断された人を除く約2万8千人のデータで、HbA1cが高くなるほど、がんのリスクが高くなる傾向があることがわかったそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASHDP4F9GHDPULBJ00D.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user..
posted by スタッフ at 05:22

2016年01月04日

米の前に魚や肉

世界糖尿病デーに因んで、「ベジ・ファースト」野菜を先に食べることについての記事を紹介しましたが、日本食に因んで、米飯の前に魚や肉を食べることによって、血糖値の急上昇を抑制できることがわかったそうです。おかずの食べる順番でも違いがあるのかどうか、興味が湧きますね。 http://www.asahi.com/articles/ASHDX5GN5HDXPLBJ001.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http:/..
posted by スタッフ at 16:34

2015年12月24日

がん・腎臓病の新薬開発

AMED(日本医療研究開発機構)が、がんや腎臓病の治療薬の産学連携組織を設置したそうです。腎臓病は、特に(透析患者の透析導入の主な原因ともなっている)糖尿病性腎症の治療法の研究だそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20151224-OYT1T50021.html (http://www.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword..
posted by スタッフ at 17:25

2015年12月18日

糖質制限食品

生活習慣病予防やダイエットに関連して、糖質制限食品、いわゆるロカボ「Low−Carbohydrate」(低炭水化物)についての記事が出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/151217/lif1512170010-n1.html (http://www.sankei.com/) 糖尿病と食事関係の記事もいくつも出てきました。 http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?k..
posted by スタッフ at 07:56

2015年12月07日

老化防止薬?

2型糖尿病の治療薬「メトホルミン」を老化防止薬としての効果について臨床試験が、来年からアメリカで実施されるそうです。既に動物実験で老化防止効果が確認されているそうで、ヒトでの結果が注目されます。 http://www.sankei.com/life/news/151206/lif1512060002-n1.html (http://www.sankei.com/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyw..
posted by スタッフ at 00:10

2015年11月17日

ベジ・ファースト

世界糖尿病デーに因んだ記事が続きます。糖尿病の予防のために野菜を最初に食べる「ベジ・ファースト」という言葉があるそうで、紹介記事が出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/151117/lif1511170010-n1.html (http://www.sankei.com/) 先日も香川県でうどんだけでなく、野菜も積極的に食べるように活動したら、糖尿病による死亡率が減少したとの記事が出ていましたね。 http://k..
posted by スタッフ at 08:44

2015年11月16日

糖尿病・腎臓病患者向けの洋菓子開発

「世界糖尿病デー」に関連して、糖尿病関係のニュースが続きますが、川崎医大附属病院が洋菓子メーカーと共同で、糖尿病や腎臓病患者向けのカロリーやタンパク質控えめの洋菓子を開発したそうです。 http://medica.sanyonews.jp/article/4754 (http://medica.sanyonews.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83P%81%5B%83L ..
posted by スタッフ at 08:46