2020年05月08日

糖尿病によるがん発症のメカニズム

京都大学の研究グループが、糖尿病によってがん発症リスクがが高まる仕組みの一端をハエを使った実験で解明したそうです。がんの元になる異常な細胞が正常な細胞によって排除される「細胞競合」に関わる「chico」と呼ばれる遺伝子の破壊が腫瘍化に関与していることを発見したそうです。そして、chico遺伝子の破壊で「高インスリン血症」にな理、糖尿病治療薬「メトホルミン」の投与で、細胞競合が復活して、がん化が見られなくなったそうです。新たな、がんの予防法や治療法の開発に繋がることが期待されて..
posted by スタッフ at 09:43

2017年09月15日

肥満の原因酵素を特定

数日前にも肥満に関する記事を紹介しましたが、脳の摂食中枢で作用して肥満の原因となる酵素「PTPRJ」が特定されたそうです。ホルモンの「レプチン」の作用を抑制するようです。PTPRJの阻害剤が開発されると肥満の治療薬になると期待されているようです。また、この酵素はインスリンの働きも抑制するので、糖尿病治療薬にもなり得るようです。 https://this.kiji.is/281000592976151649?c=39546741839462401 (http://www..
posted by スタッフ at 07:29

2016年09月21日

糖尿病治療薬が作用するタンパク質

糖尿病の治療薬「メトホルミン」には、血糖値を下げる以外にも老化防止効果、大腸ポリープの再発を防止効果などが報告されています。しかし、この薬が細胞のどのタンパク質に作用しているかは不明だったそうですが、「NHE」というタンパク質に作用していることがわかったそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ9H65DGJ9HOIPE01T.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) メトホルミ..
posted by スタッフ at 17:30

2016年08月27日

大腸がん(再発防止物質を開発)

大腸がんの再発を防ぐ可能性がある物質を開発したとの記事が出ていました。今年3月には、糖尿病治療薬(メトホルミン)が、大腸ポリープの再発を防ぐ効果があるとの研究結果についての記事を紹介しました。 http://www.asahi.com/articles/ASJ8V3VSLJ8VULBJ003.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/article/4345508..
posted by スタッフ at 16:30

2016年07月28日

メトホルミンでがん免疫力向上

糖尿病治療薬「メトホルミン」については、これまでにも、キラーT細胞の活性化作用、老化防止効果、大腸ポリープの再発を防止効果などが報告されていますが、がんに対する免疫細胞の攻撃力を高める作用が動物実験で明らかにされたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160728-OYTET50036/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) メトホ..
posted by スタッフ at 12:05

2016年03月04日

糖尿病治療薬に大腸がん再発防止効果

糖尿病治療薬(メトホルミン)が、大腸ポリープの再発を防ぐ効果があるとの研究結果が発表されたそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160303-OYT1T50135.html?from=ycont_top_txt (http://www.yomiuri.co.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJ324K6TJ32ULBJ00M.html (http://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 09:28

2016年02月16日

医療用医薬品(年間売り上げ10兆円超)

日本国内の医療用医薬品の年間売り上げが2015年に10兆円を超えたそうです。4年連続の増加で、10兆円超えは史上初だそうです。がん治療薬(8200億円)、高血圧治療薬(5600億円)、糖尿病治療薬(5100億円)が上位3種だったそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=130402 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 00:30

2015年03月31日

糖尿病薬でがん治療

糖尿病治療薬にキラーT細胞の活性化作用があることが明らかになったそうです。従来のがん治療の効果を高めることが期待されます。 http://www.sanyonews.jp/article/154126/1/ (http://www.sanyonews.jp/) http://iryo.sanyo.oni.co.jp/hosp/h/055/c2015033111073718 (http://iryo.sanyo.oni.co.jp/)
posted by スタッフ at 17:57

2013年12月15日

新しい糖尿病治療薬

糖尿病治療薬で糖の尿中への排泄を促す(再吸収を抑制する)タイプの薬が、来年4月から保険適用される予定だそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131214-OYT1T00697.htm
posted by スタッフ at 22:56

2013年08月28日

糖尿病治療薬とアルツハイマー病

以前、アルツハイマー病と糖尿病の関連についてのニュースを紹介しましたが、薬品メーカーが糖尿病治療薬で、アルツハイマー病の発症抑制効果があるかどうかの検証(国際共同第3相臨床試験)を始めたそうです。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130828cban.html http://kumw-me.seesaa.net/article/359564620.html
posted by スタッフ at 07:30

2012年11月16日

イベント目白押し

今朝はまた一層冷え込みが厳しいですね。明日は、数学検定、保護者懇談会、岡山透析懇話会とイベントが目白押しです。生憎、明日は雨模様の予報ですが、それぞれ頑張りましょう。 今日は、国会も衆議院解散、総選挙としばらく大変な状況になりますね。 糖尿病治療薬が、がん幹細胞を再発しない細胞に変化させるメカニズムを明らかにしたとのニュースが出ていました。既に使われている薬ですから、比較的早くに治療薬として使われる可能性がありますね。 http://mainichi.jp/..
posted by スタッフ at 06:27