2020年02月20日

ホウ素中性子捕捉療法装置(BNCT)の製造販売が了承

「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」装置の製造販売が、厚労省の部会で了承されたそうです。先ほどの記事に関連して、頭頸部がんの治療の選択肢が増えると期待されているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASN2N3G3WN2KULBJ029.html?iref=com_api_med_medicalnewstop (https://www.asahi.com/) BNCT: http://kumw-me.seesaa.net/p..
posted by スタッフ at 13:41

2020年02月20日

iPS細胞(NKT細胞をがん患者に移植)

1月末に関連記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した「NKT細胞」をがん患者(頭頸部がん)に移植する世界初の治験の計画が、千葉大学の審査委員会で条件付きで了承されたそうです。計画の部分的な修正を審査委員会に提出し、正式な了承を経てから、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に治験届を出し、5月末の最初の移植実施を目指しているそうです。 https://www.sankei.com/life/news/200220/lif2002200031-n1.html (http..
posted by スタッフ at 13:36

2020年01月30日

iPS細胞(NKT細胞でがん治療)

理化学研究所と千葉大学の研究グループが開発を進めているiPS細胞から作製した免疫細胞(NKT細胞)を使った、がん細胞を攻撃する治療法の治験の計画が、千葉大学の審査委員会に提出されたそうです。委員会の了承後、PMDA(医薬品医療機器総合機構)による内容の調査があり、順調に了承されると、この夏頃には移植が始まるそうです。対象は、頭頸部がんの患者で、3人に対して、数千万個ずつ移植して、2年間かけて安全性や効果を確認するそうです。 https://www3.nhk.or.jp/..
posted by スタッフ at 13:22

2019年07月02日

光免疫療法の治験結果

数年前から関連記事を紹介してきた「光免疫療法」ですが、アメリカで実施された臨床試験(治験)の結果が公表され、30人の頭頸部がんの患者に対して、第2a相の治験の結果、4人はがんが消失、9人は縮小、この治療法と関連があるとみられる重篤な有害事象は3人にあったそうです。この治療法は、近赤外光をあてると反応する化学物質と、特定のがん細胞に結びつく性質がある抗体を結合させた薬を注射することで、抗体はがん細胞と結合し、それに近赤外光をあてると、がんに集まった薬と光が反応し、がん細胞を壊し..
posted by スタッフ at 07:55

2019年05月25日

iPS細胞(免疫細胞にしてがん治療)

1月にも関連記事を紹介しましたが、健康な人のナチュラルキラーT(NKT)細胞から作製したiPS細胞を大量に増やし、改めてNKT細胞に変化させて、頭頸部がんの患者さんに移植する臨床試験(治験)が、来年2月にも国に申請される方針だそうです。iPS細胞を使った、がん治療の治験は国内初だそうです。承認されると来年3月にも開始されるようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM5S5V93M5SULBJ01D.html?iref=com_apit..
posted by スタッフ at 08:10

2019年01月11日

iPS細胞(NKT細胞で頭頸部がん治療)

人のiPS細胞から、NKT(ナチュラルキラーT)細胞を作製し、 頭頸部がんの患者の血中に投与する臨床試験(治験)が年内にも開始されるそうです。頭頸部がん治療については、オプジーボなどについての記事は以前紹介しましたが、iPS細胞を使ったがん治療の治験は、国内では初めてのようで、新しい免疫療法となるか注目されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190110-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu..
posted by スタッフ at 08:39

2017年03月04日

オプジーボ(頭頸部がんにも)

オプジーボを頭頸部がん(再発や遠隔転移の症例)の治療にも拡大することが了承され、約1カ月後に正式承認、保険適用されるそうです。 https://this.kiji.is/210324009227994615?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASK3352WSK33ULBJ00M.html?iref=com_apitop (http://www.a..
posted by スタッフ at 22:10

2016年08月06日

オプジーボで腎細胞がんの治療

最近頻繁に登場する抗がん剤「オプジーボ」を手術不能か転移性の腎細胞がんの治療にも使用を認めることが、厚労省の専門部会で了承されたそうです。年間4500人が対象になる見込みだそうです。オプジーボについては、ホジキンリンパ腫と頭頸部がんについても使用の承認申請が出ているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/160805/lif1608050026-n1.html (http://www.sankei.com/) http://w..
posted by スタッフ at 08:52

2014年04月22日

ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)

ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)という次世代のがん治療法による、頭頸部がんに対する世界初の臨床試験が、本学のすぐ隣にあります川崎医科大と京都大原子炉実験所で始まったとのニュース。副作用の少ない放射線治療法として注目されます。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=96938 http://www.yomiuri.co.jp/science/20140421-OYT1T50051.html?from=ytop_mai..
posted by スタッフ at 07:57