2020年06月12日

新型コロナウイルス(退院後にも生活に支障が残るケース)

新型コロナウイルスに感染し、治療後、陰性となって退院した後にも、呼吸機能や運動能力の低下などの支障がある人がいることが、医療機関へのアンケート調査の回答でわかったそうです。約1370人中で少なくとも98人いるそうです(約7%)。呼吸機能低下:47人、運動能力低下:46人、認知機能低下:27人、その他に嗅覚異常や高次脳機能障害とみられてケースもあるそうです。ほとんどの人が、重症化して、人工呼吸器やECMOによる治療などを受けていたそうです。やはり、「うつさない、うつらない」ため..
posted by スタッフ at 09:33

2020年03月27日

認知症のワクチン

京都大学iPS細胞研究所の研究チームが、認知症の一因である「タウタンパク質」を鼻の粘膜細胞に作らせ、体内の除去機能を呼び起こさせ、脳への蓄積を抑えるワクチンを作製したそうです。マウスでは認知機能の低下が防げたそうですが、人での効果はこれから検証するようです。いずれ、ワクチン投与で認知症予防が出来るようになることが期待されます。 https://mainichi.jp/articles/20200326/k00/00m/040/293000c (https://main..
posted by スタッフ at 06:55

2019年12月18日

iPS細胞(下垂体機能低下症を再現)

脳の下垂体がうまく形成されない患者(先天性下垂体形成不全)で、ホルモンの分泌が減少する状態(下垂体機能低下症)を、ヒトのiPS細胞を使って試験管内で再現することに成功し、原因遺伝子の一つがわかったそうです。今後、原因解明や治療法の開発に役立つ可能性があるそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASMDJ6DL9MDJPLBJ00D.html?iref=com_api_med_medicalnewstop (https://www.as..
posted by スタッフ at 08:23

2019年12月16日

慢性疲労症候群(治療薬の開発に向けた世界初の臨床試験)

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の患者を対象にした、治療薬の開発に向けた世界初の臨床試験が開始されたそうです。投薬前に改めてPET検査をし、血液や認知機能、自律神経機能などを調べるそうです。そして、脳梗塞の後遺症などに使われている既存薬を計4カ月投与した後、再び各種検査をして炎症や症状が和らいでいるか確かめるとのこと。 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201912/0012960770.shtml (https:..
posted by スタッフ at 13:11

2019年11月07日

腰痛と認知症リスクの関係

大規模調査研究プロジェクト「日本老年学的評価研究(JAGES)」のデータ解析によると、80歳以上で腰痛がある人は、認知症になるリスクが、痛みのない人に比べて半分になることがわかったそうです。痛みを感じること自体が、脳機能が維持できている可能性があるとのこと。 https://www.asahi.com/articles/ASMBZ4CWXMBZPLZU00M.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 07:59

2019年10月10日

脳卒中後の認知症(低い検査実施率)

脳卒中の後に、認知症(血管性認知症)が、約3割の患者さんに起きるそうですが、国立循環器病研究センターが、全国の医療機関を対象に実施したアンケートによると、脳卒中後に認知機能検査を実施している機関が半数以下に留まっていることがわかったそうです。早期発見と治療が大切とのことで、今後、検査を広める動きが活発になりそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM8W3QF3M8WPLBJ001.html?iref=com_api_med_medn..
posted by スタッフ at 08:38

2019年09月10日

衝撃による脳障害(関連タンパク質を可視化)

ボクシングやアメフト、交通事故などで頭部に衝撃を受けてから、数年後から数十年して認知機能の低下や手の震えなどの運動障害が出て来ることがあるそうです。「ボクサー脳症」などとも呼ばれて来たそうですが、こうした患者の脳に蓄積される異常なタンパク質(タウ)を可視化することに日本やアメリカの研究チームが相次いで成功したそうです。早期診断への応用が期待されているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM96640LM96ULBJ00N.html..
posted by スタッフ at 08:15

2019年09月01日

認知症(根本治療薬の開発の現状)

認知症の中で7割ほどを占めるとアルツハイマー病について、根本治療薬の早期の開発が待ち望まれていますが、ここのところ、開発中止が相次いでいるとの記事が出ていました。根本治療薬とは、アミロイドβの蓄積を防いだり、除去したりして進行を抑制するものだそうですが、未だに承認に至った薬はなく、中止に至った理由としては、期待した効果が見られなかった、逆に認知機能が低下した、脳に浮腫が起きるなどの副作用がみられたなどだそうです。開発が進まない理由としては、アミロイドβが蓄積し始めてから、発症..
posted by スタッフ at 07:48

2019年05月08日

肝細胞で脳損傷を修復

怪我で損傷した脳の神経組織を、間葉系幹細胞を使って修復する再生医療の治験で、運動機能の改善が確認されたそうです。来年1月までに再生医療製品としての承認を目指すそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM5752BGM57ULBJ00R.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) 間葉系幹細胞: http://kumw-me.seesaa.net/page..
posted by スタッフ at 06:12

2019年04月30日

アルツハイマー病(ポリフェノールで抑制効果)

ポリフェノールの一種のタキシフォリンに、アルツハイマー病の患者の脳内のアミロイドβの蓄積抑制や炎症を抑える効果があり、認知機能も維持されることがマウスの実験で明らかになったそうです。ただし、毎日、大量投与という条件下での結果のようです。今後、人での効果が出るかどうか検討されていくようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM4V6F9KM4VPLBJ005.html?iref=com_api_med_mednewstop (https..
posted by スタッフ at 05:58

2019年04月18日

死の定義

アメリカなどの研究グループの研究で、死んだブタの脳に血液の代わりとなる液体を流したところ、脳の海馬などの一部の細胞が動き始め、酸素やブドウ糖を消費して神経の信号の伝達に関わる機能が回復しているのが観察されたそうです。意識や感覚など、脳の高度な機能は働いていなかったそうですが、死後も脳の一部が機能していたとのことです。何をもって「死」とするのか、定義が変わる可能性もある研究結果として注目されているそうです。さらに、将来に向けて脳梗塞などの後に脳の機能を維持する治療への応用が期待..
posted by スタッフ at 10:40

2018年12月13日

脳梗塞(神経細胞の移動促進で回復)

脳梗塞のラットの実験で、新しい神経細胞が移動できるように促す特定のタンパク質を多く分泌できるようにした神経細胞を移植したところ、細胞の移動を妨げていた肥大したアストロサイトが形を変えて、神経細胞が移動しやすくなり、運動機能が回復したそうです。脳梗塞の治療法の開発に繋がることが期待されます。 https://www.asahi.com/articles/ASLDF4DCLLDFUBQU00K.html?iref=com_apitop (https://www.asahi..
posted by スタッフ at 18:36

2018年06月03日

かむ力と認知機能の関連

高齢者の認知機能についての研究で、「かみ合わせる力」が大切で、かむ力が強い方が脳への刺激となり、認知機能に関与する(緑黄色野菜を通じて)ビタミン類などの摂取にも繋がっている可能性があるそうです。一方、歯の本数との関連は見られなかったそうです。従って、必ずしも自身の歯でなく、入れ歯などでも咀嚼機能を維持することが大切だそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL6200RXL61UBQU01K.html?iref=com_apitop ..
posted by スタッフ at 00:20

2018年02月23日

チョコレートの効果が根拠不十分

昨年前半に話題になりました高カカオチョコレートの効果(大脳皮質量を増加して学習機能を高める可能性)について、内閣府が大型研究支援事業「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」の評価報告書を公表し、その中で、エビデンス(根拠)が十分でない研究成果を勇み足で発表したと指摘されたようです。効果が完全否定されたようでもありませんが、これから詳しく再検討が行われるのでしょうか。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180223-OY..
posted by スタッフ at 14:43

2017年05月19日

チョコレートの脳若返りのデータを検証

先週紹介したチョコレートによる脳機能の若返り効果の研究の問題について、不十分なデータに基づいているとして、検証作業が開始されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170518-OYTET50023/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/44..
posted by スタッフ at 08:53

2017年04月02日

脊髄損傷の人の機能回復

アメリカでの研究で、脊髄損傷で手足麻痺の人の脳に電極を埋め込み、脳の信号を専用装置で処理し、右手に信号を伝えるようにして、約1年の訓練の後、フォークで食べ物を口に運んだり、カップのコーヒーを飲めるようになったそうです。iPS細胞などを使った再生医療による機能回復も進められていますが、実用化まではまだ時間がかかりそうですので、どの方法が先に実用化されるでしょうか。 http://www.asahi.com/articles/ASK417223K41UBQU00D.html..
posted by スタッフ at 16:31

2017年02月10日

虫歯菌が認知機能低下に関与

虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌が認知機能低下を誘発する可能性があることがわかったそうです。1年ほど前に関連記事で紹介していますが、ミュータンス菌が脳出血発症に関与していることは既に明らかにされています。口腔ケアの重要性がさらに高まりそうです。 https://this.kiji.is/202398670595245563?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.j..
posted by スタッフ at 07:37

2016年10月01日

ロボットスーツ(脳卒中リハビリ用の医療機器を目指して)

ロボットスーツ「HAL医療用」は既にALSなど8つの疾患で、歩行機能改善のための医療機器として承認されていますが、脳卒中患者のリハビリ用としての臨床試験が始められるそうです。 http://this.kiji.is/154403914317121015?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161005-OYTET50013/?catn..
posted by スタッフ at 00:10

2016年08月20日

ジカ熱(成長マウスの脳に感染)

ジカ熱ウイルスが、成長したマウスの脳細胞(学習や記憶に関係する領域)にも感染したとの実験結果が発表されました。人では大人の場合、発熱などの軽症で済むことが多いそうです。ただし、「ジカウイルスが人の認知機能に長期的に影響するかどうか調べる必要がある」とのこと。 http://this.kiji.is/139309830806732802?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.j..
posted by スタッフ at 00:15

2016年08月04日

心肺蘇生で2.7倍に向上

救急車が到着するまでの間に、心肺蘇生を行った場合、1ヶ月後の生存率が大きく異なることがわかったそうです。人工呼吸と心臓マッサージを組み合わせた心肺蘇生を行った場合、しなかった場合に比べて、1か月後に脳機能が良好で生存している割合が2.7倍、心臓マッサージだけをした場合は1.9倍だったそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160804-OYTET50027/?catname=news-kaisetsu_news (ht..
posted by スタッフ at 17:20

2016年07月21日

脳の詳細地図

アメリカの研究チームが、MRIで脳(大脳皮質)を詳細に調べ、構造や働きなどに基づいて180の領域に分けた“詳細な地図”を作成したそうです。これは、オバマ政権が推進する人間の脳機能を解明する研究プロジェクト(Brain Initiative)の一環だそうです。 http://this.kiji.is/128544459203198981?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 07:48

2016年04月15日

人工知能で自閉症の診断

人工知能(AI)のニュースが続きます。人工知能を使って、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で得られた脳活動のデータを基に、自閉スペクトラム症を判定する手法が開発されたとのニュースが出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/160414/lif1604140028-n1.html (http://www.sankei.com/) http://this.kiji.is/93281118348705795?c=395467418..
posted by スタッフ at 08:53

2016年01月14日

脳出血後の効率的なリハビリ

脳出血後に集中的なリハビリによって、脳の特定部位(脳幹の赤核)で神経回路が増強されて運動機能回復に繋がることが明らかになったそうです。この部位をいろいろな方法で刺激することで、効率的なリハビリ効果が期待されそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ1D62KSJ1DOIPE02P.html?ref=rss (http://www.asahi.com/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page...
posted by スタッフ at 07:48

2015年05月07日

コーヒー・緑茶の効果

コーヒーを1日3〜4杯飲んでいる人は、そうでない人と比べて、心臓・脳血管、呼吸器の病気で死亡する危険性が4割ほど減るとの研究結果が出されました。がんによる死亡との関連は見られなかったそうで、全ての死亡の危険性については24%減だったとのこと。 緑茶も1日5杯以上飲む人達では、1杯未満の人達と比べて死亡リスクが男性で13%減、女性で17%減だったそうです。 http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015050701001027.html ..
posted by スタッフ at 12:29

2014年04月05日

慢性疲労

慢性疲労症候群(CFS)の原因として、脳の中の広い範囲で重い炎症が起きていて、機能低下を引き起こしていることが明らかになったとのこと。診断法や治療法の開発に繋がるものと期待されています。 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040401002095.html http://apital.asahi.com/article/news/2014040600002.html http://mainichi.jp/select/..
posted by スタッフ at 09:05

2013年10月24日

体外肺灌流技術による移植

岡山大で「体外肺灌流技術(体外臓器リカバリーシステム)」を使って機能を回復させた脳死ドナーからの肺の移植に成功したとのニュース。今までは移植を断念していたケース(肺機能の低下)でも、移植できる道が開かれたようです。 http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013102323444540/ http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102301002250.html (国試まで129日..
posted by スタッフ at 00:04

2013年09月06日

認知機能の異常の画像診断

脳の記憶や認知機能の異常を検出するための薬剤と画像診断装置が開発されたそうです。診断だけでなく、新薬開発にも有効と期待されています。 http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013090501001708.html
posted by スタッフ at 00:05