2020年01月15日

5人に1人が睡眠不足

睡眠の大切さについて、関連記事が出ていました。厚労省が、一昨年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果が発表され、睡眠が十分にとれていない人が、21.7%に上り、平成21年から増加傾向が続いているそうです。学生の皆さんも睡眠不足では、日中に眠気がさしたり、勉強に集中できなかったりしますね。また、長期にわたると生活習慣病などのリスクも高まるようですので、生活リズムの維持にもウエイトをおいていきましょう。 https://www3.nhk.or.jp/news/html..
posted by スタッフ at 06:35

2019年02月09日

社会的時差ボケ

昨年、同様の記事を紹介したことがありますが、社会的ジェットラグ(時差ボケ)についての解説記事が出ていました。休日前の夜更かしや休日の朝寝坊で、就寝時間や起床時間が遅くなることで、体内リズムが乱れるそうです。2時間以上のずれがあると抑うつ状態が強くなるとの研究結果もあり、また、週末に朝寝坊する人は、翌週前半の疲労感や眠気が強いとの報告もあるそうです。社会的時差ボケは、心臓病のリスクを高めるとの研究もありました。心当たりのある人は、この連休から、そうした悪い習慣を見直してみてはい..
posted by スタッフ at 11:59

2018年10月31日

社会的時差ぼけ

睡眠についての記事が続きますが、週末に夜更かししたり、寝溜めしてしまう人たちがいると思いますが、週明けに眠気を感じる場合があるのは、時差ボケ状態になっているためで、それを「社会的時差ぼけ」と呼ぶそうです。やはり、規則正しい生活を維持するのが大事なようです。 スッキリとした目覚めのコツは、 (1)平日も休日も起きる時間を変えない (2)朝日を浴びて体内時計をリセットする (3)昼食後など眠気があれば、目を閉じて十〜二十分仮眠する などだそうです。 http:..
posted by スタッフ at 08:30

2018年07月26日

居眠りさせないオフィス

AI(人工知能)を使って、仕事中に眠気がさしてきたら、エアコンの設定温度を一時的に下げて、目を覚ませてくれるシステムを開発して行くとの記事が出ていました。具体的には、顔認証技術を応用して、カメラでまぶたの動きを観察して、変化があったら眠気があると判断するようです。大学でも眠気がさす人たちに有効なシステムとなるかもしれません。 https://www.asahi.com/articles/ASL7T4Q3VL7TULFA01D.html (https://www.asa..
posted by スタッフ at 08:42

2018年04月28日

昼寝で午後もスッキリ

昼寝の効用については、先週も一つ紹介しましたが、2014年に厚労省が公表した「健康づくりのための睡眠指針」では、「午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝」を推奨しているそうです。色々な効用も報告されているそうですが、医学的な根拠はまだ十分にはないようです。ただし、大学でも午後の授業で眠気がさすことがあると思いますので、午後もスッキリした状態でいるためにも、昼休み中にちょっと昼寝、あるいはしばらく目を閉じてみてください。 https://www.asahi.com/arti..
posted by スタッフ at 11:45

2018年04月12日

昼寝の効用

昼寝の効果については、何度か紹介してきましたが、企業や学校で実践して効果を上げている様子を紹介した記事が出ていました。よく眠気がさすという皆さんは、10分ほど目を閉じるだけでも効果があるようですので、是非やってみてください。 http://www.sankei.com/life/news/180412/lif1804120011-n1.html (http://www.sankei.com/) 昼寝: http://kumw-me.seesaa.net/pag..
posted by スタッフ at 17:59

2018年01月06日

パーキンソン病(血中カフェイン濃度の違い)

試験勉強で眠気覚ましにコーヒーを飲む人たちもいると思います。カフェインの過剰摂取は、中毒の問題がありますが、1日あたりコーヒー1、2杯程度のカフェイン摂取が、パーキンソン病の発症予防に有効という報告が以前からあったようです。それに関連して、パーキンソン病の患者さんの血中のカフェインの代謝に伴って生じる物質の濃度が、健常者と比べて低いとの研究結果が報告されたそうです。原因として、腸からの吸収障害が疑われているようです。早期診断にも役立つ可能性がありそうです。 https:..
posted by スタッフ at 06:10

2017年10月13日

睡眠障害、睡眠負債、睡眠教育

睡眠障害による睡眠不足の蓄積による睡眠負債、こうした問題がよく聞かれるようになりました。場合によっては、不登校、大学では欠席、成績不良、単位不認定などに繋がる恐れがあり、放っておくわけにはいきませんが、睡眠のとり方、スマホなどの使い方、薬物治療などについても紹介されています。睡眠教育として、昼休みに15分ほどの仮眠を行っている中学校の例が紹介されていますが、よく眠気がさす人は、休み時間にスマホはやめて、5分、10分で良いので、仮眠を取るようにしてみてください。その他、記事の中..
posted by スタッフ at 09:51

2017年06月15日

カフェイン中毒

カフェイン中毒で、2011年度からの5年間に101人が救急搬送され、3人が死亡したそうです。中毒の原因は、眠気防止薬が97人、清涼飲料水が10人、コーヒーが5人だったそうです(重複回答あり)。症状は、激しい嘔吐やイライラ、興奮、動悸などだそうで、重症の場合は7人が心停止していたそうです。やはり、若い世代が多いそうで、学生の皆さんの中でも眠気防止などのためによく飲んでいる人達もいるかと思いますが、注意が必要です。今日も真夏日くらいの暑い日になりそうです。どのような飲料で水分補給..
posted by スタッフ at 07:27

2017年05月17日

ナルコレプシーの改善物質

日中の耐え難い眠気などの症状がある睡眠障害の「ナルコレプシー(narcolepsy)」に対して、オレキシンという物質を使った薬に症状を緩和する効果があることが、確認されたそうです。いろいろな睡眠障害を改善する新しい薬の開発に繋がると期待されているようです。 http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14948509651339 (http://ibarakinews.jp/top.php) https://y..
posted by スタッフ at 00:10

2016年08月28日

残り1週間

ME2種検定試験まで残り1週間となりました。来週の日曜日には本番です。それを想定して、試験時間に合わせて特に集中する時間帯を調整しましょう。昼間に眠気が起きやすい皆さんは、要注意ですよ。今日も頑張りましょう! (ME2種まで残り7日)
posted by スタッフ at 09:48

2016年07月12日

キレやすい人は睡眠不足

アメリカでの調査で、睡眠時間が制限されると、悲しみ、怒り、眠気が増大することがわかったそうです。これは、若い人が対象でしたが、別の調査で成人男性全般に年齢幅を広げた場合でも、睡眠不足で不安な感情が高まったり、抑うつの傾向が高まったりすることがわかっているそうです。 https://news.nifty.com/article/item/neta/circl-17526_1/ (https://news.nifty.com/) 睡眠: http://kumw-m..
posted by スタッフ at 12:05

2016年06月12日

幼児の昼寝

幼児(1歳半)の昼寝が長すぎたり、目覚める時刻が遅いと、夜間の睡眠が短くなり、就寝時刻も遅くなることが、正確なデータに基づいて証明されたそうです。寝不足や昼夜逆転の原因になると見られています。講義中にずっと眠気が残る人達も、改善が必要ですね。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160611-OYTET50000/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp..
posted by スタッフ at 07:02

2015年12月21日

カフェイン入り清涼飲料水の危険性

エナジードリンクと呼ばれるカフェイン入り清涼飲料水を頻繁に飲んでいた20代男性がカフェイン中毒で死亡していたとの記事が出ていました。死亡報告は海外ではあるようですが、国内では初めてのようです。最近、カフェインの過剰摂取が問題になっているようですが、皆さんの中でも眠気覚ましに飲んでいる人がいると思います。頻繁に、あるいは大量に飲むのは避けるようにメーカーも言っているようです。これから、国家試験や定期試験に向けて、眠気覚ましに飲みながらというのは、気をつけないといけませんね。 ..
posted by スタッフ at 18:00

2013年06月24日

自発的な目覚め

自発的に目覚めるようにすると、目覚まし時計を使って起きた時よりも、その後の覚醒度が大きく異なることがわかったそうです。起床時間を強く意識するだけで、その日の覚醒度が向上するということで、昼間に眠気が続く人には有効な対策かもしれません。1週間くらいの訓練で、かなりの人に効果が出てくるようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130622-OYT1T01278.htm
posted by スタッフ at 08:37

2013年06月18日

眠気と必要な睡眠

ラットを使った実験で、嫌々起きている場合と積極的に起きている場合では、同じ量の睡眠が必要な場合でも眠りに落ちるまでの時間が違うことを明らかにしたそうです。つまり眠気と必要な睡眠は、異なる種類のタンパク質によって別々に制御されているということだそうです。不眠症の治療などに役立つことが期待されています。 http://mainichi.jp/select/news/20130618k0000m040065000c.html
posted by スタッフ at 00:09

2012年11月23日

睡眠不足?

やる気が出ないのは、睡眠不足のせいかもしれないという記事が出ていますね。寝不足のサインについても書かれています。あてはまる項目がある人もいるのではないでしょうか。前にも書いたと思いますが、昼夜逆転になっている人、午前、午後関係なく授業中眠気がずっと続く人など、そうした状態を長期間続けているとその影響は大変大きなものになるのは言うまでもありません。後になって、もっとやっとおけばと思わないように、チェックしてみて、改善すべきと思ったら直ぐに実行してください。 http://..
posted by スタッフ at 08:33