2019年05月04日

民間のロケットの日本初の打ち上げ成功

北海道のベンチャー企業が開発・製造したミニロケット「MOMO3号機」の打ち上げが今朝行われ、成功したそうです。日本の民間企業が単独で開発・製造したロケットが、宇宙空間に到達したのは今回が初めてとのこと。今後、無重力状態などを利用した実験や観測を企業や研究機関に売り込んでいくそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190504/k10011905021000.html?utm_int=news_contents_news-main..
posted by スタッフ at 08:29

2019年04月15日

宇宙空間での遺伝子や腸内環境への影響

NASA(アメリカ航空宇宙局)が発表した論文によると、双子の宇宙飛行士の中の一人が、国際宇宙ステーション(ISS)で1年過ごし、地上過ごしたもう一人と体を調べたところ、免疫に関係する遺伝子や腸内細菌の構成などに変化が見られたそうです。帰還後、比較的短期間で通常値に戻ったそうですが、免疫系とDNA修復に関連する遺伝子のごく一部は、いまだ元には戻っていないそうで、今後も研究が続けられるようです。 https://mainichi.jp/articles/20190413/d..
posted by スタッフ at 08:19

2018年01月10日

無重力状態で身長が伸びる

国際宇宙ステーション(ISS)で昨年末から活動している宇宙飛行士の金井宣茂さんによると、約3週間の滞在で身長が9cmも伸びたそうです。無重力状態で軟骨が延びるそうです。以前、ISSで行われた(低下してしまう)筋肉量を維持する実験についての記事が出ていたことがありました。臨床工学技士の国家試験でも、無重力や真空状態での伝熱について出題されたことがありますね。 https://mainichi.jp/articles/20180110/ddm/041/040/155000c..
posted by スタッフ at 05:33

2015年08月25日

無重力でも筋肉量維持

昨日「こうのとり」キャッチ・ドッキングの話題で登場した国際宇宙ステーション(ISS)に関連して、長期間無重力状態にいると筋肉量が低下する問題がありますが、電気刺激でそれを防ぐ装置での筋肉量維持の実験に成功したそうです。実験は昨年の若田光一さんの時に行われたそうです。 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/190658 (http://www.nishinippon.co.jp/) http://ku..
posted by スタッフ at 06:56

2015年04月25日

iPS細胞(宇宙で立体的に培養)

JAXA(宇宙航空研究開発機構)が、無重力状態でiPS細胞などを立体的に培養するための宇宙実験を実施する予定だそうです。臓器を作製するための基礎実験のようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=117774 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 12:21