2019年11月08日

関節リウマチの発症に腸内細菌が関与

腸内細菌と様々な疾患との関係が注目されていますが、自己免疫疾患の関節リウマチの患者の腸内細菌をメタゲノム解析で調べたところ、特定の9種類が健康な人よりも多いことがわかったそうです。これが発症に繋がっている可能性があると見られているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASMC65Q76MC6PLBJ003.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) htt..
posted by スタッフ at 08:16

2019年07月10日

自己免疫性膵炎の発症の仕組み

自己免疫性膵炎の発症に、腸内細菌叢(腸内フローラ)の変化が関係していることが明らかにされたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM7855W5M78PLBJ005.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_3771886/ (https://www.asahi..
posted by スタッフ at 07:53

2019年04月15日

宇宙空間での遺伝子や腸内環境への影響

NASA(アメリカ航空宇宙局)が発表した論文によると、双子の宇宙飛行士の中の一人が、国際宇宙ステーション(ISS)で1年過ごし、地上過ごしたもう一人と体を調べたところ、免疫に関係する遺伝子や腸内細菌の構成などに変化が見られたそうです。帰還後、比較的短期間で通常値に戻ったそうですが、免疫系とDNA修復に関連する遺伝子のごく一部は、いまだ元には戻っていないそうで、今後も研究が続けられるようです。 https://mainichi.jp/articles/20190413/d..
posted by スタッフ at 08:19

2019年02月14日

腸内細菌(インフルエンザウイルスの排除に関係)

インフルエンザがまだ流行していますが、腸内細菌が作る「短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、プロピオン酸)」が、インフルエンザウイルスを排除する免疫反応を向上させる可能性があるとの研究結果が発表されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190213-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) インフルエンザ: http://..
posted by スタッフ at 07:15

2019年01月29日

腸内細菌(免疫力を高める仕組みの一端を解明)

先週、腸内細菌によってがん治療薬の効果が高まる可能性についての記事を紹介しましたが、乳酸菌などの腸内細菌が腸の免疫力を高める仕組みの一部が解明されたとの記事が出ていました。腸内細菌が作る乳酸とピルビン酸が重要な役割を果たしているようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190128-OYTET50059/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/)..
posted by スタッフ at 09:09

2019年01月24日

腸内細菌でがん治療薬の効果が向上

健康な人が持っていることがある腸内細菌11種類をマウスに投与すると、オプジーボなどのがん治療薬の効果が高まる可能性があることがわかったそうです。これらの細菌によって、免疫細胞の一種「CD8T細胞」が増えるそうです。 https://this.kiji.is/460866903633757281?c=39546741839462401 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190128-OYTET50024/?catname=..
posted by スタッフ at 09:50

2016年04月26日

攻撃型T細胞を誘導

がんを攻撃する免疫作用を抑制する「制御性T細胞」と類似した遺伝子を持っているものの、がんを攻撃して死滅させる作用のある「攻撃型T細胞」が、大腸がんで発見されたそうです。がん組織に入り込んだ腸内細菌から放出されたサイトカインによって、この細胞を誘導して病巣に集めていたそうです。 http://this.kiji.is/97356874001465349?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.s..
posted by スタッフ at 06:41

2016年04月04日

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症

国立感染症研究所によると、抗菌薬カルバペネムが効かない腸内細菌(CRE;カルバペネム耐性腸内細菌科細菌)の感染者が、報告が義務付けられた2014年9月から1年間で1321人に上ったそうです。通常は問題ないところが、免疫力の衰えた高齢者などは重症化しやすいそうで、最近は施設内での集団感染も出ているそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160402-OYT1T50012.html?from=ycont_top_txt (http..
posted by スタッフ at 06:46