2019年12月10日

iPS細胞(網膜色素変性症)

今年の3月にも関連記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した網膜を「網膜色素変性症」の患者に移植する臨床研究の計画が、申請されたそうです。全国に4万人ほどの患者がいると見られているそうですが、まだ、有効な治療法がないということです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191209/k10012208401000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002 (https://w..
posted by スタッフ at 08:05

2019年11月08日

明暗順応の仕組みを解明

暗いところでも慣れてくると見えてくる「明暗順応」のメカニズム(明るさに応じて感度を調節する仕組み)が解明されたそうです。網膜の桿体細胞で「klhl18」という酵素がその働きをしているそうです。今後、明暗順応を制御して、網膜を保護する薬剤の開発に繋げて行くようです。それによって、加齢黄斑変性や網膜色素変性症などの治療にも繋がりそうです。 https://mainichi.jp/articles/20191107/k00/00m/040/132000c (https://..
posted by スタッフ at 08:34

2019年03月25日

iPS細胞(網膜色素変性症治療の臨床研究)

iPS細胞を使った「網膜色素変性症」の治療の臨床研究について、今夏までに、大阪大の有識者委員会に審査を申請する方針を明らかにしたそうです。「 加齢黄斑変性 」と同じ研究チームで、2例目の臨床研究となるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190325-OYTET50018/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://ww..
posted by スタッフ at 13:14

2019年02月28日

網膜色素変性症に肝臓病の治療薬

ドラッグリポジショニングで、「網膜色素変性症」の治療に肝臓病の治療薬が使えないかどうかを調べる臨床試験(治験)が、明日から始められるそうです。その薬に含まれている3種類のアミノ酸がポイントのようです。国内に約3万人の患者がいるそうで、進行を予防する有効な方法がなく、2025年頃の保険適用を目指すそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190227-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_new..
posted by スタッフ at 06:30

2018年03月06日

ヒト由来ES細胞を失明マウスに移植で光に反応

失明したマウスにヒトのES細胞から作製した網膜組織を移植したところ、目の組織が光に反応したそうです。1年ほど前に関連記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した視細胞でも実験が行われ、光に反応することを確認しているそうです。網膜色素変性症の治療への応用が予定されているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASL2X6D0VL2XPLBJ005.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www..
posted by スタッフ at 06:21

2017年02月13日

人工網膜の治験

網膜色素変性症の患者に人工網膜を埋め込んで視力を回復する研究で、来年度に臨床試験(治験)を申請して、2021年には医療機器承認取得を目指しているそうです。 http://mainichi.jp/articles/20170213/k00/00e/040/175000c (http://mainichi.jp/) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000037-mai-soci 人工網膜: http:..
posted by スタッフ at 19:52

2017年01月11日

iPS細胞(光に反応、世界初)

iPS細胞から網膜の視細胞を作製し、末期の網膜色素変性症で失明したマウスに移植したところ、約4割のマウスで光を感じるようになったとのこと。光を感じられるようになったのを確認したのは、世界初だそうです。今後、人でも検証し2年以内に臨床研究を申請する計画だそうです。 https://this.kiji.is/191597782826369025?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.o..
posted by スタッフ at 06:29

2016年11月18日

ゲノム編集(網膜色素変性症・肺がんの治療)

新しい「ゲノム編集」の方法を用いて、網膜色素変性症のネズミの症状を改善することに成功したそうです。また、中国で「クリスパー・キャス9」という「ゲノム編集」技術で、肺がん患者の治療(免疫を活性化)の世界初の臨床研究を実施したそうです。 http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/257271.html#more (http://www.nhk.or.jp/) http://this.kiji.is/171553669729878018..
posted by スタッフ at 09:57

2013年02月15日

人工眼

アメリカからのニュースで、網膜色素変性症を対象とした埋め込みタイプの人工眼が、医療機器として初めて承認されたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013021501000814.html
posted by スタッフ at 12:31