2020年05月20日

新型コロナウイルス(アビガンの臨床試験継続が必要)

新型インフルエンザの治療薬の「アビガン」を、新型コロナウイルスの治療薬として、今月中に承認するため、承認の手続きを大幅に短縮すると厚労省が方針を出していますが、国内で行われている臨床研究ではこれまでのところ、有効性についての判断ができず、さらに臨床研究を継続して検証する必要がることが明らかになったそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200519/k10012436781000.html?utm_int=news-new_co..
posted by スタッフ at 08:07

2020年05月19日

iPS細胞(球状の心筋細胞を移植、臨床研究を厚労省に申請)

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した心筋細胞を球状(1塊が約数千個の細胞)に加工して、特発性拡張型心筋症の患者に注射針で(約5千万個分)移植する臨床研究について、慶応大の研究グループが、厚労省に計画の実施を申請したそうです。承認されれば、年内にも重症患者に移植を実施するそうです。1月に大阪大でシート状の心筋細胞を移植する手術が実施されていて、慶応大は2つ目の手法となるそうです。 https://www.sankei.com/life/news/200519/lif..
posted by スタッフ at 14:39

2020年04月07日

iPS細胞(次世代医療・iPS細胞治療研究センター)

京都大学に「次世代医療・iPS細胞治療研究センター」が開設されたそうです。iPS細胞を使った再生医療や、がん、希少疾患などの治療法の効果や安全性を人で調べる臨床研究(治験)を重点的に実施するためのようです。研究開発と実用化の間は「死の谷」と呼ばれているそうで、それを乗り越えるのが狙いだそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASN466SS5N46PLBJ00M.html?iref=com_api_med_medicalnewstop ..
posted by スタッフ at 07:53

2020年03月30日

新型コロナウイルス(政府が有効な治療薬の開発研究の後押し)

インフルエンザ治療薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」について、現在、臨床研究(観察研究)として使い始められていますが、これについて、治験を経て治療薬としての正式な承認を目指すことにしているそうです。また、膵炎の治療薬「フサン(一般名ナファモスタットメシル酸塩)」についても、臨床研究(観察研究)として事前に患者の同意を得た上で投与が始まるそうです。このような動きに対応して、日本政府は有効な治療薬の開発に向けて研究を後押しする方針だそうです。 https://www3...
posted by スタッフ at 08:22

2020年03月26日

iPS細胞(血小板の臨床研究での輸血が終了)

京都大学で「再生不良性貧血」の患者1人に、iPS細胞から作製した血小板を(臨床研究として)輸血する段階が終了したそうです。昨年5月から今年1月まで3回に分けて輸血したそうです。今後は、来年1月まで経過観察し、安全性などを確認するそうです。今のところ、大きな副作用などは起きていないそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200326-OYTEW479499/?catname=news-kaisetsu_news (htt..
posted by スタッフ at 13:14

2020年03月17日

新型コロナウイルス(インフルエンザ治療薬のアビガンに治療効果)

中国での臨床研究で、新型コロナウイルスの患者に、日本で開発されたインフルエンザ治療薬の「アビガン(一般名:ファビピラビル)」を投与したところ、治療効果が認められたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200317/k10012336431000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 (https://www3.nhk.or.jp) https://www.jiji.com/j..
posted by スタッフ at 22:59

2020年02月07日

iPS細胞(臨床研究の学内了承、心筋細胞の塊を注射器で注入)

先月末に大阪大学でiPS細胞から作製した心筋細胞シートを虚血性心筋症の患者への移植手術が行われたとの記事を紹介しましたが、昨年5月に慶応大学で申請されていた拡張型心筋症の患者にiPS細胞から作製した心筋細胞の小さな塊を特殊な注射器で心筋に注入して移植する臨床研究計画について、学内の審査委員会が了承したとのことです。これから国に申請して、早ければ今夏にも実施する予定だそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200207-O..
posted by スタッフ at 12:00

2020年01月28日

iPS細胞(心筋細胞シートを移植)

昨年秋に臨床研究の倫理審査などの関連記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した心筋細胞シートを虚血性心筋症の患者の心臓に直接貼り付ける世界初の手術が実施されたそうです。今後、安全性や効果が検証されていくそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200127/k10012260821000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_009 (https://www3.nhk.or..
posted by スタッフ at 08:30

2020年01月25日

iPS細胞(軟骨組織移植の臨床研究)

iPS細胞から作製した軟骨組織を膝関節の損傷部位に移植する臨床研究が、国の部会で了承されたそうです。患者4人に移植して、安全性や有効性を調べるそうです。iPS細胞を使って患者に移植研究計画が求められたのは、これで7例目とのこと。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200124/k10012257951000.html (https://www3.nhk.or.jp/) https://www.nikkei.com/articl..
posted by スタッフ at 08:53

2019年12月31日

潰瘍性大腸炎(患者自身の幹細胞で粘膜再生)

潰瘍性大腸炎に関する記事を今年もいくつか紹介してきましたが、東京医科歯科大学の研究チームによって、患者自身の幹細胞を使って、腸の粘膜を再生させる臨床研究が始まるそうです。患者自身の正常な部分から粘膜を採取、培養し腸の組織に成長する肝細胞が含まれている塊を移植するそうです。 https://www.sankei.com/life/news/191230/lif1912300017-n1.html (https://www.sankei.com/) https://..
posted by スタッフ at 06:58

2019年12月10日

iPS細胞(網膜色素変性症)

今年の3月にも関連記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した網膜を「網膜色素変性症」の患者に移植する臨床研究の計画が、申請されたそうです。全国に4万人ほどの患者がいると見られているそうですが、まだ、有効な治療法がないということです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191209/k10012208401000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002 (https://w..
posted by スタッフ at 08:05

2019年12月05日

エボラ出血熱ウイルスのワクチンの臨床研究

エボラ出血熱ウイルスのワクチン(人工的に合成した無毒化ウイルス)の安全性を確かめる国内での臨床研究が、今月から始められるそうです。 https://this.kiji.is/575177665601881185?c=39546741839462401 (https://this.kiji.is/-/units/39166665832988672) https://mainichi.jp/articles/20191205/k00/00m/040/086000c ..
posted by スタッフ at 13:52

2019年11月27日

iPS細胞 (膝関節の軟骨の移植)

iPS細胞から膝関節の軟骨組織を作製して、軟骨が損傷した患者に移植する臨床研究が国に申請されたそうです。了承されれば、来年以降、患者への移植を始めるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191127/k10012192871000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www.asahi.c..
posted by スタッフ at 14:56

2019年11月13日

バイオ3Dプリンターで作製した人工血管を透析患者に移植

今年に入って何度か関連記事を紹介してきました「バイオ3Dプリンター」を使った人工血管についての最新ニュースです。透析患者の皮膚の細胞から作製した人工血管をシャントとして、患者に移植する臨床研究が、早ければ来年4月に開始されるそうです。 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/559053/ (https://www.nishinippon.co.jp/) https://www.saga-s.co.jp/articles/-/4..
posted by スタッフ at 08:00

2019年08月24日

3Dプリンターで作製した人工血管の臨床研究

5月に関連記事を紹介した3Dプリンターで作製した人工血管の臨床研究(透析患者に移植)について、国に提出した計画が受理されると世界初の試みとして開始されるそうです。バスキュラーアクセスの課題を解決できる方法になり得るか注目されます。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012046171000.html (https://www3.nhk.or.jp/) https://www3.nhk.or.jp/lnews..
posted by スタッフ at 08:10

2019年08月22日

着床前診断の臨床研究を開始

先日、新型出生前診断(NIPT)についての記事を紹介しましたが、日本産科婦人科学会が、「着床前診断」の臨床研究を来月から本格的に始めるそうです。不妊治療の成功率の向上につなげるのが目的とのことです。 https://www.asahi.com/articles/ASM7Q76MBM7QULBJ00Y.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 関連記事: https://www.asahi.com/article..
posted by スタッフ at 08:18

2019年07月16日

遠隔手術実施推進委員会を設置

先月にも関連記事を紹介しましたが、日本外科学会が、手術支援ロボット「ダヴィンチ(ダビンチ)」による遠隔手術を行うための「遠隔手術実施推進委員会」を設置したそうです。来月にも、対象患者や手術の適応、安全性の確保などを定めたガイドラインの作成を開始して、年度内に方向性をまとめていくそうです。なお、ガイドラインの作成にあたり、法律や生命倫理の専門家や関係省庁、通信事業者、ロボットメーカー、他学会などからも意見を聴いて、まとめていくそうです。そして、同時に実際の患者を対象とした臨床研..
posted by スタッフ at 08:14

2019年06月28日

iPS細胞(心筋細胞シートの臨床研究を冬まで延期)

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した心筋細胞シートを重症心不全患者の心臓に移植する初の臨床研究ですが、今秋に予定していた一例目の実施を、今冬頃に延期する方針にしたそうです。心筋細胞の安全性を十分に時間をかけて確認するためだそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190627/lif1906270041-n1.html (https://www.sankei.com/) iPS細胞+心筋: http://kumw-me..
posted by スタッフ at 08:24

2019年05月30日

がんゲノム医療(来月から遺伝子検査に公的医療保険適用)

昨日の記事にも関連しますが、「がんゲノム医療」のための遺伝子検査(昨日紹介した「パネル検査」)に公的な医療保険が適用されることが中医協で決まったそうです。来月から本格的にスタートすることになるとのこと。今回、対象となるのは、標準的な治療の効果が期待できなくなり、治療の手立てがなくなった患者さん方で、最大で年間2万5千人余りと見込まれているそうです。しかし、課題も多くあるようで、例えば、これまでの臨床研究では、検査結果を基に実際に薬を選定して投与できたのが、全体の1割余りに留ま..
posted by スタッフ at 07:55

2019年05月28日

バイオ3Dプリンターで作った透析患者用の人工血管を臨床研究へ

先月にも関連記事を紹介しましたが、佐賀大学で開発された「バイオ3Dプリンター」を使って透析患者の皮膚から作製した人工血管を患者に移植する臨床研究について、審査委員会の承認後に着手されるそうです。 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/513677/ (https://www.nishinippon.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/465342120.html 人工血管:..
posted by スタッフ at 07:49

2019年05月28日

iPS細胞(臨床研究の審査申請)

以前にも関連した記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した心筋細胞5000万個を拡張型心筋症の患者に移植して機能回復を図る臨床研究の計画が、慶応大学の学内委員会に申請されたそうです。その後、国の審査を受けることになるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190527/amp/k10011931381000.html (https://www3.nhk.or.jp/) https://www.sankei.com/li..
posted by スタッフ at 07:40

2019年04月24日

人工血管(3Dプリンターで細胞から作製)

3Dプリンター関係の記事が続きます。今度は、バイオ3Dプリンターを使って、細胞から人工血管を作製し、透析患者に移植する臨床研究の計画が、施設内の審査委員会に申請されたそうです。 https://mainichi.jp/articles/20190424/ddm/012/040/038000c (https://mainichi.jp/) https://mainichi.jp/graphs/20190424/hpj/00m/040/001000g/1 (htt..
posted by スタッフ at 07:42

2019年04月19日

iPS細胞(加齢黄斑変性治療の経過報告)

iPS細胞から作製した網膜細胞を加齢黄斑変性症の患者に移植した臨床研究のその後の経過が報告され、移植から1年以上経ても、目立った拒絶反応や細胞のがん化が見られず、治療の安全性が確認されたそうです。今後も視力回復などの治療効果も調べて行くそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190418/k10011887981000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_010 (htt..
posted by スタッフ at 08:03

2019年04月04日

膵臓がん(早期発見のための臨床研究)

膵臓がんは、早期発見が難しく死亡率が高いことは知っていると思いますが、効率的に見つける新しい検査方法の臨床研究が始まるそうです。検診で採血した血液を使っての研究(アポA2アイソフォームの検査)だそうで、協力してくれる人たちの血液の一部を利用して実施されるようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM434TL8M43UBQU00P.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 膵臓が..
posted by スタッフ at 08:08

2019年04月01日

iPS細胞(心筋細胞の移植)

iPS細胞から心筋細胞を作製し、重症心不全患者(拡張型心筋症)に移植する臨床研究の大学内の審査が今月にも行われるようです。以前、同じく心筋細胞の研究の大阪大学での様子の記事を紹介しましたが、今回は慶応大学です。ただし、対象の病気や期待される効果などそれぞれの特徴があるそうです。また、大阪大学は心筋シートという方法で、慶応大学は心筋球という方法だそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM3X4HKPM3XULBJ00G.html?ir..
posted by スタッフ at 08:13

2019年03月25日

iPS細胞(網膜色素変性症治療の臨床研究)

iPS細胞を使った「網膜色素変性症」の治療の臨床研究について、今夏までに、大阪大の有識者委員会に審査を申請する方針を明らかにしたそうです。「 加齢黄斑変性 」と同じ研究チームで、2例目の臨床研究となるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190325-OYTET50018/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://ww..
posted by スタッフ at 13:14

2019年03月23日

脊髄損傷をHGFで治療

首の脊髄を損傷して72時間以内の急性期の重症患者にHGF(肝細胞増殖因子)を投与して、神経の再生を促したところ、運動機能が改善されたとの臨床試験(治験)の結果が発表されたそうです。ただし、改善した場合でも、下半身のみだったそうです。そして、亜急性期の患者を対象に、iPS細胞と組み合わせた治療の臨床研究も始まっているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190322-OYTET50013/?catname=news-ka..
posted by スタッフ at 06:28

2019年03月06日

iPS細胞(目の角膜移植が条件付きで了承)

先月、継続審議になりましたiPS細胞から作製した角膜組織の移植の臨床研究ですが、厚労省の部会で条件付きで了承されたそうです。「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者4人に移植して、安全性と有効性を確認していくそうです。もちろん、世界で初めての臨床研究で、iPS細胞の臨床応用に向けて国の手続きが終わった研究は、これで6件目ということです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190305/k10011836611000.html?utm_int=n..
posted by スタッフ at 07:51

2019年03月04日

心臓に袋を被せて拡張型心筋症の進行抑制

拡張型心筋症について、心臓移植でしか救命できない重症患者を減らすため、患者の心臓にメッシュ状の袋を被せて進行を抑える臨床研究が、始められるそうです。3年以内の実用化を目指しているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190304-OYTET50026/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 拡張型心筋症: http://kumw-..
posted by スタッフ at 17:36

2019年02月25日

iPS細胞(ミニ肝臓移植の臨床研究計画)

iPS細胞からミニ肝臓を作製する研究については、これまでにも何度か記事を紹介してきましたが、いよいよ臨床研究の計画が持ち上がっているようです。iPS細胞からミニ肝臓を作製して、重症の肝臓病の乳児に移植する臨床研究の計画の審査が予定されているそうです。2020年度には実施する計画のようです。すでにマウスの実験では、治療効果を確認しているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM2P6HC1M2PULBJ012.html?iref=co..
posted by スタッフ at 08:08

2019年02月19日

iPS細胞(角膜移植の臨床研究は継続審議)

iPS細胞関係の記事が続きます。先月、厚労省に審査が申請されたiPS細胞から作製した角膜細胞を角膜損傷(角膜上皮幹細胞疲弊症)の患者に移植する臨床研究について、厚労省の専門部会で初めて審議され、安全性の説明(安全性の根拠や患者への説明文書にどう記載するのか)を研究チームに求める意見が出るなどして、継続審議となったそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190218/lif1902180054-n1.html (https://ww..
posted by スタッフ at 07:58

2019年02月18日

iPS細胞(脊髄損傷患者への移植の臨床研究を了承)

昨年、関連の記事を紹介しましたが、iPS細胞から作製した神経のもとになる細胞を脊髄損傷の患者に移植する臨床研究の申請について、厚労省の部会が計画の実施を了承したそうです。厚労相の正式承認を経て、年内にも世界初の臨床研究が行われる見通しだそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190218/lif1902180024-n1.html (https://www.sankei.com/) https://www.sankei.co..
posted by スタッフ at 13:34

2019年01月18日

iPS細胞(角膜細胞移植の臨床研究を申請)

年末に関連記事を紹介したiPS細胞から角膜細胞を作製し、角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に移植して治療する臨床研究の計画が、厚労省に申請されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190117-OYTET50017/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) iPS細胞: http://kumw-me.seesaa.net/pages/us..
posted by スタッフ at 07:09

2018年12月27日

iPS細胞(角膜細胞移植の臨床研究の審査状況)

8月に関連記事が出ていましたが、大阪大の学内で倫理審査申請されていた人のiPS細胞から角膜細胞を作製し、角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に移植する臨床研究計画が条件付きで承認され、来月にも厚労省に申請し、承認が得られると来年5〜6月に臨床研究が実施され、6年後の保険適用を目指しているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181227-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_news (https..
posted by スタッフ at 10:51

2018年12月19日

iPS細胞(脊髄損傷治療の臨床研究の承認申請)

iPS細胞から神経の元になる細胞を作製し、脊髄損傷の患者に移植する臨床研究について、先月末に慶応大の学内審査が承認されたとの記事を紹介しましたが、それに続いて、厚労省に計画の承認申請をしたそうです。 https://www.sankei.com/life/news/181219/lif1812190004-n1.html (https://www.sankei.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181219..
posted by スタッフ at 08:44

2018年12月06日

脳死ドナーから子宮を移植し出産

ブラジルで、脳死ドナーの子宮を生まれつき子宮がない「ロキタンスキー症候群」の母親に移植し、出産したそうです。脳死ドナーからの移植で出産したのは、世界初とのこと。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181206-OYTET50014/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.sankei.com/life/news/18..
posted by スタッフ at 21:49

2018年11月30日

iPS細胞(慢性期の脊髄損傷にも有効)

昨日、iPS細胞を使って、脊髄損傷の患者を治療する臨床研究についての記事を紹介しましたが、マウスの実験(麻痺してから40日以上経過後)で、慢性期の脊髄損傷でも運動機能の回復が見られたとの研究成果が発表されたそうです。昨日の臨床研究は、脊髄損傷後2〜4週間の重症患者が対象となっていますが、この研究では慢性期でも回復の可能性がありそうということです。 https://www.asahi.com/articles/ASLCY4JV6LCYULBJ008.html?iref=c..
posted by スタッフ at 07:53

2018年11月29日

iPS細胞(脊髄損傷治療の臨床研究審査)

2週間ほど前に紹介したiPS細胞を使って、脊髄損傷の患者を治療する臨床研究について、当該施設の学内の審査委員会が承認したそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181128-OYTET50038/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASLCY02Q5LCXUBQU017..
posted by スタッフ at 07:53

2018年11月14日

iPS細胞(脊髄損傷の治療の臨床研究)

iPS細胞から神経の元となる細胞を作製し、重症の脊髄損傷患者に移植する臨床研究が承認される見通しになったそうです。学内の審査ですので、これから国に申請し、順調に進めば来夏にも開始されるようです。先週、iPS細胞から作製した神経細胞をパーキンソン病の患者の脳に移植した臨床試験のニュースが注目されましたが、次第に色々な分野で臨床応用に向けた段階に進んできているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASLCF62CDLCFULBJ02W.h..
posted by スタッフ at 08:10

2018年11月09日

iPS細胞(世界初の神経細胞の脳への移植)

iPS細胞から作製した神経細胞をパーキンソン病の患者の脳に移植したそうです。世界初の手術だそうで、臨床研究ではなく、保険適用を目指した臨床試験(治験)計画の一環だそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181109-OYTET50021/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.yomiuri.co.jp/sci..
posted by スタッフ at 14:51

2018年11月08日

子宮移植の臨床研究

生まれつき子宮がない「ロキタンスキー症候群」や、がんで子宮を摘出した女性に、第三者の子宮を移植して、妊娠、出産を目指す臨床研究の計画案が関係の学会に提出されたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASLC75WZCLC7ULBJ00Z.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://www.asahi.com/articles/ASLBT5D4..
posted by スタッフ at 08:10

2018年10月25日

再生医療(細胞シートで食道狭窄治療)

食道狭窄の治療として、患者自身の口腔粘膜から培養した「細胞シート」を移植する臨床研究が、沖縄の病院で実施されているそうです。再生医療を食道狭窄の治療に用いる研究としては、世界初だそうです。 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-823769.html (https://ryukyushimpo.jp/) 食道: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90H%9..
posted by スタッフ at 08:17

2018年10月15日

がんの治療薬(有効な投与期間の臨床研究)

がん治療略について、肺がんの患者を対象に、投与する適切な期間を調べるための大規模な臨床研究が開始されるそうです。ノーベル賞の受賞でさらに注目されているオプジーボなども含まれるようですが、投与期間が短縮できれば、副作用の抑制や医療費の削減に繋がると期待されているようです。先日も、オプジーボの投与を中止してからもしばらく効果が持続するという研究もありましたね。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181013/k10011670571000..
posted by スタッフ at 09:28

2018年09月21日

iPS細胞(再生不良性貧血の治療の臨床研究)

iPS細胞関係のニュースが続きます。1ヶ月ほど前に紹介したiPS細胞から作製した血小板を「再生不良性貧血」の治療に活用するための、臨床研究の計画が国の部会で了承されたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180921/k10011639561000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002 (https://www.nhk.or.jp/) https://www..
posted by スタッフ at 18:33

2018年08月20日

iPS細胞(血小板移植の臨床研究)

iPS細胞から作製した血小板については、先月、実用的な品質のものを作製できるようになったとの記事を紹介しましたが、再生不良性貧血の患者に移植する臨床研究を厚労省に申請したそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL8M6R52L8MPLBJ004.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://www3.nhk.or.jp/news/html/..
posted by スタッフ at 07:26

2018年08月11日

iPS細胞(角膜細胞移植の臨床研究の申請)

iPS細胞から作製した角膜細胞を「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者に移植する臨床研究が、大阪大学の学内の委員会に申請されたそうです。承認されると厚労省の部会の審査を受けることになるそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL8C2JPBL8CPLBJ001.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/a..
posted by スタッフ at 17:08

2018年06月16日

近視の進行抑制の可能性のあるコンタクトレンズ

近視の進行を抑制するための「多焦点コンタクトレンズ」の臨床研究が始められるそうです。このレンズは、網膜周辺でもピントが合うように調整されていて、目の負担を減らせるため、近視の進行を抑制できる可能性があるそうです。まず、近視に悩む小学生計100人を募集するそうです。因みに昨年度の文科省の学校保健統計調査によると、視力が1.0未満だった小学生は、32.4%で過去最多だったそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL6H4GBRL6HPLB..
posted by スタッフ at 09:08

2018年06月06日

iPS細胞(心筋細胞シートの臨床研究が正式に承認)

iPS細胞から作製した心筋細胞シートを重症の虚血性心筋症の患者に移植して治療する臨床研究の計画が、厚労大臣によって正式に承認されたそうです。今年度中にも実施されるようです。iPS細胞を提供する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長は、「患者の安全性の確保が最優先事項だ」と指摘されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180606-OYTET50009/ (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) ..
posted by スタッフ at 17:53

2018年06月06日

初期の乳がんの治療

一昨日紹介した「アメリカ臨床腫瘍学会」で、初期の乳がん患者の中で、詳しい遺伝子検査で手術後の再発の恐れが低〜中程度と判定された場合、抗がん剤による化学療法は必要なく、ホルモン療法だけで十分との臨床研究の結果が発表されたそうです。これまでは低程度については、ホルモン療法で十分とされていたそうですが、中程度については、はっきりしていなかったそうで、この結果は、今後の治療方針を変える可能性があるような結果だそうです。 http://www.sankei.com/life/ne..
posted by スタッフ at 06:59

2018年06月05日

再生医療技術で脱毛症を治療

人の頭の皮膚から採取した3種の肝細胞を組み合わせて、安定した品質で毛包組織を培養して大量に増やす再生医療技術が開発されたそうです。動物実験で安全性が確認できたら、来年にも男性型の脱毛症の人を対象にした臨床研究が始められる計画だそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180604/lif1806040041-n1.html (http://www.sankei.com/) https://www.asahi.com/articl..
posted by スタッフ at 07:15

2018年05月23日

医療用品質のES細胞の作製に成功

医療に使用できる品質のES細胞の作製に、国内で初めて成功したそうです。今夏以降に再生医療の臨床研究などに使われる予定だそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180522/k10011448031000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (https://www.nhk.or.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASL5..
posted by スタッフ at 08:55

2018年05月21日

簡単で安価ながん遺伝子検査

ゲノム関係の記事が続きます。がんの原因遺伝子を調べて効果的な薬を選ぶ「がんゲノム医療」で、従来より簡易に160種類の遺伝子を調べられる検査法が開発されたそうです。来月から臨床研究が始まり、費用もかなり抑えることができ、数万円で済むようにできるそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20180520-OYT1T50153.html?from=ytop_main3 (http://www.yomiuri.co.jp/) がんゲノ..
posted by スタッフ at 09:08

2018年05月17日

iPS細胞(心筋細胞シートのポイント)

昨日紹介したiPS細胞から作製した心筋細胞シートを用いた治療の臨床研究について、これまでの経緯を紹介した記事が出ていました。患者の太ももの筋肉細胞シートで、ある程度の心機能の改善結果を得ているようですが、今回の心筋細胞シートではさらに高い効果が期待される一方、未分化の細胞がシートに残っている場合は、腫瘍ができてしまうリスクもあり、安全を担保することも焦点となりそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180517-OYTE..
posted by スタッフ at 11:34

2018年05月16日

iPS細胞(心筋細胞シートの臨床研究が承認)

iPS細胞関係のニュースが続きます。iPS細胞から作製した心筋細胞シートによる臨床研究について、先月から継続審議になっていましたが、本日、国の審議会によって了承されたそうです。iPS細胞を応用した再生医療の臨床研究としては、加齢黄斑変性の治療が進んでいますが、それに続くものとなり、心臓病の治療では世界初となるとのことです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011440211000.html?utm_int=new..
posted by スタッフ at 12:52

2018年05月15日

子宮の移植

サルとサルの間で、子宮の移植をして、妊娠させることに成功したそうです。先天的に子宮がない人への子宮移植の臨床研究を目指しているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180514-OYTET50060/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASL5F3PTPL5FULBJ..
posted by スタッフ at 08:20

2018年04月26日

iPS細胞(心筋細胞シートの臨床研究の審査申請を継続審議)

iPS細胞から作製した心筋細胞シートの臨床研究について、先月、審査申請が国に出されていましたが、一部のデータの追加を求めることや患者に示す文書の中で他の治療法との違いをわかりやすく説明するなどの意見が出て、継続審議されることになったそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011417091000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (https..
posted by スタッフ at 06:34

2018年04月23日

iPS細胞(心筋細胞の塊を注射で移植)

iPS細胞から作製した心筋細胞の小さな塊を、拡張型心筋症の患者お心臓の壁に注射で注入して移植する臨床研究の計画が進んでいるそうです。先日、細胞シートによる移植の臨床研究の記事を紹介しましたが、色々な手法が開発されています。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180423-OYTET50020/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 心筋細胞..
posted by スタッフ at 17:42

2018年03月13日

ゲノム編集した受精卵の禁止

厚労省の専門委員会が、ゲノム編集技術をヒトの受精卵に使って、それを胎内に戻す臨床研究を禁じる遺伝子治療の改正指針をまとめたそうです。4月から適用するそうです。これまでは、受精卵に別の遺伝子を導入するなどして改変することは禁じられていましたが、ゲノム編集は想定されていなかったための改正とのことです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180313-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news (..
posted by スタッフ at 12:51

2018年03月10日

iPS細胞(心筋細胞シートの臨床研究を国に申請)

今月初めに関連記事を紹介しましたiPS細胞から作製した心筋細胞の細胞シートを使った重度心臓病患者の治療の臨床研究について、大阪大学の研究グループが国に審査申請されたそうです。承認されれば、今年半ばにも1例目の手術を行うそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180309/k10011358881000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (https://www...
posted by スタッフ at 11:14

2018年03月07日

Muse細胞で心筋梗塞から回復

Muse(ミューズ)細胞については、腎機能回復の可能性の記事を紹介したことがありますが、Muse細胞を血中に投与して、心筋梗塞のうさぎの心機能を改善することに成功したそうです。すでに企業が中心となって臨床研究を進めているそうで、今年中に心筋梗塞の患者6人に投与するそうです。機能の低下した臓器の回復が図れるようになれば、「修復医療」という考え方が広がって来ることになりそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180307/k1001..
posted by スタッフ at 11:15

2018年03月01日

iPS細胞(心筋細胞シートの臨床研究)

これまでにも何度か関連記事を紹介して来ましたiPS細胞から作製した心筋細胞の細胞シートを使って、重度心臓病(虚血性心筋症)患者の治療を行う臨床研究の計画について、大阪大学の学内審査委員会が、一部修正の条件付き承認としたそうです。今後、厚労省でも承認が得られれば、年内にも治療開始となるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180301-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_news (ht..
posted by スタッフ at 11:52

2018年02月23日

iPS細胞(角膜細胞シートの移植の臨床研究)

iPS細胞から作製した目の角膜上皮細胞の細胞シートを、角膜が傷ついた患者に移植する臨床研究について、倫理審査の申請が行われるそうです。承認後、来年度中に1例目の移植を行う予定のようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180222-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) iPS細胞: http://kumw-me..
posted by スタッフ at 06:46

2018年02月06日

CAR−T療法

これまで何度か紹介してきた「キメラ抗原受容体T細胞療法(CART療法、CAR−T療法)」の臨床研究が始まっていますが、開設記事が出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASL237WMYL23UBQU018.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) https://www.asahi.com/articles/ASL1S7K28L1SUBQU011.html (https:..
posted by スタッフ at 06:21

2018年01月30日

エイズ感染予防の臨床研究

エイズウイルス(HIV)の感染リスクの高い人に対して、抗ウイルス薬(ツルバダ)を毎日服用することで感染予防する方法「PrEP(プレップ)」の有用性を調べる国内初の臨床研究が、来月から始まるそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180129/lif1801290041-n1.html (http://www.sankei.com/) エイズ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sear..
posted by スタッフ at 06:48

2018年01月25日

肺がんの遺伝子変異を調べる臨床研究

以前、関連の記事を紹介しましたが、ゲノム医療の一例として、国立がん研究センターが、肺がん(非小細胞肺がん)の遺伝子変異を患者の血液で調べる臨床研究を開始したそうです。効果的な治療薬を見つける可能性が出てくると期待されています。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180124-OYTET50026/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) ht..
posted by スタッフ at 16:28

2018年01月01日

血糖値変動に応じてインスリンを分泌する素材

血糖値の変動に応じて、インスリンの分泌を変動させられる素材が開発されたそうです。フェニルボロン酸を高分子のゲルに組み込んだ素材で、実用化できれば患者の皮膚に貼るだけで糖尿病の治療が行えるそうで、5年後の臨床研究を目指しているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASKDW64NXKDWOIPE017.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 血糖値: http://kumw-..
posted by スタッフ at 07:45

2017年12月20日

尿中のマイクロRNAでがんの判定

わずか1 mLの尿から、5種類のがん(肺、 膵臓 、肝臓、 膀胱 、前立腺)から出てくるマイクロRNAを特定可能とするナノワイヤを使った技術が開発されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171220-OYTET50021/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 血液中のマイクロRNAから13種類のがんを早期発見する臨床研究も現在..
posted by スタッフ at 18:21

2017年12月06日

iPS細胞(ミニ肝臓を大量製造)

産学共同研究の成果として、ヒトのiPS細胞から直径約0.1ミリ程度の「ミニ肝臓」を大量に作ることに成功したそうです。数年前から関連記事を紹介してきましたが、論文が発表されたのが、今回となるようです。肝不全のマウスの実験でも、生存期間が大幅に改善することも確かめられたそうで、再生医療の実現に一歩近づいたようです。まだ、いろいろなハードルがあるようですが、2019年度には臨床研究の承認申請を計画しているそうです。 http://www.asahi.com/articles/..
posted by スタッフ at 09:44

2017年11月22日

iPS細胞(作製の発表から10年が経過)

山中伸弥先生のグループが、ヒトの細胞からiPS細胞を作製したと発表してから、丁度10年が経過したそうです。皆さんご存知の通り、iPS細胞の研究は、急速に進展していて、一部、臨床研究段階のものもあります。山中先生のコメントも紹介した記事が出ていました。このブログでもiPS細胞についてのたくさんの記事を紹介してきました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171121/k10011230221000.html?utm_int=news-cu..
posted by スタッフ at 00:05

2017年11月15日

経口免疫療法の臨床研究

子どもの食物アレルギーの「経口免疫療法」の臨床研究で、アレルギー症状のため、一時呼吸停止になられ、現在は低酸素性脳症で治療を続けているそうです。これまで同様の治療は、平成27年時点で全国でも8000例近い治療例があるそうですが、このような症状は今回が初めてだそうで、関係学会が、他にも同様の事例がないかどうか調査を開始し、注意喚起を行っているそうです。 https://this.kiji.is/303079451982103649?c=39546741839462401 ..
posted by スタッフ at 06:44

2017年11月10日

SFTS治療に抗インフルエンザ薬

去年初めに関連記事を紹介しましたが、マダニによって感染する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について、抗インフルエンザ薬の「アビガン」(一般名・ファビピラビル)による治療の臨床研究の結果が発表され、一定の治療効果が見られたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASKC94KGPKC9ULBJ008.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://yomidr.yom..
posted by スタッフ at 07:26

2017年11月02日

iPS細胞(網膜細胞の他家移植が5例)

iPS細胞のニュースが続きます。iPS細胞の世界初の臨床研究で、現在進行中の加齢黄斑変性の患者への網膜細胞の移植手術(他家移植)が、目標の5例に達したそうです。今後の経過が注目されます。 https://this.kiji.is/298393473119044705?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171101/k1001120715100..
posted by スタッフ at 15:23

2017年10月18日

重度の拡張型心筋症の子どもを幹細胞移植で治療

7月にも関連した記事を紹介しましたが、重度の拡張型心筋症の子どもに対して、本人からカテーテルで採取した心臓の幹細胞を培養し、再びカテーテルで移植する治療の臨床研究が岡山大学病院で本格的に始まったそうです。心臓移植までの待機時間を延長できる可能性が期待されているようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171017-OYTET50025/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr..
posted by スタッフ at 08:54

2017年10月17日

再生医療の臨床研究データベース

厚労省と日本再生医療学会が、再生医療の臨床研究に参加した患者情報などを登録するデータベースの運用を開始したそうです。iPS細胞から作製した網膜組織を加齢黄斑変性の患者さんに移植した臨床研究が進行中ですが、まずは、それから登録するそうです。このデータベースは、再生医療の安全対策や新たな治療法の開発に役立てるそうです。 https://this.kiji.is/292837087144363105?c=39546741839462401 (http://www.47new..
posted by スタッフ at 12:33

2017年08月13日

マイクロRNAで早期がん検出

先月にも関連記事を紹介しましたが、マイクロRNAによる13種類のがんを早期に発見する検査法の臨床研究が、今月から始まるそうです。患者と健常者の合計3000人以上から血液の提供を受けて、検査の精度を確認するそうで、3年後の実用化を目指しているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170813/k10011098241000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (ht..
posted by スタッフ at 07:56

2017年07月26日

拡張型心筋症(再生医療で治療)

拡張型心筋症の子どもの心筋細胞の幹細胞を培養し、体に戻して治療する臨床研究が、岡山大学病院で始まったそうです。いろいろな再生医療が着々と進められていますね。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025425831.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011073321000.html?utm_int=news-cul..
posted by スタッフ at 08:55

2017年07月24日

血液1滴でがん検出

2年ほど前に関連記事が出ていましたが、血液1滴で13種類のがんの早期発見できる「マイクロRNA」に基づく検査技術が開発され、来月から臨床研究が始められるそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20170724-OYT1T50007.html?from=ytop_top (http://www.yomiuri.co.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170724-OYTET..
posted by スタッフ at 06:52

2017年07月19日

iPS細胞(シート状心筋細胞の臨床研究)

iPS細胞から作製したシート状にした心筋細胞を心臓に貼り付けて治療する世界初の臨床研究について、施設内の倫理審査を今週中に申請するそうです。早ければ今年度中に1例目の治療を実施する予定だそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170718/k10011064071000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (http://www.nhk.or.jp/) htt..
posted by スタッフ at 06:47

2017年06月24日

血友病の根本治療

血友病のマウスをゲノム編集を使った遺伝子操作で根本的に治療(凝固因子を増加)することに成功したそうです。10年後には患者の臨床研究を実施する計画だそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170623/k10011028231000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (http://www.nhk.or.jp/) https://yomidr.yomiuri...
posted by スタッフ at 09:06

2017年06月22日

不妊治療(ミトコンドリア注入による新治療法)

不妊治療の臨床研究として、卵巣組織の一部を使ってミトコンドリアを抽出し、精子と共に注入して体外授精させ、子宮に戻すという新しい治療法が試みられ、21人に実施したところ、6人が妊娠し、うち4人が合計5人を出産したそうです。国内では初のケースだそうです。しかし、まだ効果や安全性について慎重な意見もあるそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK6P5CVRK6PPLBJ007.html?iref=com_apitop (https://w..
posted by スタッフ at 08:55

2017年05月23日

遺伝子検査会社の計画

将来生まれる子どもの遺伝病の発症確率を調べる遺伝子検査会社が、来年から開始される計画が明らかとなったそうです。すでに先月から臨床研究が始まっているそうです。希少な疾患の発症確率が把握できる一方、新たな差別が助長される可能性があるとして、関係学会が懸念を示しているとのこと。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170522-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomid..
posted by スタッフ at 07:31

2017年05月08日

iPS細胞(拡張型心筋症の治療に向けて)

他人のiPS細胞から作製したシート状にした心臓組織(3種類の細胞)を拡張型心筋症の患者の心臓に貼り付けて治療する研究が進められていて、動物実験で良好な結果が得られているようで、来年の夏にも臨床研究の実施を申請するそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170508-OYTET50030/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) iPS細..
posted by スタッフ at 13:08

2017年04月13日

ゲノム編集(受精卵への規制)

先週紹介した「ゲノム編集」で遺伝子を修復した受精卵での出産の臨床研究についての規制について、厚労省が専門委員会を設置して、禁止するための議論を始めたそうです。年度内に指針改正を目指すとのこと。新しい技術や手法が出てくると現行の法律や指針では対応できない場合がありえますので、今後もこうした話が出てくると思われます。 http://www.sankei.com/life/news/170412/lif1704120043-n1.html (http://www.sanke..
posted by スタッフ at 08:34

2017年04月10日

臨床研究法が成立

先週金曜日に、臨床研究の不正防止を目的とした「臨床研究法」が成立しました。薬の臨床研究データの不正問題などにも関連して、臨床研究の透明化を図るそうです。 https://this.kiji.is/222916362560652792?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://mainichi.jp/articles/20170408/k00/00m/040/111000c (https://main..
posted by スタッフ at 08:24

2017年04月08日

ゲノム編集(受精卵で初の規制指針)

厚労省は、「ゲノム編集」で遺伝子を修復した受精卵での出産の臨床研究を、国の遺伝子治療の指針で禁止する方針を固めたそうです。これまで、受精卵に別の遺伝子導入による改変は禁止されていますが、ゲノム編集による受精卵の研究を対象にした初の国内規制となるそうです。海外では、条件付き容認、基礎研究の実施例などがあり、その是非について、国際的な議論となっているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170407-OYTET50019/..
posted by スタッフ at 06:57

2017年03月30日

膵臓がん(抗がん剤と超音波で治療)

手術ができない膵臓がんを抗がん剤と超音波を合わせて死滅させる新しい治療法が開発されたそうです。超音波を当てると活性酸素を発生させる抗がん剤だそうです。日本医療研究開発機構(AМED)の支援を受けていて、来月から15人の患者を対象に臨床研究が始められるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170329-OYTET50026/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomi..
posted by スタッフ at 06:10

2017年03月30日

潰瘍性大腸炎(再生医療で治療)

患者数16万人以上の難病「潰瘍性大腸炎」を大腸上皮幹細胞を移植し、大腸の働きを再生する再生医療技術で完治するための臨床研究の計画が進められているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170329/k10010929501000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (http://www.nhk.or.jp/) http://www9.nhk.or.jp/ka..
posted by スタッフ at 00:10

2017年03月28日

iPS細胞(他人のiPS細胞を移植)

理化学研究所などのチームが、他人のiPS細胞を網膜の細胞に変化させて、滲出型加齢黄斑変性の患者さんに移植する手術(他家移植)を実施したそうです。世界初の臨床研究です。ご存知の通り、患者本人由来のiPS細胞を使った移植は行われていて、良好な経過を辿っているという記事は、つい先日紹介しましたが、今回は他人のiPS細胞を使っていて、これが成功すると準備にかかる費用や時間を大幅に減らすことができ、治療法としての普及が進むと思われます。 http://www.asahi.com/..
posted by スタッフ at 19:12

2017年02月18日

再生医療(データベースの整備)

iPS細胞などを使った再生医療の発展に繋げるため、臨床研究のデータベースを整備するそうです。そして、臨床研究の計画作りへの助言や、細胞培養・加工に関する技術も指導していくそうです。 https://this.kiji.is/205268825518917112?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170217/k10010880371000.h..
posted by スタッフ at 09:04

2017年02月11日

iPS細胞(脊髄損傷治療の臨床研究)

iPS細胞から神経細胞の前段階の細胞を作製し、脊髄損傷患者に移植して治療を行う臨床研究の倫理審査の申請があったそうです。実施されれば世界初となるようです。 http://www.sankei.com/life/news/170210/lif1702100079-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010871291000.html?utm_int..
posted by スタッフ at 08:43

2017年02月10日

ゲノム医療(臨床研究を開始)

一昨年の政府による「ゲノム医療」の実用化推進の動きから、しばらく経ちましたが、日本医療研究開発機構(AMED)の事業の一環として、がんや難病の正確な診断や最適な治療法の選択のための「ゲノム医療」の臨床研究が開始されるとの記事が出ていました。 http://www.asahi.com/articles/ASK295R36K29ULBJ00V.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://yomidr.yo..
posted by スタッフ at 08:51

2017年02月06日

iPS細胞(臨床研究への参加希望患者の募集開始)

先ほどの記事にも書きましたが、他人のiPS細胞を使った「滲出型加齢黄斑変性」の治療の臨床研究を始めるにあたり、参加希望患者の募集を始めたそうです。他人の細胞が使えると時間の大幅短縮、費用の大幅削減になるそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170206/lif1702060035-n1.html (http://www.sankei.com/) https://this.kiji.is/201264943805335037?..
posted by スタッフ at 18:58

2017年01月28日

皮膚ケアで食物アレルギーを予防

アレルギー関連の記事が頻繁に登場しますが、食物アレルギーを皮膚ケアによって予防する臨床研究が始められるそうです。皮膚の防御機能が低下し、そこから侵入する食物が、食物アレルギーの原因になっていることに注目し、皮膚ケアをすることで発症を減らすという考えで、そのための皮膚ケアの方法を確立するのが目的のようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170127-OYTET50025/?catname=news-kaisetsu_new..
posted by スタッフ at 09:01

2017年01月11日

iPS細胞(光に反応、世界初)

iPS細胞から網膜の視細胞を作製し、末期の網膜色素変性症で失明したマウスに移植したところ、約4割のマウスで光を感じるようになったとのこと。光を感じられるようになったのを確認したのは、世界初だそうです。今後、人でも検証し2年以内に臨床研究を申請する計画だそうです。 https://this.kiji.is/191597782826369025?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.o..
posted by スタッフ at 06:29

2016年12月14日

ALS患者向けのBMIの臨床研究

「BMI」と言ってもbody mass indexではなく、brain machine interfaceという技術の略名で脳の信号を機器で操作する技術だそうです。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者の脳の表面に電極を置き、読み取った脳波を無線で転送し、パソコンやロボット義手を操作する世界初の臨床研究が来年度にも行われるそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJDD4WF9JDDPLBJ004.html?iref=com_apitop ..
posted by スタッフ at 12:25

2016年11月18日

ゲノム編集(網膜色素変性症・肺がんの治療)

新しい「ゲノム編集」の方法を用いて、網膜色素変性症のネズミの症状を改善することに成功したそうです。また、中国で「クリスパー・キャス9」という「ゲノム編集」技術で、肺がん患者の治療(免疫を活性化)の世界初の臨床研究を実施したそうです。 http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/257271.html#more (http://www.nhk.or.jp/) http://this.kiji.is/171553669729878018..
posted by スタッフ at 09:57

2016年10月28日

NMNで老化抑制を実証

ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)が老化を抑制する可能性があり、臨床研究が始まるというニュースは以前紹介しましたが、アメリカの研究グループがマウスでそれを実証したそうです。臨床研究の結果も注目されます。 http://www.asahi.com/articles/ASJBW3QVTJBWULBJ004.html (http://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161028-OY..
posted by スタッフ at 14:47

2016年10月27日

iPS細胞(世界初の臨床研究)

他人のiPS細胞から作製した網膜の細胞を、滲出型加齢黄斑変性の患者に移植する世界初の臨床研究の計画が、厚労省に申請されたそうです。 http://this.kiji.is/164345170651825661?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) iPS細胞: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96..
posted by スタッフ at 22:57

2016年10月25日

花粉症緩和米の臨床研究

2年前に関連記事を紹介しましたが、スギ花粉の成分を含んだ「花粉症緩和米」の臨床研究が、来月から始まるそうです。スギ花粉症は、今や日本人の約4人に1人と推計されているそうで、舌下免疫療法や注射による減感作療法などがありますが、いずれも3〜5年かかるそうです。緩和米も原理としては同じようですが、毎日食べるご飯で治療も出来るというのは、メリットが大きそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJBS5HGZJBSPLBJ003.html?ire..
posted by スタッフ at 08:40

2016年09月09日

iPS細胞(他人の細胞で世界初の臨床研究)

他人の細胞から作製したiPS細胞から網膜細胞を作製し、患者に移植する世界初の臨床研究について、大学内の審査が、条件付きで承認されたそうです。今後、厚労省の部会の承認手続きを経て、来年前半にも移植をする計画だそうです。 http://this.kiji.is/146777915681669122?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/2016..
posted by スタッフ at 17:24