2019年12月14日

がん患者の5年後生存率

全国のがん患者の5年後の生存率の最新データが、国立がん研究センターから発表されました。全体で66.4%とのこと。種類別では、高い順に、前立腺がんが98.8%、乳がんが92.2%、子宮体がんが82.2%、咽頭がんが80.6%、腎臓がんが80.1%、子宮頸がんが75.0%、大腸がんが72.6%、胃がんが71.4%、膀胱がんが68.4%だそうです。一方、低い方では、膵臓がんが9.8%、胆のうがんが29.3%、肝臓がんが40.4%、肺がんが41.4%、食道がんが45.7%、腎盂尿管が..
posted by スタッフ at 15:57

2019年09月10日

治験の費用をクラウドファンディングで調達

関西医大が膵臓がんの臨床試験(治験)にかかる費用をクラウドファンディングを使って調達しているというニュースが出ていました。 https://www.asahi.com/articles/ASM992TTYM99PLBJ001.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://mainichi.jp/articles/20190909/k00/00m/040/254000c (ht..
posted by スタッフ at 08:19

2019年08月08日

がん患者の5年生存率

国立がん研究センターから、がん患者の5年生存率の最新の集計結果が公表され、66.1%だそうです(3年生存率も公表され、72.1%)。また、5種類のがんについて、病院ごとにステージ別にも公表されているそうです。部位ごとでは、大きな違いがあり、最も高いのが、前立腺がんで98.6%、最も低いのが、膵臓がんで9.6%だそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012027051000.html?utm_int=news..
posted by スタッフ at 08:30

2019年04月04日

膵臓がん(早期発見のための臨床研究)

膵臓がんは、早期発見が難しく死亡率が高いことは知っていると思いますが、効率的に見つける新しい検査方法の臨床研究が始まるそうです。検診で採血した血液を使っての研究(アポA2アイソフォームの検査)だそうで、協力してくれる人たちの血液の一部を利用して実施されるようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM434TL8M43UBQU00P.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) 膵臓が..
posted by スタッフ at 08:08

2019年01月23日

膵臓がん(抗がん剤を手術前に使うと生存期間延長)

治療が難しい膵臓がんに対して、現在推奨されている手術後に使われる抗がん剤を手術前に使うと、生存期間が約1.4倍に延びたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190123-OYTET50014/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190123..
posted by スタッフ at 16:24

2018年10月18日

がん細胞増殖の撮影に成功

膵臓がんの細胞が、培養プレート上で動き回りながら増殖していく様子の撮影に成功したそうです。患者ごとに抗がん剤の有効性を簡単に判断できる方法などへの応用が期待されるようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181017-OYTET50008/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) がん細胞: http://kumw-me.seesaa...
posted by スタッフ at 08:20

2018年09月12日

がん患者の3年生存率

国立がん研究センターによると、平成23年に全国の「がん診療連携拠点病院」でがんと診断された患者の3年後の生存率は、がん全体で71・3%だったそうです。がんの種類別では、肺がんが49・4%、食道がんが52・0%、肝臓がんが53・6%と比較的低く、前立腺がんは99・0%、乳がんは95・2%、子宮体がんは85・5%と比較的高かった。そして、膵臓がんは15・1%に留まっていたそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180912/lif1809..
posted by スタッフ at 08:50

2018年06月03日

iPS細胞(膵臓がん発症の仕組みの一端を解明)

iPS細胞を作製する技術を応用して、膵臓がんが発症する仕組みの一端が解明されたそうです。細胞がiPS細胞に変化する時、元の細胞の特徴が失われる変化が最初に起き、こうした変化が、膵臓がんの発症と関係しているらしいとのこと。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180531-OYTET50016/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) iPS細胞..
posted by スタッフ at 00:10

2017年10月28日

微量の血液でがん診断

数cc(mL)の血液から90%近い確率で、5種類のがん(膵臓がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮体がん)の有無を診断できる検査法が開発されたそうです。再来年度の実用化を目指しているそうです。 https://this.kiji.is/296563894520464481?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k100112002..
posted by スタッフ at 08:06

2017年05月31日

医薬品・医療機器の費用対効果評価

ここ数年、医薬品や医療機器の費用対効果評価についての話が出ていていますが、2018年度には本格導入される予定だそうです。そうした中、膵臓がん患者団体などが、国の評価専門組織に複数の患者団体も参画できるように求める要望書を厚労相に提出したそうです。一方的ではなく、患者さん達と一緒に取り組む姿勢も求められるということかと思われます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170530-OYTET50027/?catname=news-..
posted by スタッフ at 08:34

2017年03月30日

膵臓がん(抗がん剤と超音波で治療)

手術ができない膵臓がんを抗がん剤と超音波を合わせて死滅させる新しい治療法が開発されたそうです。超音波を当てると活性酸素を発生させる抗がん剤だそうです。日本医療研究開発機構(AМED)の支援を受けていて、来月から15人の患者を対象に臨床研究が始められるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170329-OYTET50026/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomi..
posted by スタッフ at 06:10

2017年02月07日

微量血液で早期膵臓がんを検出

2月4日は、世界対がんデーでしたが、早期には発見が難しく死亡率が高い膵臓がんを、微量の血液から早期に高精度で発見できる手法が、アメリカで開発されたそうです。日本だけでも年間死亡者数は約3万人いるそうです。 https://this.kiji.is/201380958442800629?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://jp.reuters.com/article/idJP201702060100..
posted by スタッフ at 07:26

2016年12月09日

膵臓がん(免疫療法の治験)

樹状細胞の活性化による膵臓がんの免疫療法の治験が、来年3月に始まるそうです。 http://this.kiji.is/179156020646561268?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJD74PWYJD7PLBJ005.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 免疫療法: http:..
posted by スタッフ at 08:54

2016年09月26日

膵臓がん(43%が進行後発見)

膵臓がん患者約67万人分のデータを分析したところ、43%の患者で他の臓器への転移後など進行した段階(ステージ4)で、がんが見つかっているそうです。膵臓がんは早期発見が難しいとされているそうですが、データでも裏付けられたことになります。 http://this.kiji.is/152793048867161594?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.yomiuri.co.jp/science..
posted by スタッフ at 06:42

2016年06月07日

膵臓がんの発症に関わる遺伝子

昨日、膵臓がんを血液検査で早期に発見できる方法が開発されたとの記事を紹介しましたが、膵臓がんが出来る時に作用する遺伝子(Musashi)が確認されたそうです。治療が難しいと言われる膵臓がんの新しい治療薬の開発に繋がる可能性があるそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ664RZMJ66ULBJ00N.html (http://www.asahi.com/) 膵臓がん: http://kumw-me.seesaa.net/p..
posted by スタッフ at 12:15

2016年06月06日

膵臓がん(血液検査で早期発見)

膵臓がんは、早期発見が難しいそうですが、マーカーとなり得る血液中の特定のRNAを検出できる検査方法が開発されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160604-OYTET50000/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJ615RXZJ61ULBJ00H.html?..
posted by スタッフ at 08:53

2016年04月14日

選定療養(2項目を追加)

中央社会保険医療協議会は、「選定療養」として、 〈1〉人工透析など長時間の治療を受ける個室の診察室 〈2〉規定以上の前立腺がんや 膵臓がんの検査の実施 の2項目を付け加えること(特別料金の徴収)を了承したそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160414-OYTET50018/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 12:22

2015年12月09日

DHAで膵臓がんリスク低下

動脈硬化抑制作用など以外にもいろいろな作用が知られてきているDHA(ドコサヘキサエン酸)ですが、その摂取量が多い人は、少ない人に比べて膵臓がんの発症リスクが3割低いとの調査結果が出たそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASHD842RVHD8ULBJ009.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?..
posted by スタッフ at 07:00

2014年10月19日

膵臓がんのワクチン

開発中の膵臓がんのワクチンの治験が始まったとのニュース。毎年、全国でおよそ3万人が亡くなられているそうで、早期発見や治療が難しいそうで、ワクチン開発が期待されているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141019/k10015514301000.html
posted by スタッフ at 06:17

2013年11月07日

ペプチドワクチン

膵臓がんの患者にペプチドワクチンを投与する治験が開始されたとのニュース。 http://mainichi.jp/select/news/20131106k0000m040119000c.html
posted by スタッフ at 08:31

2013年06月25日

選択的に治療

マウスを使った膵臓がんの治療をDDS(ドラッグ・デリバリー・システム)で治療硬化が改善したとのニュース。抗がん剤が、がん組織の血管の壁だけ透過するようにして、正常なところは透過しないので、がん組織だけ選択的に攻撃できるそうです。 http://mainichi.jp/select/news/20130625k0000m040112000c.html
posted by スタッフ at 06:22